教えてサラミさんの論破ールーム

教えてサラミさんの論破ールーム

侮を以って愚を制す。

Amebaでブログを始めよう!

テーマ:

北朝鮮のミサイル発射は安倍晋三首相の自作自演!? 作家やジャーナリストもツイートして話題に

3月6日朝、北朝鮮が弾道ミサイル4発を発射。うち3発が日本の排他的経済水域内に落下したとみられる、..........≪続きを読む≫

 

 


アメリカのやり方は相手を『座して死を待つ』よりマシだからと思わせ『窮鼠猫を噛む』状況に追い込む。相手が先制攻撃すれば『先に手を出したという汚名を着せる』。『危険な武器を保有して居ると疑われる場合はそれを理由にアメリカが先制攻撃する事を正当化する』これは『真珠湾攻撃』もそうだし、西部開拓時代にアメリカインディアンの弱小部族を抹殺するときに盛んに使った方法だ。

アメリカインディアンの弱小部族に、アメリカ人の商人が鉄砲や馬などの武器を売っておいて、『あいつら危険な武器を持っているから皆殺しにしなければならない』と称して、ほぼ皆殺しにする虐殺が盛んに行われた。

そのアメリカインディアンの弱小部族が武器を購入する理由だって、アメリカ人のごろつきが、強盗や様々な悪さをしたからである。自衛の手段として一度手にした武器は手放せない。しかし、そうなると今度は武器を持っていること自体に言い掛かりをつけ、部族を滅亡させる事を正当化する。

これが『アメリカ版中華思想』とも言うべき『マニフェスト・デスティニー(Manifest Destiny)』で、周辺の“未開な野蛮人を支配する方針”である。

 


これは、北朝鮮や、中南米、中東、アフリカの弱小国だけでなく、『大日本帝国時代の日本も、現代の日本も、開拓時代のアメリカインディアンの弱小部族と同じ扱いを受けている』事に気づくべき。

日本語圏で報道の自由が確保されて居るなんて、全くの幻想。日本の報道の自由ランキングが韓国より下位なのは、全くその通りだ。特に、2012年以降、自由が無くなったようだ。これほど、アメリカの財閥に不利になる報道が止められて居る国はない。少しは英語の勉強でもしろ。

根拠は英語圏やロシア語圏のニュースを見ればわかるし、今まで何度もURLを貼付けたはずだろ。

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス