和モダンといえば

 

『和室』

 

がなくちゃ話にならないニヤリ

 

前の記事の和モダン障子に似合う和室を求めてやっちまいました。

 

これも障子とセットでワタクシが譲れなかったことなのです!

 

 

 

 

和・モダン!

 

だと個人的には思ってます(笑)。

 

奥をもうちょっとクローズアップすると。。。

 

 

 

 

美しい!!!ラブ

 

 

ワタクシがどーしても

やりたかったことの2番目。

 

 

 

紙戸屋・中野表具店さんの襖を使うこと。

 

施工事例を見ればみるほど

Japanease和モダンが素晴らしい。

 

わが家は

「鳥の子紙」の「しだれ桜」です。

 

 

単なる白黒じゃないんですよ。

 

 

 こんなかわいらしいワンポイントも。

※この桜1枚に数千円。。。

 

 

皆様が和室の床の間などに

アクセントウォールを

使っているのを見て、

 

襖をアクセントウォールにしたいラブ

 

※発想が障子と一緒(汗)。

 

京都の有名なお寺って

襖そのものが絵画なんですよね。

 

これが大好きでラブラブ

 

畳に座りながら、

こういうのを眺めたいなあと。

 

 

さすが、紙戸屋さんの襖です。

毎日、癒されます。

 

 

■和室肯定派?否定派?

 

 

ここの和室は、先日の障子のLDKからの続きです。

 

広さは4.9畳。

※なんとびみょーな数字

 

 

私の両親が遠方なので

泊まりに来た時に使ってもらうつもりです。

 

またワタクシ長女なんで

そんな両親をいつの日か引き取ることに

なったらと思って1階に和室があるのです。

 

 

で、家族に気にせず出たり入ったり

できるように玄関の近くになんて思いもあります。

 

と、ここまで考えたものの

実際に和室を作るかどうかっていうと。。。

 

悩みますよねあせる

 

 

年に数回のために和室がいるかって。

引き取るかどうかもわからん未来のためにいるのかって。

 

ただでさえ、LDKとか広く取りたいのにとか。

 

間取りを考えるときに、みなさまのブログを

散々読ませてもらって悩みましよ。

 

 

●関連記事

【間取り1】洗濯動線の間取りへの悩み1 ~2階に全部まとめたらどうなるか~

【間取り2】洗濯動線の間取りへの悩み2~1階がせまい・・・~

 

 

でも、いいんです。

 

 

作るって決めたからには、

とことんシュミを追求する!ラブ

 

 

 

でこうなったわけですラブ

デザイン障子ともいい感じなんですよ。

 

■襖を語っていいですか?

 

こちらの襖。。。というか扉、天井まであります。

襖のくせにハイドアなのです。

 

 そのおかげで

過去記事で大騒ぎした扉であり、

 

その難しい仕様にもかかわらず

職人さんのプロの腕により

仕上げられた一品なのです。

 

 

●関連記事

【ムダなこだわり】ハイドアのために、一番のこだわりが危機状態の件。

こんな職人の仕事を見たら、なにも言えないです。

 

 

ほんとにほんとに

ありがたいですラブラブ

 

 

 

さてこの襖。

間取り的には

 

 

②の部分でして、

玄関と押し入れ用の引き戸です。

 

 

玄関のweb内覧会でお見せした

 

 
この玄関の引き戸の反対側です。
 
なんでよくみると
 
 
襖の小口が白黒になってます。

 

和室からみると

 

 

こうなる。

 

この玄関の横が、押入れになっています。

 

押し入れの使い道も野望がありましてニヤリ

押し入れをキレイにできた暁には

お見せできればなあと。

 

 

⬛ 襖以外のあれこれ

○照明

 

この和室から障子をみると

 

 
和室単体でもよきかなあと。
 
 

ちなみに照明は

よくある和的な吊り照明ではなく

シンプルさを優先した結果、

ダウンライトです。

 

 

少し和室を意識し、

ここだけ四角の木枠です。

 

 

ダウンライトは『見上げるとまぶしい』

という欠点があり、

 

ほかの方のブログでは

『こどものお昼寝に困る』

とありこれまた悩みました(汗)。

 

 

が、結果的には

障子からの穏やかな明りがはいるので、

雨の日でもあまり暗くないので、

 

快適に子どもと昼寝してます音譜

 

やっぱり畳は寝やすいです(笑)。

 

 

○和室とリビングの扉

 

 

で、③のリビングと和室の境の

引き戸も神谷のハイドア。

 

 

 

②と同じ、KAMIYAさんのF/Sというシリーズで、扉の面をカスタマイズできます。

 

 

⚫関連記事

 

 

 

となると、また紙を選ばないとなあチーン

 

 

貼る紙は和紙っぽく、

あまり主張せず

周りに溶け込むようなもの

 

。。。

。。。

 

ああ!もうメンドクサイゲロー

 

 

てなわけで、

 

二階の壁や天井に使っている

池田コーポレーションの

紙クロス「オガファーザ」にしました。

 

 

いいかんじのを新たに

探したり悩むの疲れちゃって、

壁と一緒なら、主張しないはず(笑)。

 

 

 
右が「オガファーザ」
左が「ほたて漆喰」
 
 
⚫関連記事
 
 
うーん。色の差は結構あるかなあ。

 

とはいえ、オガファーザは紙クロスだし、上から漆喰調の水性塗料を塗ってるので、和の雰囲気も損なわず溶け込んだかな?

 

 

で主張することは。。。

 

 
こんなとこで(笑)。

 

 

設計士さんから

『取っ手をえらんでください』

と渡されたカタログの一部を

印刷した一枚のペラ紙から

 

取っ手製造元のHPを調べだし、

Webにしかなかった製品を探しだし、

 

これにしてくださいラブラブ

 

と、設計士さんの予想しない製品を

取り寄せてもらったものです。

 

お値段通常の取っ手の3倍。。。

 

1500円なり。

 

襖と比べたら全然かわいいお値段(笑)。

 

 

まだ、畳のことや押入れのことを書いていないんですが、長くなってきたので、今日はこのへんでニコニコ

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

↓押していただけると更新の励みになります。これからもよろしくお願いします♪
 にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村