昭和30年のピアノ

テーマ:
『かなり古いんだけど大丈夫かしら~』
    (;・∀・)

年配の方から連絡いただきました


お客様の御実家にあり、今は誰も住んでなく、もうすぐ家を処分されるとのこと。
かなり片付けはしたけど、ピアノをどうしようかお悩み中。小学生の頃、今は亡き両親から買ってもらい学生時代それは良く弾かれていたそうです( ☆∀☆)

結婚して家を離れ、帰省の際には時々弾いてましたが調律はしなくなりました、そうなってくるとピアノの状態は悪くなるばかり(´・ω・`)
音は狂い、鍵盤が上がらなくなります。

設置してある場所の状況にもよりますが、このピアノは湿気が少し多い環境だったので、金属の錆・木材やフェルト等にカビ・油分が付いて粘り・そして使用頻度からくる部品の変化と劣化がありました。

しばらくほったらかしていたけど、また使いたいとのことで、工房に持ち帰り修理する事になりました。

これからじっくり修理を楽しみます(*・∀・*)ノ