帰りたくなるかどうか

テーマ:

 

 

 

 

 

逢田真生です。

 

 

 

流行ってそうで

 

そうでもないお店はあります。

 

繁華街の好立地や

 

駅の近くにあるお店は

 

あまり魅力を感じなくても

 

何か問題があっても

 

そこそこ人が入ります。

 

でも

 

いつかは廃れます。

 

リピーターが少ないからです。

 

 

常連さんが多いお店は

 

きっといいお店です。

 

行きたくなる何かがあります。

 

 

いい本は

 

何回でも読みたくなります。

 

その本の著者の次回作が出たら

 

また買おうとも思います。

 

 

いい映画も同じです。

 

何回見ても面白いし

 

見るたびに新しい発見があります。

 

 

即ち勝負は

 

そこに帰りたくなるかどうか

 

です。

 

 

不倫恋愛は

 

ある意味

 

刺激を求めるという側面があります。

 

それだけが必要なら

 

それを楽しむだけでいいと思います。

 

ですが

 

深く長くを求めるなら

 

刺激はたまにでいいと思います。

 

刺激的な時期を越えた後

 

男は

 

ホッとする場所に帰りたいです。

 

 

興味も無いのに

 

無理に本を読まされても、映画を見せられても

 

頭には入りません。

 

やらなきゃいけないからやる

 

というのは

 

辛いです。

 

人は

 

能動的な状態のほうがハッピーです。

 

家に帰らなきゃいけないから帰る

 

というのは

 

義務です。

 

あまりハッピーじゃありません。

 

帰りたいと思うところがあるのは

 

きっとハッピーです。

 

 

今も昔も

 

いい男ほど、外で戦っています。

 

男の仕事は戦いです。

 

猛獣を狩りに行っているので

 

ヘトヘトです。

 

帰ったら

 

ホッとしたいです。

 

 

若さも

 

スタイルも

 

ルックスも

 

関係ありません。

 

最終的には

 

ホッとできる女性のところへ

 

いい男は帰っていきます。

 

 

好きな人に

 

ホッとできる場所を

 

つくってあげましょう。

 

 

★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚

 

不倫恋愛の世界が変わる!セッションメニュー

 

彼の本質を見抜くメールセッション・今すぐ楽になりたいあなたの為の遠隔ヒーリング

 

男性心理をちょっと辛口に伝える(笑)メルマガ登録

 

line@やってます

色々なイベント情報や、line@登録者様限定の割引、無料サービス等の情報をお届けします。

 

友だち追加数

ID:@pda8469l