こんばんは!
車いすカウンセラー、前田真規です。ニコニコパー


6月に、JPA(日本ピアカウンセリングアカデミー)の 高齢者の回想法を用いた傾聴サービスをお試し下さった、名古屋市の特養「ケアマキス」様が本契約して下さり、これから毎週水曜日に私が担当させていただくことになりました。


先週から始まったのですが、先週は音声の不調があったり、テレビ電話「zoom」が勝手に落ちてしまったりでイマイチ上手くいきませんでした。


私もzoomについて知らなかったこともあり ご迷惑をおかけしてしまったのですが、今日は施設長さんがマイクの調整もして下さっており、利用者さんの声もしっかり聴くことができました。


トライアルを含めて今日で3回目でしたが、パソコンの画面に映ってるお年寄りとの会話が結構 難しいことに気づきました。


なにしろ、画面にはお顔しか映ってなく、他の情報が入ってこないのです。


病院の待合い室や、知り合いのお年寄りと喋るのは、私は得意なほうだと思っていました。


でも、それは側にいて息づかいを感じたり、生活の様子が分かったり、持ち物や身につけているものから 話のきっかけを得ることができるからこそで、施設に入所されている方で、入ってくる情報は画面に映っているお姿だけという状況では、出だしのきっかけに悩んでしまいます。


ご挨拶から始めて、利用者さんの名前の確認、いつものように お口の「パタカラ体操」をしました。


そして、今日8月15日は終戦記念日。
戦争時代が辛くて思い出したくない方や、逆に、長い時が経って前向きな苦労話として話して下さる方など様々なので、慎重に優しく聴いてみました。


「今日はお盆ですね〜。それと、終戦記念日でもありますよね?
どうでしたか?その時代は大変でしたか?」って。


そしたら、見事にスルーされました。(笑)
でも、お顔の表情から、辛かったから思い出したくないとかではなく、ただ単に私の声が聞きとれなかったのか、話が理解できなかったのか、別のお話をして下さいました。


前回聴いたことや、さっき聴いたことを何度も話されるので、少し話題を変えてみようと違うことをお聴きしても、やっぱり同じ話に戻ってしまう。爆笑アセアセ


でもそこは、よっぽどその頃のことが頭に残っていらっしゃってお話したいんだなと思い、関心をもって聴かせていただきました。


なにより、利用者さんが気持ちよく前のめりになってお話して下さったことが、私としてもとても嬉しかったです。



(9◯年間、生きてこられた証の手の皺も愛しく感じる)

(終了時には手を振ってくれました)


回を重ねるごとに、利用者さんにさらに活き活きとお話してもらえるよう、そして元気に明るく過ごしてもらえるよう、私もネタを集めたり勉強していこうと思います。







ピアカウンセリングのご案内
クローバーご挨拶
クローバープロフィール
クローバー無料相談
クローバーzoom対面カウンセリング
目や耳が不自由な方、声が出にくい方、言語障害のある方は、zoomのチャット機能でお話できます。
クローバーお客様の声

【LINE@やってます】

ご登録いただいた方に、ブログの更新情報、お知らせ等を直接あなたのLINEにお届け致します。

ブログのコメント欄は閉じていますが、LINEでご感想・ご質問等をお受けし、個人的なやり取りもできます。


ご登録はこちら。

(普通のLINEと違って、公式LINEはトーク画面の見た目がちょっと違います)


友だち追加

スマホの機種の問題なのか、たまに↑の緑のボタンを押しても、友達追加できない人がいるようです。

その場合は、LINEで  @wog6989d  をID検索してみて下さい。

必ず、最初の@マークも付けて。


【公式サイト】