ワタシはパトリシア=マーティンでス

2016年10月期アニメ「ブレイブウィッチーズ」の気になる娘
ニッカ・エドワーディン・カタヤイネン(通称:ニパ)
(CV:高森奈津美)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

スマートファルコン 2


GⅢ マーメイドS 勝利

GⅡ ローズS 勝利

GⅠ 秋華賞 勝利

GⅠ エリザベス女王杯 優勝




殿堂入りですね。


重賞勝利は、こういう感じでした。

まだ現役の5歳ですが、ボチボチオープン戦ばかり使われるようになってきています。

トモの薄目の母から出たので、安定Cが効いた感じでしょうか。

まだまだFrankel牝馬はいて7頭態勢になっていて、トモの張りのいい子やスピードを言われた子もいるのですが、ちょっと他の遊びがしたくなったので、スマートファルコンはここまでにします。

やはり、やりたくなったことはすぐに実行に移した方がいいと思うので。

これでやめると、収支的にはオルセーラーを買う直前の資金と比べて2,570,116,800円のマイナスです。

続けていって果たして取り返せるんでしょうか。


スマートファルコン


オルセーラーが30分以上リセマラしてやっとセリに出てきました。


Frankelを付けるとNorthern Dancerが4本クロスしてきついですが、これは、Frankelをウンメイノアカイイトに付けた時と同じタイプです。

スマートファルコンは距離が良いので海外レースやGⅠを狙うのに適した種牡馬だと思います。
というか強い馬を作るのに。

ダートが◎なので凱旋門賞用に使うと、適性が合致しないことになる可能性が高いですが。

オルセーラーの名前はどういう意味だろうと思って調べてみたら、この馬の父がOrpenで、つづりの中のpenから、セーラー万年筆を連想してオルセーラーにしたのだと思います。

地蔵があるのでつなぎの繁殖牝馬が順調にそろえられていいです。

トモ太だけを繁殖に使うのもいいけどスマートファルコンが安定Cだし、頭数が埋まるまでは全部上げていってもいいでしょう。

1月1週に、つい地蔵に行くのを忘れても、リセットすればカレンダー画面から再開するので安心です。

とりあえずは今配合でオープンまでは行けました。
3歳前半のオープンですが。

あとは通常どおり条件クラスの馬が大体ですが、久し振りのほのぼのプレイでトモさえ丸く見えたら能力コメントがなくても自然にそれらを育ててしまっていて、なんか時間が掛かるし面白くないなと感じてきてふと気付いて、あ、そうだ、能力コメのない馬は育てる必要がないんだったと思い出して、入厩していたコメ無し馬たちをささっと引退させたのでした。

すると、スピードコメントを言われる馬も出だして、GⅢ 葵ステークスを勝ちました。

重賞を勝つのに慣れすぎて口取りを撮影するのを忘れました。

この馬は落ち着き、早熟、丈夫、スピード、タフ、父似 6月入厩の持続型で、朝日杯FSで2着もしています。

産駒は大体手応えが良く、馬体の良い仔、性質の良い仔が多い印象です。

ストリートスパロー号も好馬体をしています。
馬名はおまかせです。

預ける厩舎は、私は平均使いが好きなので、ちょっと出走数の少ない片山厩舎にしばらく預け続けようと思っています。

牝馬はほとんど早乙女さんに預けてきたので、早乙女さんはしばらくお休み。
圧倒的に出走数が多いです。

砂田さんは個性的なので、明らかなダート脚を確認したり、ダートが得意だと言われたら預けます。

梶原氏には、丈夫でそんなに強そうじゃない仔を時々預けていたけども、どうも連闘とかは私は好きじゃないので、あえて使う必要はないかなと思っています。
連闘や中一週使いはそれだけ時間がかかるし、勝率が良いわけでもないので。

出走数が並んできたら、5厩舎でサイコロで決めようかなと考えています。



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

凱旋門賞勝った馬

初めての凱旋門賞を勝った馬は、GⅠ 合計17勝して、凱旋門賞は2連覇しました。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>