okaneganeeのブログ

okaneganeeのブログ

ブログの説明を入力します。

融資というと銀行から借りるというイメージが強いかもしれませんが、最近では消費者金融の存在意義が見直されつつあります。

TVCM放映でのイメージアップに成功したことはもちろんですが、銀行系の消費者金融もかなり増えてきましたので、信頼度が飛躍的に高まったことが大きな要因といえます。

これは、消費者の需要に応えて独自に発展した消費者金融の人気を受けて、銀行側がその価値を認めて既存の会社と提携、あるいは新たに設立という流れですので、消費者金融の経営力は大手銀行の戦略にも影響を及ぼしたとみなすことができるでしょう。

消費者金融の最大のメリットは、融資のスピードです。

従来、銀行であれば審査に数日や数週間かかるものでしたが、消費者金融では審査は数秒で完了、融資は即日と、利便性が極めて高いです。

今借りたいという人のニーズに合わせて、審査の技術に特化して発展させたために掴んだ成功といえるでしょう。

また、インターネットを最大限に活用した戦略を採用していることも便利さを裏付けます。

自宅にいながらにして、審査を受け、融資をしてもらうことができるのです。

必要書類もネット経由で送信出来ますし、最近では、会社への在籍確認や自宅への郵便物の送付さえ不要という消費者金融もあります。

銀行に比べ、消費者金融は利息が高い傾向にあるのは事実です。

しかしながら、最近では期間を定めて無利息というサービスを展開するところも増えて来ました。

無利息ですから、銀行を含めたどこから借りるよりも安いということになります。

消費者金融は上手に利用すれば、大変便利なものです。

もしもの備えのために、消費者金融を活用を念頭に置いておきましょう。

消費者金融、というと、男性の利用するもの、というイメージを持たれがちのようです。

しかし、男女雇用機会均等法以後、女性も管理職にもなれば、出産しても子育てしながら働く時代、消費者金融の利用についても、男性に負けないくらい、女性のニーズも高いようです。

そうした顧客を獲得するために、消費者金融側も、女性が気軽に相談したり、利用してもらえるように女性専用の窓口を作って対処するようになっています。

レディースローンや女性専用窓口、なども開設して、女性の利用しやすい雰囲気を作っているようです。

最近は、ネットからの申し込みが発達したこともあって、申し込みそのものは、携帯やスマホ、パソコンなどのIT端末からの申し込みや、無人契約機を利用しての申し込みが圧倒的に増えています。

しかしながら、実際の申し込みの過程では、審査があり、在籍確認などの段階を経て初めて利用が可能になるわけですから、そうそう簡単ではありません。

特に、在籍確認の場合は、男性から連絡が入るのだろうか?と気にかかる方からの質問も多いのだそうです。

また、女性には女性独自の事情などもあって、やはり、同性じゃないと嫌だと感じる部分も大きいようです。

恋愛や、家計に関わることなど、女性には女性ならではのライフシーンの上での心配事が多いようです。

そんな時、窓口の男性に説明することはなかなか、精神的な壁が大きいもののようで、同性である女性となると、そのしんどさが軽減されるということも言えるようです。

消費者金融の完済が終わったら。

消費者金融の借入金が完済されたらあなたはどうされますか。

例えば発行されたカードの取り扱いはどのようにしますか。

「また、借りることが有るかもしれない」という方は、そのままカードを保有し続ければ良いです。

しかし、「もう、借りる事はないので処分したい」という方はどのようにすればよいのでしょうか。

まず、あなたが行う必要があるのが消費者金融会社に連絡をとり、解約手続きを取る必要があります。

解約手続書に必要事項を記入上、提出すれば解約できます。

解約が出来れば、契約書の返納か解約証明が発行されます。

尚、発行済みのカードについては返却または処分という連絡がありますので、指示に基づいて対応して下さい。

仮に解約しない場合にはどのような事が起こるのでしょうか。

解約をしなければ消費者金融会社にとっては、あなたは会員であり貸出枠が付与された状態です。

その為、消費者金融会社からは定期的に借り入れに関する勧誘があるかもしれません。

また、貸出枠が付与されていますので、他のローンを組みたい場合に何らかしらの影響が出る場合もあるかもしれません。

そのようなことの発生を懸念する場合は完済時に解約をしておくことをお勧めいたします。

最後までキッチリとしておくことがより良い結果につながります。

皆さんも最後まできちんとした対応が良いと思います。
ノンバンクとは「銀行ではない」ということで、どちらにしてもお金を貸してくれるところにはまちがいありません。

銀行との違いをチェックしていくとわかりやすいということもあるでしょう。

それで、簡単にいうと銀行と消費者金融との違いは、審査にあるということでしょう。

銀行では融資としては維持した収入があることが第一の条件であるということがいえるのですが、消費者金融のそれは銀行と比べたら審査が甘いというイメージがあります。

幅広く誰でもにお金を貸せるように利率で利益を上げているのが消費者金融です。

審査のスピードとしても早めの審査がポイントです。

最近では店頭や自動契約機に行かずともネットだけで契約まで完結できるweb完結融資.clubなども出てきました。

それに比べると審査が厳しいですが、借入限度額は高く、融資利率が低いのが銀行です。

そして、銀行の融資などと比べると、融資額の借入限度が低く融資利率が高いというのが特徴です。

それで、借りたい額が多く徐々に着実に返せるのであれば銀行の融資を考え、もし不可欠なお金が少額で至急に返せる見込みがあるのであれば消費者金融を選んで借りるという方法もあります。

即日融資ということでは銀行などではありえないですが、借りたい額やお金の使い道にあわせて使い分けるという方法もあります。

しかし、どちらにしても着実に返せる方法で選択しないといけません。

実際の利用方法としては、消費者金融では銀行のキャッシュカードのようにATMやキャッシュでスペンサーを利用してお金を借りることができます。


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32

15年前に転勤で北海道帯広市に住んでいた時の話です。

私の家内が仕事を探していたところ、ある大手の消費者金融で女性社員を募集していました。

どうしようか迷っていましたが、「これも人生経験なので、世間の評判とどうなのか自分の目で見てみれば?」と私の方から勧めました。

3ヵ月勤めてみて、嫌なならは辞めれば良いのでという事で勤めることにしました。

仕事の内容は、借入をしていて最初の振り込み日に入金がされていないお客さんへの入金確認の電話をする事でした。

まだ1回目の支払いの遅れに関しての電話なので、お客さんもそれほど切迫しているような人もいなくて、入金忘れ等の理由がほとんどのようでした。

家内は3年間そこの会社に勤務をさせてもらいましたが、その間に顧客リストの整理等もしていたらしく、そうすると色々な会社の人達がキャッシングをしていることが分かってしまい、少し戸惑っていました。

それは何故かというと、想像以上に公務員の方の利用者が多いのにショックを受けたようです。

市役所職員、自衛隊員、教職員等です。

それと個人事業主のご主人の利用者も多かったようで、よく食べに行っていたラーメン屋さんの大将だったり、近所のレストランの店長だったりと、顔を知っている人達が何人もいたらしくて、どうしてそんなにキャッシングをしなければならないのか?等とつい想像してしまうようになってしまうらしいのです。

なかには、物凄い金額の借金をしている近所の商店主の方もいて、現実を目の当たりにして驚いていました。

そのうちに、借金をしている人の見方が変わってしまうのが嫌になってきたらしくて会社を退職しました。

いつも明るく元気な人が物凄く借金をしているのが分かると、余計な事まで勘ぐって見てしまう自分が嫌だったそうです。
私は、よく広告されている「ノーローン」という金融商品にインターネット上で申し込みを行いました。

「ノーローン」はカードでキャッシングが出来るのですが、一週間以内に返済すれば利子がかからない、しかもそれは何度でもOKというのですから、なかなかに有難いシステムであると思ったのです。

おまけに、ネット上から、幾つかあるポイントサイトを経由して申し込みを行い、首尾よく承認されれば、少なからぬ金額に相当するポイントがもらえるような仕組みもあるので、これを利用しない手はないと思い、一番割のいいと思えるポイントサイトから「ノーローン」の申し込みを行いました。

ネット上で必要事項を記入して申請すると、翌日本人確認ということで携帯に電話がかかってきて、約10分ほど確認やら説明やらで時間を取られました。

さらにその翌日には職場にも電話があったのですが、これはよく配慮されていて、個人名で電話を掛けてきて、私が電話口に出て初めてノーローン担当者であることを名乗ったのです。

