おカネレコ・マネシル事務局☆簡単だから長続き!シリーズ累計480万DLの無料家計簿アプリNo.1!

おカネレコ・マネシル事務局☆簡単だから長続き!シリーズ累計480万DLの無料家計簿アプリNo.1!

無料家計簿アプリ・おカネレコ・マネシル事務局のブログです。
事務局スタッフがアプリの使い方などをご紹介します★
シンプル家計簿アプリ「おカネレコ」をよろしくお願いします!
ヾ(。・ω・。)ノ゙オンライン相談「マネシル」もよろしくお願いします!

家計簿の創始者から学ぶ本質とは?

 

少し前に、AFPというファイナンシャルプランナー資格を取得したおカネレコ代表の江尻です。今回は、少しファイナンシャルプランナーらしいことを書いてみたいと思います。

「家計簿」とはなにか?

長年、家計簿アプリに携わってきて感じるのですが、家計簿とはなんなのか?意外と知られていません。

なにを買っていくら使ったのかという、いわゆる出納帳は、古代からつけられています。私が大好きな古代ローマ時代、約2000年前でも記録が残っているそうです。ヴェスヴィオ火山の噴火で一瞬にしてなくなった古代都市ポンペイの記録でも、一日当たり、パンやワインをいくらで買ったのかという記録が残っているとのことです。(原典は見つけられていないので、今後探していこうと思っています)

また、映画「武士の家計簿」でも描かれているように、江戸時代に細かく収支を記帳している記録も残っています。

現代の日本で使われている家計簿のもとになっているのは、雑誌「婦人之友」を創刊した日本初の女性ジャーナリスト・羽仁もと子さんが発案したもの。明治37年(1904年)のことです。どういったものだったのだろうかと、羽仁さんの原典をさかのぼってみることにしました。そうして見つけた本が「羽仁もと子著作集 第9巻 家事家計篇」です。羽仁さん晩年の文章で、昭和2年に書かれたものにこうあります。

“以前の各家庭の小遣帳といえば、食べ物でもきものでも、何でも一つに並べて書いて、月末に加算して総合計をだすというやり方でしたら、ほんとうに不完全なものでした。”

従来の管理方法では、家計をうまく管理することができないと、課題を感じていたそうです。

“今から二十五年前、それは家庭之友を出して、間もないころのことでした。当時、新聞社新聞社に勤める主人の小遣は月に十二円でした。何もむだづかいする人ではないのに、どうしてもそれが一と月もたない。”

と、明治時代でもいまと変わらないことで悩んでいたようです。現代も、同じような悩みの方がたくさんいるのではないでしょうか?

“ふっとこの家計簿のことを思いついたのです。そうしてそのとき二人でやっていた家庭之友に書きました。それがみなさんが広く使っていてくださる私の『家計簿』でございます。”

カテゴリーごとの割り当て額を記入しておき、毎日出費を記録して家計を管理できる『家計簿』。これが多くの人に受け入れられ、広まっていったそうです。

“よい予算をたてて、収支をこの帳面に毎日欠かさずしるしていれば、完全な指導者と一緒に、家計をとっているのと同じで、少しも心配がないばかりでなく、はっきりと筋道たった家計をとっていることが、日々の大きな楽しみになるものです。”

家計簿にはなんの意味があるんですか?と聞かれることがあります。私は家計簿で目指すのは、お金を見える化し、コントロールできるようにすることだと思っています。

家計簿をつけていないと、収支の見える化ができず、コントロールはできません。ファイナンシャルプランナーは、まず最初に「家計簿をつけてください」とお伝えします。現状を把握できないと家計の分析もできず、改善方法をお伝えできないからです。

家計や将来への不安を持ち、やりたいことをやれない方が多くいます。お金をきちんとコントロールし、心の平安を得て、自分らしい人生を生きていく人を増やしていきたい。私はそう思っています。

羽仁さんは、自ら発案の家計簿を「完全な指導者と一緒に、家計をとっているのと同じ」と評しました。家計簿アプリ『おカネレコ』は、家計を一緒に改善していく伴走者でありたい。生活の心配がなくなり、人生の道筋が見えるようになるのをサポートする存在になって行きたいと考えています。

