奈良県生駒市高山にある、高山茶筅師、和北堂の二十代目谷村丹後さん作、茶筅と茶杓です✨。 https://www.tango-tanimura.com/ 奈良は私の心の故郷❤️。 今使っている茶筅が痛んできたら、こちらのを使わせていただきたいとずっと思っていました。 今、谷村丹後さんの茶筅を東京で買えるのは期間限定でGINZA SIXにオープンしている「茶論 見世」のみということで、買いに行ってきました🎶。 「茶論」は、あの麻織物を扱う老若男女問わず大人気の【中川政七商店】が、日常に根づいた茶道文化の復興の一端を担いたいと運営されているところでした。 【中川政七商店】といえば、私が奈良の大学生だった頃は、奈良ならではのお土産として女性が選ぶお洒落な小物、程度のイメージしかありませんでしたがm(_ _)m💦、近年の幅広い事業展開、快進撃がすごいですよね! 奈良に住んでいた時は勿論私も奈良土産として友達に、家族に良く買っていましたが、今は東京のあらゆるところで見かけるようになって、逆に買わなくなりましたね、、、😅。 ところで、話は戻り、茶筅の話です‼️ とても使いやすく、音も耳に心地よく、気持ち良く点てられました😍。  夏だからと大好きな海に行ったり水着着たり、プール行ったり、テニスしたり、水着着たり、、、あ、又水着(*´艸`*)。 そんなめまぐるしい?日々の中で、ゆったりと茶の湯を楽しむ時間は、私にとってホッと立ち止まる時間🍀。 作法を気にしないとわりきり、美味しいお茶を入れるだけと、簡略化しているからでもありますが、習慣になってしまうとコーヒーを入れるのと変わらず、気楽に楽しく日々お茶を点てています。 茶筅を使い丁寧にお茶を点てる、それだけで、気持ちが落ち着いてくるし、神経が一点に集中してくるのがわかります。 そして目の前の景色がふわりと変わり、その日1日が満たされた日になってくれた気が致します。 茶道に全く興味がない方も、作法を気にする事など全くなく、まずはひとつの茶筅を日々の暮らしにいかがでしょうか😊。 点てる道具だけは必要なので! きっと後悔はしません❤️。 そうそう、GINZA SIXといえば、竣工式の司会をしたのですが、その時は、これはご縁だ、これからはここにちょこちょこ買い物に来たい!などと思ったもの。実際はそんなことはまぁ全くなく、、、1年半以上経過し、GINZA SIXでの初のお買い物が谷村丹後さんの茶筅でございました。 それも又嬉しいです(*^^*)🎶。 #茶筅師 #谷村丹後 #茶筅 #真数穂 #黒竹 #茶杓 #和北堂 #大和國高山茶筅師 #美しい茶筅 #GINZA SIX #竣工式 #GINZA SIXでのお買い物 #茶論

Chikako Sashoさん(@chikakosasho)がシェアした投稿 -