そののちは、本人確認の書類(免許証など)と収入証明の書類を郵送するか、ノーローンの提携先であるレイクの事務所を訪ねて手続きを済ませるかの二者択一になります。

私はその場でカードが発行される、レイクの事務所での手続きを選びました。

これは事務所と言っても、JRの駅前などによくみられる無人店舗で、その中の無人審査機で手続きをするのでした。

レイクは新生銀行のグループに属していて、大手都市銀に準ずる信用力あると考えられるので、安心感があります。

無人店は安全性の配慮のためか、ガラス張りで外からある程度中が見えるようになっているので、入るのは少し恥ずかしい気持ちが出ましたが、ここは仕方ありません。

レイクの無人審査システムは、実にうまくできていて、こちらが持ちこんだ証明書類をスキャナーにかざして、読み取ってもらい、確認ができると、契約書が出てきてそれに署名、署名後の契約書は機械が吸い取ってしまいます。

そのような手順で、つつがなく、無事にローンカードがその場で発行されました。
利息制限法の上限を超える高金利を支払わされた人が、消費者金融会社に対して、過払金の返還を求めた訴訟の上告審判決が、最高裁第一小法廷でありました。

この訴訟では、仮払金返還請求権の時効の起算時が、取引の終了時であるか、仮払金の発生時であるかが争われました。

判決によりますと、限度額内なら何度でも借り入れ返済を繰り返すことが可能な「リボルビング方式」などの継続的な金銭消費貸借契約では、その取引を継続している間は普通、借り手側の債務者が過払金を請求することの想定はなく、時効は進行しないとしました。