出典 婦人之友社、羽仁もと子著作集 第9巻 家事家計篇、1927
 

《江尻尚平 スマートアイデア代表》

ファイナンシャルプランナー/AFP。上智大学理工学部卒業、大手外資系携帯電話メーカーにてサービス企画などに従事。慶應義塾大学大学院経営管理研究科にてMBAを取得。2012年にスマートアイデア株式会社を創業。480万ダウンロードを達成した家計簿アプリ「おカネレコ」および家族向け家計簿「おカネレコプラス」、FPオンライン相談サービス「マネシル」などFintech分野に注力した事業を展開している。ファイナンシャルプランナーとして、テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」などに出演、家計に関わるコメント行う。著書に『お金が貯まる!世帯年収500万円から始める共働き夫婦の超効率家計簿』(徳間書店)がある。

ただし、抜けているところが多く、残念な社長でもある。自分自身が細かいことは苦手なので、ズボラでも残念な人でもハッピーマネーライフが実現できるサービスを目指して、日々がんばっている。

 

【2秒家計簿おカネレコとは】
らくらく家計管理で、お金が貯まるようになる!480万人以上が利用する人気の家計簿アプリ。たった2秒で簡単に入力できて、続けやすいと大好評。家計簿が続かないと悩んでいた方は、一度試してみては。
★家計簿アプリ「おカネレコ」
https://okane-reco.com

 

 

 

おカネレコのダウンロードはこちらから

 

※この記事はInstagramで投稿していた内容をブログ用に再編集しています。    
    
#おカネレコまんが物語    
本日は【✨成長編9📱】をアップしていきます📳    


#開発チーム
#人材の確保って難しいよね
#仲間の回復を願う
#コツコツアップデート
#祝5周年
#ついに400万ダウンロード達成

お陰様で5周年✨✨
    
#ゆるーく更新 #ベトナム    
#おカネレコができるまで #まんがでわかるおカネレコ    
#アプリ開発 #家計簿 #家計簿アプリ    
#マンガ #漫画 #まんが    
#スマートアイデア    

 

 

第8回. らくらく自動入力!決まった収支を登録してみよう の巻

 

みなさん、こんにちは。
おカネレコで家計簿に再チャレンジ中のナウィッツァです。
前回ラベルをカスタマイズしたことで、だいぶ自分らしく快適に入力できるようになりました。
今回は、繰り返し入力を使うことで、楽しちゃおう!というお話です。

 

~スマートアシスタンツナウィッツァ 家計簿チャレンジ連載中!~
頼りになる事務チームの要で、アシスタンツメンバーのとりまとめも行う。
最近はメディアチームでも活躍中。緻密さに加え、おそれず新しいことへ
チャレンジしていく、頑張り屋の一面を持つ。
介護やWワーク、多忙な日々を送るなかで、推し活が力のもと!

 

――――――――――

 

いやー、今週もあっという間に過ぎていくなぁ。
仕事が忙しいのはありがたいけど、梅雨のせいもあってぐったりしている週末。
入力に慣れてきたのか、前ほどレシートをためこまずに済むようになった。
でも、まだまだ集中してレシートを片づける時間を作らないとダメなかんじ。
少しでも手間を減らせる方法はないかな…。


「それなら!繰り返し入力を使ってみたらどうかな?
 きっとあなたの手間を減らすことが出来ますよ。
 おっと失礼、ごあいさつせずにお声掛けしてごめんなさい。
 いつもレコやマネがお世話になっています。兄のペイです。」

おや、かっこいいお兄さんが登場だ、初めまして。こちらこそお世話になってます。
繰り返し入力って、固定費を入れるこの機能かな?
家賃や積立貯金など同じ金額が出ていくものや、決まった日の支払いや収入に使っているよ、こんなふうに。


「おぉ、素晴らしい!使ってくれてありがとう。
 ではせっかくだから、もう一歩進んでみようか。
 この機能、決まった金額の支出以外にも使えるんだよ。
 いくらかはわからないけど支出が決まっている分は、あらかじめ登録しちゃうのがおススメ。
 そしたら、当日はチャチャッと金額を入れるだけ。
 例えば、ナウィッツァさんのスケジュールからすると、こんなかんじかな。」

ナウィッツァのスケジュールを洗い出してみると…
・週に2回、固定の曜日に出社(交通費、昼食代)
・6週に1回、通院(交通費、診療費、薬代)
・生協引き落し、カードの支払いが毎月同じ日付
・給料の振込はすべて月末
↑これらをぜーんぶ繰り返し入力に設定!
 

なるほど~!?
決まった金額の出費だけじゃなく、予定がある日には、予想される出費額をおおまかに入れちゃうのね。
そうすれば月の予算も立てやすくなる。入力忘れも防げそうだし、すごくいいかも。
繰り返しの期間も細かく設定できるのね。
4週間ごとや6週間ごと…なんていう変則的なものも対応してくれるのは便利。
(※最大5年先まで設定可能。繰り返し入力の開始日からではなく、設定した日から5年なので注意。)

年払いしているものが多いから、リマインドにもなるわ。
予想金額がわからないときも、0円で活用出来るのが素敵ね。
いろいろかゆいところに手が届いて、ほんと助かるわー♪

「そのとおり。
 予定が見えれば、予算が立てやすくなる。
 予算が立てやすくなれば、貯金も検討しやすくなる。
 貯金が出来るようになれば、将来の不安も少しずつ軽くなる。
 ステキなループになっていると思うんだ!」

おぉ…これはすごい。入力のハードルだけじゃなく、貯金へのハードルも下がるなんて!
でも、ここまできれいに予算が見えるようになると、逆にこれ以外の出費が無駄づかいに感じてしまう(汗)。

「そこは、人生そのものさ。
 どんなに前もって計画したって、100%予定どおり、なんてことはないだろう?
 予定外の出費も、生活のいろどりじゃないかな。
 0か1かしかなくなっちゃったら、人生の色がなくなってしまうよ。
 デコボコの部分も楽しんでいける余裕を持ちたいね。」

なんてかっこいい考え方なんだろう…ステキ!
おカネネコのみんなに支えられて、とうとう初心者脱出が見えてきたかも。
ペイ君、今日はありがとうございました!!!
 

――――――――――

 

繰り返し入力は固定費にしか使えないと思い込んでた私には、まさに目からうろこな話。
入力は楽になるし、つけ忘れにも気付けるようになりました。

金額が不明な場合には0円で登録すれば、グラフにも影響しません。
予定が変わっても、修正はかんたん。
みなさんもぜひ、繰り返し機能を使って楽しちゃって下さい。

さて、次回は「もっと自由に生活記録 実践編Part2」です。
ちょっと変わった記録例が出せるかも?どうぞお楽しみに。

 

無料版はカテゴリー18個までカスタマイズ可能!
有料版なら、なんと90個までカテゴリーが作れちゃう!
ほかにも便利な家計管理のお助け機能がいっぱい。

 

初回は7日間無料でお試しできます。自動バックアップで安心♪

 

一緒にはじめてみませんか? アプリダウンロードはこの画像をクリック

スマートアシスタンツローズ 大好きなおカネレコでの仕事をエンジョイ♪~
在日歴長く、流ちょうな日本語に加え英語も話せるトリリンガル。スマートな雰囲気の国際結婚ママ。周りを元気にするようなハッピーなエネルギーがあふれているのも持ち味。
最近ワンちゃんも迎えて、ローズ家はますますにぎやかに。


こんにちは、ローズです。梅雨本番です。

雨でどこにも行けない!と叫びたいところですが(笑)、雨の夜長にマイ家計簿のセルフコンサルティングをおすすめしたく、このブログを書かせていただきました。

コンサルティング?そんな大げさな…と思うあなた(笑)。いやいや、家計費だって、おおいにコンサルティングの対象になりますよ。
企業や店舗は、「経費」をはっきりさせないと企業活動は維持できません。家庭もしかりです。

一人暮らしをふくめ、家庭だって、ひとつの経済体ですから出費の把握が必要です。

なにに、いくら使って、その結果なにを得られるか。これは家庭でも定期的に問いかけ、はっきりさせる必要があるのです。
特に今年は、生活必需品全般に値上げの嵐が吹き荒れており、まだ当分は続きそうです。

いま、家計費の点検を行うことをおすすめします。

ファイナンシャルプランナーにコンサルティングをしてもらえると良いでしょうが、なかなか気軽に頼めない方が多いのではないでしょうか。
そこでぜひ、自分で行えるセルフコンサルティングを実践していただきたいと思います。このセルフコンサルティングの考え方やプロセスをお伝えします。

まずは、ウオーミングアップ!明るい未来を想像しましょう。

今および将来、こうありたい自分と家族の姿を想像しましょう。心が弾むような、楽しいことを計画するのです。ネガティブなことは、一旦頭から追い出してください。
楽しい計画を考えるだけではすぐに忘れてしまうので、文字に書き起こすことをおすすめします。それは将来のビジョンです。日常的に目に入るところに貼れば、きっと見るたびに楽しい気持ちにさせてくれるはずです。「願えば叶う」の力を信じましょう。

家計費の見直しは、ときには苦しみもともないますが、この明るい将来のビジョンが、いまの努力のエネルギー源になってくれます。


一例として、ローズが書き出したビジョンをお見せします。

 


家計費の点検には家計簿がマスト

まだ家計簿をつけていない方は、ぜひつけていただきたいと思います。1か月だけではイレギュラーな出費の見極めができないので、2~3ヶ月はつけてみた方が良いでしょう。
紙の家計簿でも良いのですが、スマホでらくらく入力できる家計簿アプリがおすすめ。家計簿アプリを選ぶ際は、とにかく簡単、楽、安心なものを選ぶこと。まずは「簡単」がコンセプトのアプリをひとつダウンロードして使い続けてみることをおすすめします。

手前みそで恐縮ですが、弊社のおカネレコ
 

・簡単で迷わない
・個人登録不要ですぐに使える
・集計が簡単で見やすい
・カスタマーサービスが充実していて、質問に速やかに対応してくれる

 

といった特徴から、のべ480万のダウンロードを誇っております。
長年愛用されているユーザーさんが非常に多いので、ぜひ一度ダウンロードして使ってみていただきたいです。

 

★家計簿アプリ「おカネレコ」
https://okane-reco.com


家計費の棚卸しをしましょう

棚卸しには、出費のカテゴリーわけが非常に重要です。「生活必需品か否か」の視点を持ったカテゴリーの立て方をおすすめします。
人によって必需品とそうでないものの境界線が異なると思うので、それぞれの家庭の価値観で考えると良いでしょう。先に書いた将来のビジョンに照らし合わせながら行うと、どれが本当に必要な出費か決めるのを助けてくれます。

ちなみにわたくしローズの場合は、「食費」を必需品にしており、愛飲しているビールを「外食、酒、お菓子など贅沢品」のカテゴリーに入れています。外食やお酒、お菓子は贅沢品で必需品でないとの認識で、ひとつのカテゴリーに入れて管理しているのです。毎日ビールやお菓子を買うとあっという間にこのカテゴリーの出費が増えるし、外食は一回でも大きく増えてしまうので、危機感を持って管理できています。

棚卸しができたら、おのずと出費全般が見えてきます。家計全体の予算が守られ、カテゴリーごとの出費も計画内であれば、成功した家計と言えるでしょう。予算オーバーを未然に防ぐためにも、定期的に、例えば3ヶ月に一度点検したほうが良いと思います。
問題は出費総額の予算オーバー、あるいはカテゴリーごとの予算オーバーがあった場合です。オーバーした分は減らしていきたいですよね。


まずは「必需品でない」グループのカテゴリーを精査することをお勧めします。私も外食の回数が増えて「外食、酒、お菓子など贅沢品」カテゴリーが大幅に予算オーバーしたことや、バッグの衝動買いで「予備費」カテゴリーが著しく予算オーバーしたことがあります。

出費増の原因がわかれば対策が簡単です。この場合は外食の回数を抑えること、そして衝動買いをなくすことですよね。
「少し我慢すること」や、「衝動買いしそうになったら、いったん売り場を離れて家計簿を確認すること」に心がけるようにしています。


一方、棚卸ししてみて、あえて予算を増額するカテゴリーがあっても良いと思います。この場合も将来のビジョンが、判断の手助けになるでしょう。
またもやわたくしローズの例で恐縮ですが、最近夫のお小遣いを5000円アップしました。コロナが下火になりオフィスへ通う回数が増え、昼食を外で食べる回数が増えたのが理由です。
来月はさらに5000円アップしようかと思案中です。中間管理職の夫に、テレワークでなかなか会えずにいた後輩を誘ってお茶をごちそうしてもらいたいと思っての増額です。

夫のほうが稼ぎが多く、一家の大黒柱なので、気持よくスムースに仕事してほしいのです。そのためのお小遣い増額は投資と思って積極的に行っております(笑)。

家計簿のセルフコンサルティング、いかがでしょうか。ぜひみなさんに試していただきたいと思います。
これからも、家計簿の見直し方、家計簿アプリの活用方法などについて触れていきたいと思います。

【このブログのまとめ】
・最初にこうありたい自分の将来のビジョンを書き出します。明るい未来を目標にすると、家計費の見直しが楽しくできるようになります。

・家計管理に不安を覚えたら、まずは家計簿をつけるのが大事です。まだの方は、ぜひ2~3カ月を目標につけてみて下さい。
・簡単ですぐに始められ、カスタマーサービスもいきとどいた家計簿アプリおカネレコをおすすめします。
「生活必需品か否か」を意識したカテゴリーだてが、減らす項目、減らさない項目の見極めに役立ちます。
・2~3ヶ月分の家計簿をつけたら、一回棚卸ししてみましょう。カテゴリーごとの出費を見直して、出費を減らしたい項目を見つけます。出費内容を見ながら、減らし方を考え、実践に結びつけます。
・一方で、増額した方がよいカテゴリーがないかもあわせて見てみると良いと思います。増額を検討すべきカテゴリーがあるなら、家計全体の予算やほかのカテゴリーとの兼ね合いも見ながら増額を行いましょう。

 

【2秒家計簿おカネレコとは】
らくらく家計管理で、お金が貯まるようになる!480万人以上が利用する人気の家計簿アプリ。たった2秒で簡単に入力できて、続けやすいと大好評。家計簿が続かないと悩んでいた方は、一度試してみては。
★家計簿アプリ「おカネレコ」
https://okane-reco.com

 

 

おカネレコのダウンロードはこちらから

※この記事はInstagramで投稿していた内容をブログ用に再編集しています。    
    
#おカネレコまんが物語    
本日は【✨成長編8📱】をアップしていきます📳    

#開発チーム
#人材の確保って難しいよね
#試行錯誤の毎日

#おカネネコの誕生とリニューアル

#親しみやすさを重視

#再び衝撃が

親しみやすいイメージにしたい‼️✨
    
#ゆるーく更新 #ベトナム    
#おカネレコができるまで #まんがでわかるおカネレコ    
#アプリ開発 #家計簿 #家計簿アプリ    
#マンガ #漫画 #まんが    
#スマートアイデア    

スマートアシスタンツchoconuts 12年ぶりに働き始めました!~
脱専業主婦したばかりの三児のママ。「できる人が、できる時に、できる事を」というモットーのもと、周囲の人も巻き込んでPTAでも活躍。その経験談がおカネレコ社長の心を動かし、スマートアシスタンツに採用される。
落ち着きと、柔軟性が魅力。趣味は読書(漫画も大好き!)とDIY。

 

 

私は12年間専業主婦だった。
子供の通う学校では、半分以上の世帯が共働き👩‍⚕️👨‍🏫👩‍🔧🧑‍🍳👩‍💻🧑‍🔬
仕事で忙しい人が多いのか、保護者会も半数弱しか出席しない。
「PTAの役員は専業主婦の暇な母親がやることだ!」

と言われているような錯覚さえ起こしそうな雰囲気不安

結果、2年間PTAの副会長を引き受けることに真顔

そして同じPTA役員の中でも、やることに差がつく。
「働いている人は忙しいから…」

と、仕事をしている人の分もPTAの仕事を引き受けざるを得ない。
やれる人がやれば良いと思ってるし、苦ではないけど、何だかモヤモヤくもり
専業主婦って暇なのかな…ショボーン
自身もそんな錯覚に陥る。

専業主婦のコンプレックスなのかも知れないけど。
社会でお金をもらって働いてる人がえらいと思ってしまう。

ボランティアで色んな活動をしている人も、いる。🤱👩‍👧‍👦
家族の介護をしている人も、いる。おじいちゃんおばあちゃん
子供が生まれたばかりとか、子育てで手いっぱいの人だって、いる。大泣きハイハイ

それぞれが自分の選んだ道で精いっぱい頑張っていれば、

引け目を感じることなんてないはずなんだけど。

正直な話、働き始めることで心のモヤモヤがスッキリした虹
今までランチの予定を決める時に、

「私はいつでも時間空けられるから」と言っていたのが、

「その日仕事で…」と言えるようになった。
〈いつでも暇な人〉って思われてるのかも…というのが、いやだったのかな。
専業主婦も暇じゃないのに。。。悲しい
勝手に自分を低く見ていたのかもしれないけれど。
そう感じてしまう社会の流れも、確かにあると思う凝視

自分のことを、自分が認められたらそれでいいってわかってはいるけれど。
自分じゃない誰かに「よくがんばってるね!」って言ってもらえたら、

もう少し頑張れると思うハート

みんなが自分らしく生き生きと輝ける場所を、

自分も周りも認められる世界になるといいな乙女のトキメキ

 

【2秒家計簿おカネレコとは】
らくらく家計管理で、お金が貯まるようになる!480万人以上が利用する人気の家計簿アプリ。たった2秒で簡単に入力できて、続けやすいと大好評。家計簿が続かないと悩んでいた方は、一度試してみては。
★家計簿アプリ「おカネレコ」
https://okane-reco.com

 

おカネレコのダウンロードはこちらから

2年半ぶりのベトナム出張編‼その2

 

いつもお腹ゆるめなのですが、ベトナムに行くとさらにお腹がゆるくなってしまうスマートアイデア代表 江尻です。(正露丸に感謝^^)

2年半ぶりの海外出張、ベトナム出張記1の続編です。ハノイにある子会社、スマートアイデアスタジオでの、現地スタッフと久々の再会の様子をつづります。

 

ベトナムスタッフと江尻社長


今回の旅の一番の目的は、スタッフのみんなと久々に顔を合わせての面談。
私はベトナム子会社の代表も務めていて、毎週2回オンラインミーティングはしていたものの、コロナ禍でずっとベトナム訪問がかなわなかったのです。その2年半、みんなすごく頑張ってくれていた。そんなみんなに感謝を伝えたい。そして、これからも私たちが目指すことを一緒に頑張っていこうと、直接言葉にしたかったのです。

ベトナムメンバーの頑張りのおかげで業績が伸びていることや、これからの戦略を伝えます。今回、大きな発表もありました。ベトナムのスマートアイデアスタジオCTO(最高技術責任者)として、ずっとリードしてくれているテアインさんを、副社長としてCOO(最高執行責任者)兼CTO(最高技術責任者)に任命することに決めたのです。テアインさんは、日本のエンジニアにも引けを取らない開発チームを育て上げ、おカネレコの開発をずっと高いレベルで行ってくれています。

副社長COO兼CTOの名刺を渡しました。彼が大好き!なワンピースのゾロに合わせたイラスト入りの特別バージョンです。

 

テアイン副社長と江尻社長

テアイン副社長の似顔絵入り名刺

 

スタッフ全員と一対一の面談・1on1ミーティングを行なっていきます。ベトナムメンバーは本当によい人ばかり。楽しく仕事してくれていることを確認できて、一安心です。
日本に比べると、環境による病気なども多いので、健康状態を確認することも大事だと思っています。スタッフも、それぞれの家族も、みんな元気で過ごしているとのこと。ベトナムの人は家族をとても大切にしています。なので、ご両親の状況なども確認するのは欠かせません。

全員でのランチパーティーも催しました。ベトナムの人はみんなでの食事が大好きです。お子さんのいるスタッフも増えたので、家族との時間を大事にしてもらうため、昼間の会食としました。


でっかい魚料理。ちなみに、なんの魚はわかりません(笑)。

皮がめちゃめちゃ厚い!川魚だそうです。

だいぶ飲んでるテアイン副社長。このあとまだ仕事あるけどなー(笑)。

みんなお楽しみのビンゴ大会も!
 

頑張ってくれているみんなに感謝の気持ちをこめて、重要なイベントごとにビンゴ大会を行っています。いろんな賞品をそろえて、どれが当たるかドキドキしながら盛り上がります。今回は新卒のプログラマー、ホンナムさんがみごと一位に!

一位のホンナムさん(*^^)v


プログラマーのリーダー、ヅンさんもゲット。
みんな楽しんでくれたようで、よかった!
 

スマートアイデアでは、国の垣根なく、日本とベトナムのメンバーが一丸となってアプリ開発を進めています。日本ではITエンジニアが圧倒的に足りなくなってきているんですが、国境を超えて協力しあうことで質の高いアプリを維持できています。コロナ禍を超えつつある今、世界とつながりを持って良いプロダクトを作っていくことが必要だな、と改めて感じています。

ベトナムと深い絆を持つおカネレコ。また折を見て、ベトナムの現地情報や美味しい料理などについて書いていきたいと思います。どうぞお楽しみに。
 

《江尻尚平 スマートアイデア代表》

ファイナンシャルプランナー/AFP。上智大学理工学部卒業、大手外資系携帯電話メーカーにてサービス企画などに従事。慶應義塾大学大学院経営管理研究科にてMBAを取得。2012年にスマートアイデア株式会社を創業。480万ダウンロードを達成した家計簿アプリ「おカネレコ」および家族向け家計簿「おカネレコプラス」、FPオンライン相談サービス「マネシル」などFintech分野に注力した事業を展開している。ファイナンシャルプランナーとして、テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」などに出演、家計に関わるコメント行う。著書に『お金が貯まる!世帯年収500万円から始める共働き夫婦の超効率家計簿』(徳間書店)がある。

ただし、抜けているところが多く、残念な社長でもある。自分自身が細かいことは苦手なので、ズボラでも残念な人でもハッピーマネーライフが実現できるサービスを目指して、日々がんばっている。

 

【2秒家計簿おカネレコとは】
らくらく家計管理で、お金が貯まるようになる!480万人以上が利用する人気の家計簿アプリ。たった2秒で簡単に入力できて、続けやすいと大好評。家計簿が続かないと悩んでいた方は、一度試してみては。
★家計簿アプリ「おカネレコ」
https://okane-reco.com

 

おカネレコのダウンロードはこちらから


 

 

※この記事はInstagramで投稿していた内容をブログ用に再編集しています。    
    
#おカネレコまんが物語    
本日は【✨成長編7📱】をアップしていきます📳    

#開発チーム
#社員旅行・忘年会が重要視
#1年の締めくくり
#日本でもイベント
#楽しく節約生活
#300万DL達成

お陰様で300DL達成✨✨
    
#ゆるーく更新 #ベトナム    
#おカネレコができるまで #まんがでわかるおカネレコ    
#アプリ開発 #家計簿 #家計簿アプリ    
#マンガ #漫画 #まんが    
#スマートアイデア   

家計簿アプリおカネレコを運営する残念社長のつぶやき

2年半ぶりのベトナム出張編‼

 

スーパーにエコバッグを忘れて、ついつい5円を払ってしまって後悔する、おカネレコ代表の残念社長 江尻です。

このたび久々に、ベトナムの子会社 スマートアイデアスタジオを訪問しました。
コロナ禍で長いこと訪問できず、約2年半ぶりです。感慨深い出張でしたので、その様子を書いていきたいと思います。

家計簿アプリ おカネレコの誕生秘話マンガでもご紹介しているように、スマートアイデアでは、ベトナムのスマートアイデアスタジオで主にアプリの開発を行っています。ベトナムのエンジニアメンバーが本当にいつも頑張ってくれていて、おカネレコは成り立っています。

 

機内窓から見える航空機体の様子
2年半ぶりの海外出張で、久々に飛行機搭乗。胸が高鳴ります。
 

 

ベトナムの首都 ハノイのノイバイ空港に着きます。厳しいことを想定していた入国時ですが、検査も何もなく、用意したPCR陰性証明書も確認せずに入国できました。(6月から撤廃のようです。状況により変わると思いますので、渡航されるかたはその都度ご確認ください。)

久しぶりに吸うベトナムの空気は、生ぬるくて、少しパクチーのような、ベトナムのビールのような、懐かしい独特の匂いがします。気温は約30度で、なかなかの暑さ。

ベトナムオフィスの入っているビル外観
翌日にはベトナムオフィスへ。こちらがオフィスが入っている3Dビルディングです。

 

2年半ぶりに会えたベトナムメンバーは、みんな元気でした。オンラインでいつも顔は見ているものの、直接会うとほっとしますね。みんなも嬉しそうにしてくれて、私も感無量。

出張直前に、NHKさんに取材を受けた私。ベトナムメンバーの紹介カットも入れたいとのお申し出があり、写真を撮影。改めて、みんな良いメンバーばかりだなー。

 

ベトナムオフィスのメンバーの様子

ベトナムオフィスのメンバーの様子

ベトナムオフィスのメンバーの様子

みんな笑顔!の集合写真

 

まずは、最近の事業のアップデートと次の時期の戦略をプレゼンしました。開発メンバーひとりひとりと、事業の進み具合と今後の開発の方向性をしっかり共有します。

スマートアイデアスタジオでは、メンバーの投票により「一番活躍した人=MVP賞」を毎年選んでいます。去年、一昨年と渡航できなくて、渡せていなかったMVP賞の盾を今回手渡ししました。ちなみに受賞した2人には、日本に行ける特別な副賞もつきます。このまま感染が落ち着いて、今年中のどこかで来られるといいなと思ってます。

 

受賞スタッフに記念の盾を渡す江尻社長

受賞スタッフに記念の盾を渡す江尻社長

 

お昼はこんなかんじ。会社の近くのお店で食べます。
私がベトナムで美味しいと思う料理のひとつで、「ブンチャー」という米麺のつけ麺です。焼きたての豚がたっぷり入った甘酸っぱいつけ汁に米麺の取り合わせ。やっぱり美味しい!ローカル店でプラスチックのイスでの食事は、ベトナムに帰ってきたな~と思わせてくれる良い雰囲気。みんなと食べるのは、やっぱりいいものです。

 

ローカル店でみんなでつけ麵ブンチャーのランチ

お気に入りのベトナム料理のひとつ、ブンチャーでランチ♪

 

久しぶりに訪れたベトナムで思ったこと、感じたこと、また発信していきたいと思っています。どうぞお楽しみに。
 

<関連ブログ> 

 

 

 

《江尻尚平 スマートアイデア代表》

ファイナンシャルプランナー/AFP。上智大学理工学部卒業、大手外資系携帯電話メーカーにてサービス企画などに従事。慶應義塾大学大学院経営管理研究科にてMBAを取得。2012年にスマートアイデア株式会社を創業。480万ダウンロードを達成した家計簿アプリ「おカネレコ」および家族向け家計簿「おカネレコプラス」、FPオンライン相談サービス「マネシル」などFintech分野に注力した事業を展開している。ファイナンシャルプランナーとして、テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」などに出演、家計に関わるコメント行う。著書に『お金が貯まる!世帯年収500万円から始める共働き夫婦の超効率家計簿』(徳間書店)がある。

ただし、抜けているところが多く、残念な社長でもある。自分自身が細かいことは苦手なので、ズボラでも残念な人でもハッピーマネーライフが実現できるサービスを目指して、日々がんばっている。

 

 

【2秒家計簿おカネレコとは】
らくらく家計管理で、お金が貯まるようになる!480万人以上が利用する人気の家計簿アプリ。たった2秒で簡単に入力できて、続けやすいと大好評。家計簿が続かないと悩んでいた方は、一度試してみては。
★家計簿アプリ「おカネレコ」
https://okane-reco.com

 

 

おカネレコのダウンロードはこちらから

※この記事はInstagramで投稿していた内容をブログ用に再編集しています。    
    
#おカネレコまんが物語    
本日は【✨成長編6📱】をアップしていきます📳    

#開発チーム
#人材の確保って難しいよね

#事件発生
#機材が質屋に?
#オフィスにワクワク

#チームの連帯感

機材が質屋に...はドラマみたいな出来事ですよね...😂
    
#ゆるーく更新 #ベトナム    
#おカネレコができるまで #まんがでわかるおカネレコ    
#アプリ開発 #家計簿 #家計簿アプリ    
#マンガ #漫画 #まんが    
#スマートアイデア