鬼の居ぬ間に、徒然。

鬼の居ぬ間に、徒然。

鬼の居ぬ間にの活動をお伝えします。

一貫して「妖怪」をモチーフとした、明治後期から昭和中期の物語を主に上演。
「妖怪」そのものを描くのではなく、あくまで人間が伝承や対人関係に翻弄され、人が人で無くなっていく様を描く。

次回公演は、2019年頭を予定しております。
決まり次第お知らせいたします!


活動の詳細はこちらから→劇団HP




Ameba人気のブログ

Amebaトピックス