つまり、過払金返還請求権の時効の起算時点は、その金銭消費貸借契約の終了時点にあると判断しました。

さて実務上過払金の請求を進めるためには、取引履歴がすべて必要です。

取引履歴をすべて残している債務者は少なく、不足する取引履歴は消費者金融業者に提出してくれるように依頼することになります。

業者は自分に不利になることですから、二つ返事で出してくれることはありません。

書類が手元に揃うと弁護士や司法書士などは利息制限法に基づいて過払金の額を計算しなければなりません。

業者は取りすぎた利息を簡単に返済するわけもなく、訴訟になることが少なくありません。

この作業を機械的に済ましてしまう弁護士が多くなっています。

機械的に済ますと、過払金を取り返してもらう債務者と弁護士との間にミスマッチが発生してトラブラになる可能性があります。

このように過払金の問題は消費者金融業者と債務者、債務者と弁護士、弁護士と消費者金融業者の三者による複雑なトラブルに陥る可能性があります。

債務者はお金が戻ると小躍りするのではなく慎重に問題に対処したいところです。
法人の設立前にはお金がかかります。

かかった分はあとから資本金として算出するためにすでに支払い済みの金額を口座に入れておかなければなりません。

矛盾していますよね。

支払い済みの分というのはもう手元にないお金。

でも、資本金として算出するために登記するその日に口座になければならない。

ここでプロミス借入.clubにお世話になりました。

法人化前に個人として使った分、要するに法人がまだ存在しなかった為に個人で立て替えている分。

それは個人でアローから借りて支払い、法人誕生後に個人に支払いました。

そしてアローにも返済する。

とても効率が良かったです。

これで「どうもこの度はお世話になりました!」ではアローにとって私はお金にもならない客だったわけですが、やっぱり一度体験すると少し変わってきます。

ネットで借りてコンビニで返せる。

これから生活していればお金の必要な時と入ってくる時のズレはやっぱり訪れると思います。

手元にアローカードがあるだけで、突然、必要になった時の最初のリアクションが「まずい!」から「計算してみるか・・・」にかわるのだと思います。

それだけでもちょっとホッとしますし、「まずい!」と思って踏み込めなかったことでも、上手に計画を立てればクリアできる踏み込むことができた世界なのかもしれません。

しっかり計算して計画ができれば良きパートナーになれるのだと思いますよ。

逆にその金色がやたらめったら使うものじゃない!いざというときに!というメッセージを発しているようにも思えます。


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32

初めてキャッシングをしたのは学生だった頃です。

大学のゼミで卒業生を送り出すパーティーがあったのですが、卒業生たちに渡すプレゼントを含めて会費は1万円。

ちょうど春休みに海外旅行に出かける予定があり、アルバイト代は旅行代金に使ってしまっていました。

親に泣きつくわけにもいかず、勇気を出して丸井へ。

キャッシングコーナーで手続きを取ると、あっさりカードを発行してくれました。

学生だったのですが、キャッシング枠は10万円もいただけました。

おかげで、パーティーに出席することができ、ちょっと調子に乗ってブランドのバッグも購入してしまいました。

それから社会人になっても、何か急な出費があるときは何度もキャッシングのお世話に。

友達の結婚式に包むご祝儀、親戚の出産祝いなどなど…。

むしろ社会人になってからのほうが急な出費のオンパレード。

ちょっと節約を怠っていると、給料日前は悲惨なことに…。

地道に返済していって、ようやく貸付残高がゼロになるかと思いきや、また急な出費が出てまたキャッシング…という繰り返しでした。

ボーナスが入った月など、一括返済しようと思えばできたタイミングもあったのですが、なんとなく寂しい気持ちが沸いてきて、ずるずると細く長いお付き合いをしてきました。

それでも限度額の10万円を超えることは一度もありませんでした。

ある日、たまたま丸井の前を通りかかったので、直接返済しようとクレジットの窓口に行くと、係りの人に「長らくのお取引ありがとうございます。

お客様の信用もございますのでキャッシングのご利用枠を増枠させていただくことが可能ですが」と言われました。

これまで10万円までしかキャッシングできなかったのが、50万円までキャッシングできるようになるとのことでした。

なぜかとても褒められたような気分で、悪い気はしなかったのですが、丁重にお断りしました。

そんなに必要になることもありませんし、やはり私には10万円の枠で借りたり返したりをずっと続けていくのが性に合っている。

そんな気がしました。

アプラスα倶楽部カード

新生銀行グループアプラスより「アプラスα倶楽部カード」登場しました。ローンカードには珍しく「ロードサービス」・「ClassA」・「ポイント」機能等の特典もセットです。

日立ホームサービス

株式会社日立ホームサービスのローン申込プロモーションです。不動産担保ローンのスペシャリスト日立ホームサービス。不動産担保ローン、事業者ローン、トラストローンが対象となります。

三井住友VISAカード

クレジットカードですがキャッシングも可能で、金利は18.0%と低金利です。10数種類と多彩なラインアップが用意されています。審査が厳しいと評判です。現在の借入額や過去の支払い遅延など、不安な点がある方は他社商品を検討しましょう(審査に落ちると履歴が残り、他社商品申し込み時に不利になります)。

ゴールドビアージュカード

ワンランク上のキャッシング専用カード。ご利用可能枠10~50万円。入会金、カード発行手数料、および年会費は無料。全国14万台以上のCD・ATMでご利用可能。

三井住友カード マーチャントメンバーズクラブ

三井住友VISAカード発行による個人事業主専用のローンカードです。年収1/3の総量規制の枠から外れます。従業員のボーナス用や、売掛金回収までのつなぎようとして作っておく方が多いようです。中小企業代表者・役職の方も申込みできます。年会費が1,312円必要になります。

三井住友カードゴールドローン

クレジットカードでおなじみの三井住友カードからキャッシング専用のカードローンです。滞りなく返済していれば、毎年0.3%ずつ金利が引き下げられていきます(最大1.2%まで)。元々の金利も低く、限度額も大きく設定されていますので、属性が良いかたに非常におすすめできるカードローンです。三井住友銀行の口座がなくても申込みが可能です。

オリックスVIPカードローン

オリックスVIPカードローンは、お客様が計画的に返済できるように2つの返済プランをご用意しました。利用した直後の金額残高の合計に応じて毎月の返済額が変動する「新残高スライドリボルディング返済」。利用残高にかかわらず毎月一定の金額を返済する「元利込定額リボルディング返済」。お客様重視のオリックスだからこそできるサービスなのです。オリックスクレジット株式会社が発行するクレジットカード「オリックスVIPカードローン」は、入会金や年会費無料です。カード入会申し込みも電話やインターネットから手軽にできるのがうれしいですね。インターネットからですと、女性スタッフが親切、丁寧にナビゲートしてくれますし、カード審査もスピーディなので好評なんですよ。オリックスVIPカードローンは、お借り入れ、返済機能はもちろん、サービス面も充実しています。オリックスVIPカードローン入会後は、オリックスグループのレンタカーやホテルが会員限定の優待価格でご利用できるんです。活用しない手はありません。お借り入れや返済でも、優待価格でもあらゆるシーンで活躍する一枚なのです。オリックスVIPカードローンは、全国のゆうちょ銀行、セブンイレブン銀行、ファミリーマート、ローソン、サンクス、サークルK、三菱東京UFJ銀行やトマト銀行など各コンビニ、銀行のCDやATMでお借り入れできますよ。借り入れたい時にすぐに借り入れ可能に加え、利便性を追求しているのもオリックスVIPカードローンならではなのです。

イオンバリューカード<VIP>

イオンバリューカードVIPはキャッシング専門のカードです。イオンでの特典等はありません。300万円コース(金利7.8%)、50万円コース(金利14.8%)が新たに加わりました。この機会に是非ご検討ください。