治療により多くのステップ(ひとつの薬が効かないから次の薬)を要した患者群より、少ないステップしか要しなかった患者群(例:はじめに投与した薬で寛解)の方が長期予後が良い(再燃率・再発率が低い)という論文。


そりゃそうだろうなという感じ。
流し読みでいいや。

イノシトールはうつ病や双極うつ病に対して有効かもしれないと一部で言われていて、いくつかの小規模な臨床試験でそれが示唆されている。

ただしいずれの試験でも統計学的に有意差は検出できていない。

これはそのサンプル数の少なさに起因するもので、もしかしたら本当は有用かもしれない。

↓参考
https://www.myprotein.jp/thezone/supplements/about-inositol/

ちなみに、その蔡に用いられたイノシトールの用量は12g/day


ふつうのサプリの一日一粒の含有量が750mgとして、その16倍!

これは少し厳しい、、、


なお、僕が参照しているガイドラインでの推奨グレードはAからEのうち「D」でしたorz
僕が患者さんにしている処方と
僕が受けている処方とは、けっこうズレがある。

まあ、僕の場合は、初診からしばらくはかなり徹底してエビデンスベースドで処方するのに対して、
僕の主治医はご自身の長年の経験があるのと、僕のプロフィールを熟知しているという点(1年くらい一緒に働いていた)から、ガイドライン的な画一的処方には拘束されずに方針をたてるのだろう。

ちなみに僕は、かなりホイホイと炭酸リチウム(リーマス)を処方するのだが、僕の主治医は僕にリチウムを処方したがらない。

この点については謎なので、調子が安定しているときに聞いてみよう、、、

ADHDって病気じゃないし,薬による改善は服薬期間中に限られると多くの精神科医(私含む)は考えていたのだが・・・

 

なんと,ストラテラに関しては1年の服薬継続期間の後は中断しても症状の再発率はかなり低いという臨床試験の結果があるのだt!!!

 

これには驚きました,勉強不足を反省。