Fantastic! 会期終了が近いからか平日にも関わらずかなり混んでいました。 人は美しいものへの憧れと同じ様に、奇妙なものや怖いもの、見ちゃいけないものを見てしまった時の興奮を求めたり、奇想、妄想の世界に惹かれたりするんだなと。 ベルギーの歴史や宗教的背景があってこの作品が生まれる、という視点で観られた事と、作風の受け継がれ方が流れで観られたのも良かった。 ところで、作品名の‘’ゴルゴダの丘‘’にやたら親近感を感じたり、キリストの磔刑に基づいた作品に特に関心を示していた私。 それは紛れもなく!聖地エルサレムのゴルゴダの丘とされている地を歩いたから。 聖墳墓教会でイエスが十字架から降ろされた後、香油を塗ったとされる大理石の板をこの手で触ったから。 宗教に知識も興味もなかった私でも、魂が揺さぶられる衝撃を受けまくったエルサレム。人種の違いではなく、宗派の違いが当たり前に分かりやすく街中で見てとれたイスラエルという国。 あ💦イスラエルの話になりそうなので話を戻し、、、 今日観た磔刑図、イエスの像、正に奇想天外でしたわ! ラストに近づくにつれ、猫の鳴き声が聴こえます。。。最後まで集中出来た展覧会でした。 #ベルギー奇想の系譜展

Chikako Sashoさん(@chikakosasho)がシェアした投稿 -

AD