発達・学習支援habita

発達・学習支援habita

大阪府泉州にて身体の動きと認知力向上プログラムを中心とした発達支援教室を開いております。現在は第二・第四土日に泉佐野市次世代地域交流センターにて開講中。
お問合せ・資料請求は
habita-321☆welcome.zaq.jp
(☆を@に変えて下さい)まで。

【講師プロフィール 】
発達支援教室主宰。
発達支援・放課後等デイサービス事業所 発達支援員。

日本発達障害ファミリー支援協会 CLS(地域発達障害支援員)及びS&E療育プログラムインストラクター。
米国教育キネシオロジー財団認定
ブレインジムインストラクター
フォイヤーシュタイン認知強化教材 メディエイター
中高教員免許所持。

発達障害児の子育てを出発点とし、発達障害支援機関での支援員の経験を経て現在に至る。
趣味・特技 身体や脳、健康関する本を読むこと。ガーデニング、手芸、卓球、ピアノ。




テーマ:

「おまえ、頭いいけど何も

                       できへんねんな。」


ある中学生がクラスメイトに

言われた言葉です。

彼は所謂、地頭が良い子でした。

けれど、不器用で手先を使うような

ことや運動も苦手。

そういう子に対して成績がふるわない

子どもは悪気なく上のような言葉をかけます。


「成績良くても学校での立場には

何の役にも立たへん。」

とその子はため息をついてつぶやきました。


素晴らしい思考があっても

それを表現できる身体がなくては

生かすことができません。

頭脳の明晰さと身体の不自由さとの

ギャップで学校生活がだんだん辛い

ものになっていきました。





発達障害グレーゾーンとされる人

の中にはこのような気持ちを味わった

人が少なくないだろうと推測します。


側からはその微妙なギャップは

見えにくいため、

「やる気がない」「バカにしている」

などの誤解も受けます。


勉強する前に身体を発達させることの

重要性をひしひしと感じます。

お子さんがまだ小さい親御さんには

ポカンとされることもしばしばですが

発達が気になる方はこの重要性を

理解してほしいなぁと思います。


○災害時に役立つプレイジム体験会@泉佐野○

12/2(日) 13:00〜14:30

泉佐野市次世代育成地域交流センター

(泉佐野市鶴原395 )

最寄駅  JR東佐野駅  徒歩3分)

参加費  ¥3000

詳細

https://www.facebook.com/events/320214821863207/?ti=icl

お申込みフォーム

https://ssl.form-mailer.jp/fms/666cfb3b505905



発達・学習支援habitaってどんな教室?

の記事はこちら


お問い合わせは「ブログ情報」内の

メールアドレスまで流れ星




テーマ:

小学校入学が近づいてくると

発達凸凹さんのお母さん方も

「ひらがなが書けるように」

と気になさいます。


身体スキル発達途上の

お子さんたちには

まだまだ身体の動きを

重点的に働きかけたい

ところですが

今のご時世、

その気持ちがわからなくもないので

アセスメント的な目的で

○や直線や波線などを

クレヨンで大きく書いてもらいます。


そうするといろんなことが

見えてきます。


筆記具を正しく持てない人は

どこか身体に無理をさせて

腕や指をこわばらせて書こうとします。


そして実際には一人一人あり様が

違うのですが、身体的な準備が

達していない人の場合、

「思う通りに線が引けない」

ことがわかります。


そして認知がまだぼんやり

しているお子さんは「できた」と思い、


はっきりしているお子さんは

「できていない」

と思います。


私は前者に対しては

ものの見え方や

比較ができているかどうかに

注意をし、

後者に対しては

心が傷ついていないかに

心を配ります。


そしてやはり身体の動き

に戻るのです。


この状態でいくら書く練習を

しても本人も辛いし

効率も良くないです。


周りと比べて焦る気持ちは

とても良くわかります。


高くジャンプするには

一旦、低く身をかがめないと

いけないですよね。


~*~*~*~*~*~*~*~*~

発達・学習支援habitaってどんな教室?

の記事はこちらこちら


お問い合わせは habita-321★welcome.zaq.jp

(★を@に変えてください)までどうぞ!








テーマ:


ナチュラルマルシェ・マルゼンさんにて開催された『私が私になれる時間』に参加してきました。


会場のナチュラルマルシェ・マルゼンさんは泉佐野市長滝にある古くから続く地元のお店で、今は身体に良いこだわりの食料品や衣類やグッズを扱っておられます。


素敵な入り口!


まずはタッチケアの依さんの誘導でゆったりと流れるセルフタッチケアの時間。


自分でタッチできるんだー!と

改めて気づかされ、自分によしよし。


はぁーと緩んだところでSUMIさんの誘導瞑想とシンギングボウルの倍音浴。


半分眠りに誘われつつ、後半は誘導瞑想とシンギングボウルの倍音浴タイム。

なんとも言えない音の波に身を委ねて半分眠っていたような…


シェアの時間に誘導瞑想の中に出てきたことを読み解いてくださいました。


なぜかうるっときてしまいました。

何かが琴線に触れた気が。


言葉にするのは難しいんですが、

ああ来てよかった…と思いました。

まさに「私になれる時間」でした。


本当にありがとうございました。


NPO法人タッチケア支援センター

http://touchcaresupport.com/


YU I ヒーリング&セッション    https://m.facebook.com/YUihealing/


ナチュラルマルシェ マルゼンhttps://m.facebook.com/maruzen14/?locale2=ja_JP





Ameba人気のブログ

Amebaトピックス