こんにちは!
遠藤有夏です。



琵琶湖の見える古い民家に
引っ越してきて1ヶ月がたちました。



1ヶ月間、
荷解きから始まり
スムーズに家族が生活できるように
微調整をしてきました。



ちょいちょい子どもの動きを観察して
「ほぉ、この家では、
ここでこれをするのね、
じゃあ、アレを置けばスムーズ!」
と収納位置をきめたり。




例えば、わが家では、
小2の息子のランドセルや教科書は
玄関横に置き場を作っています。
↓こんな感じの学用品スペース。



学用品は自分で管理できるように。
を目標に!(切実!!)



空間に余裕を持たせて、
どこに何があるか、をイメージで
覚えられるようにしてみました。



なんとか1ヶ月間、
この状態をキープしています。



玄関脇なのは…いつも登校前の
息子、何故かテンパってるので…
忘れ物のチェックがしやすいように。



転校して1ヶ月、
まだ緊張感があるようです。



ちなみに、
ハンカチはタンスの中。
朝、靴下を履くついでにポケットへ。





ティッシュはタンスの上。
前日、給食セットを準備するときに
必要ならランドセルへ補充。





以前は、
ハンカチとティッシュも
学用品スペースにまとめていました。



でも息子の場合、
ひとつの場所に色々なものを置くと
頭がごちゃごちゃする印象だったので。



思い切って場所を分散させたところ、
収納場所を把握しやすく、
動きもスムーズに忘れ物が
少なくなりました!



小学中学年〜高学年になると
自室を持たせると思うので、



その前のステップとして
学用品スペースで学用品管理の
練習をしてもらおうという魂胆です!



これは
引っ越して1ヶ月の
大きな気づきなのですが。



どんなにお気に入りの
インテリアでも
物の管理ができなかったり
生活動線が悪かったりすると



あっという間に物が散乱し
オシャレな状態を維持できない!



快適な住まいをつくるには、
まずはオシャレでなくてもいい、
ストレスフリーなお部屋を
作ること!!




皆さんもまずは、
自分や家族のスムーズに
いっていないところ・ストレスを
見つけて変更を加えてみませんか?



週にひとつくらい?



変更のおかげでスムーズになれば
ラッキー!!
一発でうまくいかなければ
また少し別の変更を。



その地道な積み重ねは、
オシャレなインテリアより
ずっとずっと居心地のいい住まいを
作ってくれるはずです。



ぜひお試しくださいニコニコ