小さな私をひろい集める【高知】心屋カウンセラーらぶ(市川智子)

小さな私をひろい集める【高知】心屋カウンセラーらぶ(市川智子)

高知で活動している心屋認定カウンセラーらぶ(市川智子)のブログです。私の中の小さな小さな私を見つけてヨシヨシしてあげる、そんな毎日を過ごしています。


テーマ:

来てくれてありがとうございます♡

丸心屋認定カウンセラー

丸TCトレーナー

高知の市川智子(らぶ)です。

 

プロフィール/心屋カウンセリング / TCカラー 

 

この記事を読んで

ああそうだなぁって思った。

 

あ、自分のために書こうって思った。


リブログ先読んでね。

少し引用させてもらいます。

 

息子のことを可愛い、大好きって言えなかった。

 

大切だからこそ

うわべだけそれっぽく、いいママっぽく、言いたくなかった。

 

絶対嫌だった。

 

 

息子のことが大好きだからこそ、自分の気持ちに対して潔癖になった。

だから、嫌になるとすぐ離れたかった。

 

 

日中預かってもらってるのに、夜になるとすぐイライラして

週末はまたイライラして

 

私はとことん

母親というものに向いてない人だと思い

 

産んだだけでお役目終了という言葉を、心の拠り所にして

何とか暮らした。

 

心が

体が忙しくて

余裕がなかったんだと思う。

 

ずっと、自分ではない誰かになろうとしていたから。

(引用ここまで)

 

 

 

私には小学4年・3年の息子sと年少さんの娘がいます。

 

息子sの乳幼児期は本当にしんどかった。

 

 

何がしんどいって

 

我が子を可愛い、大好きって言えない自分がしんどかった。

 

 

よそのお母さんみたいに「目に入れても痛くない!」なんて思えない。

 

好きやと思うけど(多分)

 

可愛いと思うけど(多分)

 

 

 

大好きー!って

 

うちの子可愛い♡って

 

言えなかった。

 

 

 

私は人としてどこかおかしいんじゃないか

 

幼少期のトラウマか

 

私をこんな風に育てた親のせいか

 

 

 

 

 

普通のお母さんになりたかった。

 

家庭のために子供のために色々できるTHEお母さん。

 

 

 

 

どうにかしたくて

 

ベビーマッサージやサインとか

 

赤ちゃんや子供とのスキンシップやコミュニケーションを学んだ。

 

 

そのプロになれば私も子供が可愛くて仕方なくなるはず!と思って

 

ベビー教室の先生になった。

 

 

 

よそのお子さんとママにたくさん教えた。

 

もちろん自分の子供たちにもした。

 

 

 

少しは楽になったような気もしたけど

 

やっぱり変わらない。

 

 

 

 

 

私は本当に母親に向いてないって思った。

 

私がママでこの子たちはかわいそうだなって思ってた。

 

 

 

 

 

今思えば

 

本当に心も体も余裕がなかったなぁ。

 

 

 

若かったし

 

年子だったし

 

全部自分でやらないといけないと思ってたから

 

全然周りに頼れなかったし

 

 

 

弱さを見せられない

 

弱い自分を認められない

 

 

だから強くなるためにどんどん「足して」たなー。

 

 

 

 

 

でも、

初めての子育て

すごい頑張ってた私。

 

 

新生児がどんなものかわからないのに

 

密室で誰にも迷惑かけないように

 

ひっきりなしに泣く長男に

 

夜中じゅう授乳したじゃないか。

 

 

 

 

離乳食も一から手作りした

 

食器も消毒もしてた

 

 

 

 

毎日24時間かかさず長男を生かしてた。

 

 

 

十分「お母さん」してたよ

 

10年前の若かった私。

 

えらかった。

 

 

 

 

何も足さなくても

 

十分「お母さん」なのに

 

 

 

「良いお母さん」にならなければ

 

「良いお母さん」じゃない

 

 

 

という呪いに苦しめられていたし

 

今もまだ呪いは解けてないんだなぁ。

 

 

 

だってこれ書きながら

 

セルフカウンセリング状態。

 

 

 

号泣。

 

 

 

 

 

 

どうか

 

 

母親なら当たり前

 

 

という呪いを解いてほしい。

 

 

 

 

 

その呪いは

 

ママ自身をすごく苦しめる。

 

 

 

 

未だに少し呪いがかかってるから

この歌で泣いちゃうのかもなー。

 

 

 

 

 

でも今、私は末っ子の娘が可愛くて仕方ない。

 

可愛いねー♡

 

大好きー♡

 

って我が子に言えるようになった。

 

 

 

んで、また息子sの時にこのくらい可愛い可愛い言えるママだったら…

とかって謎の罪悪感が湧いたりもしちゃうんやけど(苦笑)

 

 

 

まーでも息子たちはすくすく育っているし

 

息子たちを勝手に「可哀想な子」にするのも違うぞーって思うし

 

 

 

息子たちは息子たちで

 

こんな母ちゃんのところに産まれて来たかったんだろう

 

とか思うから。

 

 

 

 

 

 

 

 

子供のことを大好きーって思えない

 

子供のことを可愛いーって言えない

 

 

 

そうやって思ってるだけで

 

十分「お母さん」なんだよ。

 

 

 

 

他の誰かにならんでいいし

 

よそのお母さんみたいになれなくても

 

「お母さん」だから。

 

 

 

 

大丈夫。

 

 

 

LINE@始めました!

最新情報・先行予約の受付します♫

友だち追加

→QRコードで追加はこちらから

→それでもダメなら「@vhm3729s」で検索

ブログには書けないつぶやきもあるかも?
お友達追加しておいてね♡

 

●小さな自分をひろい集めて自分と仲直りする●
→心屋リセットカウンセリング詳細はこちら
→最新のスケジュールはこちら

 

 

公開してフォローしてもらえたらめっちゃ喜びます♡

読者登録してね

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス