オカメインコの世界オカメーランド

オカメインコの世界オカメーランド

関西の大阪府から車で15分の場所に所在の奈良県でオカメインコの繁殖、販売を行っているオカメインコ専門のブリーダーです。
オカメインコのドミナントシルバーやホワイトフェイス、パステルフェイスやエメラルド等、幅広い種類のオカメインコを繁殖しています。


テーマ:

一般的なオカメインコのブリーダーさんたちは既に巣箱を設置している事でしょうが、本日、オカメーランドでもようやく巣箱を設置しました。


今回巣箱を設置したのは、オカメーランドにいる8ペアのうちの半分にあたる4ペアです。


巣箱を設置したペアは


ロッキー、ふわりペア。



バニラ、ぷりんペア。



きずな、琥珀ペア。



リズ、シフォンペア。


以上の4ペアです。


リズ、シフォンペア以外の3ペアは、春に成功したペアなので、順調にヒナが生まれると思っています。


リズ、シフォンは温かい目で見守りましょう(^_^)


巣箱を設置したら、私のスイッチも入ったようで、急にソワソワしてきました(笑)


生まれるヒナの種類が知りたい方、または予約を希望される方は下記のブログを見てください(⌒▽⌒)








テーマ:

今月に入ってからずっと雨が続いていたのですが、本日ようやく晴れました。


そこで今日はオカメたちに水浴びをさせて、オカメルームの掃除をしました。



ちょっとは綺麗になったかな?


今日の朝は結構涼しかったし、そろそろ第一弾の巣箱を設置しようかなと思っています。


ヒナを楽しみに待っている方、お待たせしてどうもすみません。



テーマ:

今年の上半期、オカメーランドでは15羽のヒナが育ちました。


下半期はどうなるのかな?


そこで今日は問い合わせも多い、オカメーランドでの秋の繁殖時期についてお話しします。


まず、巣箱を入れるタイミングは台風が過ぎてから、秋晴れの日を見て設置しようと思っていますので、後数日かかりそうです。


今のところまだ巣箱は一つも設置していません。


オカメーランドではヒナが一度に生まれてきたら世話をするのに困るので、何度か時期をずらしながら巣箱を設置する事になります。


巣箱を設置後、一羽目のヒナが生まれるまで約1ヶ月、その後ヒナを引き渡しできる大きさになるまでに約20日程かかります。


その為引き渡しできる時期は11月頃になるのかな?


巣箱を設置したらまたお知らせしますね。




話は変わりますが、この写真は先程ケージから脱走していたみかんちゃんの様子。


オカメルームでまったりしていたところを撮影しました。


綺麗な羽色なので、こんなオカメインコがもっと世の中に広まったら良いと思うのですが、なかなか生まれないのが残念なところです。



んでこっちは先日撮影したハルトくん。


色は似てるけど、種類が違うのでやっぱりちょっと違う?




テーマ:

はじめてのペアです。


最初に言っておきますが、あまり期待は出来なさそうです。


まず、もちまる。


エメラルドです。


ただ、この子はスプリットにイエローフェイス(slyc)とシナモンを持っています。


ゆきちゃん。


ホワイトフェイスドミナントシルバーシングルファクターかな?


このペアから生まれる種類は

N/em 5/16
YF/em♀ 1/16
CN/em♀ 1/16
YFCN/em♀ 1/16
DSSF/em 5/16
YFDSSF/em♀ 1/16
DSSFCN/em♀ 1/16
YFDSSFCN/em♀ 1/16

とこんな感じ。


ただゆきちゃんは、うちのライチの子供になるのでスプリットでエメラルドを持っている可能性もあります。


持っていたら、イエローフェイスエメラルドシナモンやブラックヘッド等、とっても珍しい子が生まれてくるかもね。


イエローフェイスエメラルドシナモンが生まれる確率は、えーっと、1/64?(爆)


夢はありますけど、先程も書いたとおり期待は全くできません(笑)


他の繁殖ペアの一覧は下記をご覧ください(^_^)



また、オカメインコのヒナを予約希望の方は下記ホームページ


を確認の上、メールをよろしくお願いします(^_^)




テーマ:

久しぶりにオカメインコ用に止まり木を作りました。


出来上がったのがこれ。


はい。


上も下も切れかけていて、写真の撮り方が最低ですね(笑)


うちはオカメインコの数がそれなりにいますので、結構手作りの物があったりします。


巣箱ももちろん手作りです。


ブリーダーさんはほとんどが手作りなのかな?


うちもそうですが、多分色々こだわりがありそうですもんね。





テーマ:

まさかのペアです。


タルトとマリア。


思ったより仲は良さそうですけどね。


とりあえずタルトは


相変わらず綺麗な子です。


WFDSDF(ホワイトフェイスドミナントシルバーダブルファクター)♂

でうちでは指名ランキングナンバー2です。


大きなお目々がかわいいね(^_^)


お相手はマリア


でN/wfpd(ノーマル)♀です。


生まれてくる種類は

DSSF
WFDSSF

の2種類で生まれてくる確率は一緒です。


そうそう。


生まれてくる確率と言えば、下記のブログ


の一覧に生まれてくる確率やペアも追加しました。


気になる方は確認して下さいね。


予約希望の方は上記のブログに記載のホームページを見て下さい(^_^)




テーマ:

本日紹介するのは、

バニラ
ホワイトフェイスシナモンパールパイド(WFCNPLPD)

ぷりん
パステルフェイスシナモンパイド(PFCNPD)

ペアです。


まずバニラ


とっても綺麗な羽根色ですが、オスなのでほぼパール模様が消えてしまってます。


というわけで、ホワイトフェイスシナモンパイドみたいになってますね。


そしてこちらがぷりん


で、この子の方がバニラよりパイド(色抜け)の遺伝が弱いです。


抜けてるのは主に頭と尻尾です。


このペアから生まれる子の種類は

WFCNPD ♂
WFCNPLPD ♀
PFCNPD ♂
PFCNPLPD ♀

の4種類。


子供は見ただけで♂、♀がわかるのが良いですね。


先程もお話したとおり、仮に♂にパールがついていても結局は♂は大きくなったらパール模様が消えてしまいます。


♂や♀が確実に欲しい方にとっては、良いペアだと思います。


ちなみにどんな子供が生まれてくるかと言いますと、このペアから今年の春に生まれた子ですが


PFCNPLPD ♀



PFCNPLPD ♀



WFCNPLPD ♀



PFCNPD ♂

という4羽でした。


両親と同じような種類なので、大きくなったら両親と同じような色になるんですけどね(笑)


こちらのペアから生まれる子たちについては、現在、下記のホームページ


から予約を受け付けしています。


またその他のペアについては下記のブログ


を見てください。


内容を更新し、新たなペアを2ペア追加しています(^◇^)




テーマ:

本日は、親戚のブリーダーさんから半日だけウロコインコを預かりました。


うちはオカメインコしか育ててないので、とても新鮮。


どんな子かというと


こんな感じ。


全部で5羽預かりましたが、この子達は早く生まれた3羽です。


写真だけ見たらオカメインコのヒナ


とそんなに変わんないようにも見える。


でも実際は、ウロコインコのヒナは動きが早い!


元気でよく鳴く!


うちのオカメインコ全てを合わせたより、この子たちの方が賑やかなくらい。


あっ、でも食事の時間が終わればみんな静かになりました。


現在でも一番小さい子で3時間に1回餌を与えるみたい。


でも生まれた当初は1時間に1回あげてたみたい。


これだけ手をかけてるんだから、元気に育ってくれる事でしょう(⌒▽⌒)


下記は預かったブリーダーさんのブログですので、良かった見てくださいね(^ ^)




テーマ:
以前から名前がずっと決まってなかったマロン1ちゃん


は、ハルトという名前になりました。


とっても綺麗な羽色をしているかわいい子です。


ハルトはたまにお外にもお出かけします。


こんな感じにフライトスーツをつけています。


娘の頭の上で必死にバランスをとってます(笑)


あまり人に懐かなかったのですが、今になってようやく人に慣れてきた感じ。


生後2ヶ月ちょっと経ったんで、そろそろ言葉も覚えてくれないかな?




Ameba人気のブログ

Amebaトピックス