セルゲイ・ラフマニノフ作曲の「六手のためのピアノ曲 ロマンス イ長調」のピアノ三重奏[ピアノ・ヴァイオリン・チェロ]

バージョンを作りました音譜

「六手のためのピアノ曲 ロマンス イ長調」はラフマニノフが18歳の時、イワノフカ別荘で共に過ごしたタータ・スカローン(ラフマニノフのいとこ)の誕生日のために作曲し、スカローン三姉妹に捧げた作品で、三姉妹で演奏するために六手(3人)のピアノ連弾となっています。その曲をピアノ三重奏[ピアノ・ヴァイオリン・チェロ]に編曲しました。ラフマニノフはチェロの音色を好み、特別な思いを寄せていた楽器でもあります。

ぜひ沢山の方に演奏して頂きたいです!詳細は下記の通りです。私のHP http://piano-ishizawa.com/CD.html にもお知らせとして載せていますビックリマーク

↓

◇六手のためのピアノ曲 ロマンス イ長調 ãƒ”アノ三重奏[ピアノ・ヴァイオリン・チェロ]バージョン

[作曲]セルゲイ・ラフマニノフ

[編曲]石澤直子

スコア10ページ・パート譜4ページ

2020年5月15日 第一冊発行  一部1200円+税

著 者 石澤直子

発行者 石澤直子

Mail:pianoishizawa@gmail.com           

Site:http://piano-ishizawa.com/ 

編集・デザイン・印刷協力 カノーロムージカ

Tel:042-430-2748

 

◇六手のためのピアノ曲「ロマンス」イ長調はラフマニノフが18歳の時、イワノフカ別荘で共に過ごしたタータ・スカローン(ラフマニノフのいとこ)の誕生日のために作曲し、スカローン三姉妹に捧げた。三姉妹で演奏するために六手(3人)のピアノ連弾作品となっている。

彼の愛したロシアの大自然、イワノフカ別荘で共に過ごしたスカローン三姉妹への愛情、純真な動機、など彼の作曲の「源」を感じます。私は今でもイワノフカ別荘(ロシア タンボフ県)で目にした自然が忘れられず、この「ロマンス」を演奏したい、また、彼の思いを感じたい、表現したい、という気持ちに駆られ、ピアノ三重奏に編曲致しました。ラフマニノフはチェロの音色を好み、特別な思いを寄せていた楽器でもあります。

広くこの「ロマンス」が演奏される事を祈念いたします。           çŸ³æ¾¤ 直子

 

緊急事態宣言の発令後、自宅時間が増えたので集中して仕上げる事が出来ましたニコこの編曲を手がける際に相談していた恩師が3月に急逝し、悲しみに覆われ「もうこの編曲は辞めようかな・・・」と涙に暮れる日もありましたが、故恩師の「音楽を辞めないことだよ。続けるように、きっと良い景色が観られるからね。」というお言葉を思い出し、完成させました。

一般的な出版も故恩師のご助言で考えたのですが、不穏な世情も踏まえ、今は私個人で静かに発表することにしました。

この編曲版は故恩師の追悼ピアノトリオになってしまいましたが、来春の私のシリーズコンサートで心を込めて演奏(日本初演??)したいと思っています音譜ロシア音楽史では、偉大な方の追悼にピアノトリオを作曲する、という慣例があります。

 

自粛生活では、ピアノを弾くことがたくさん出来、武満徹さんの作品やシャミナードの作品などに取組めました目

また、初挑戦の自家製オレンジピール!!これがかなり美味で母にも大絶賛され、マイレシピに!上品な味わいで、コーヒー、紅茶、ヨーグルト、ケーキ、何でも合いますよラブラブ