♪埼玉・川越 ・新宿 まゆみ夫婦問題相談オフィス日記♪

無料相談受付中

  • 25Nov
    • 結婚前カップルのご相談

      婚約を済ませた結婚前カップルのご相談が増えています。人は生まれ育った環境や経験で思考の癖や性格を作っていきます。その生まれ育った環境や性格が違うカップルに、意見の食い違いや衝突は、必ず出てくるものです。それらは、後に結婚した後に、夫婦の衝突の原因にもなり得ます。また結婚前は今は男女共にマリッジブルーになるとも言われています。それは自然なことで、色々と抱え込む必要もないのです。ですので、今、抱えている不安や悩みを吐き出すことはとても大切なことになります。結婚前にご自身の本当の心理的傾向と性格、またお相手の性格を知り、それに合わせた上手な夫婦関係の築き方やコミュニケーションの方法、また男性と女性の違いなども踏まえながら、個々にあったアドバイスさせていただいています。なんか元気がない。こんな感じで大丈夫かな。などと思ってらっしゃったら、是非、ご連絡ください。前向きな結婚のスタートのお手伝いをさせていただきます。

  • 31Oct
    • 相談事例 夫婦関係の修復に一人悩んでいます。

      【現在の家族構成】本人+妻(子供なし)本人・妻ともに33歳(結婚4年目)最初は別居婚でスタートし、2年半後に同居開始、同居して1年半ほど経過【大まかな相談内容】夫婦関係の修復についてご相談したいです。現在、別居から1.5ヶ月経過しており、最近、妻と話し合いの場を設けました。そこで、離婚したいということを告げられました。私としては、離婚したくないということを話しており、また、1ヶ月後に話すことになっています。今後どのようにすれば良いのか、全く見当もつかず、疲れ果てている状態ですので、ご相談に乗っていただければと思います。どうぞよろしくお願い致します。ブログランキングに参加しています。良かったらポチっとしてくださいね。皆様の応援でこのブログをもっと盛り上げられたらと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。 大塚麻由実のカウンセリング予約方法■カウンセリングの料金・相談内容について■カウンセリング予約フォームはこちら (24時間受付)■夫婦カウンセリングの詳細へ(ご夫婦でカウンセリングを行います)■ホームページはこちら

  • 20Oct
    • 婚前相談 このまま結婚しても良いのでしょうか?

      ご依頼者:私(27歳)      :彼(37歳)数ヶ月前に、彼からプロポーズを受けました。お互いに結婚への意志がある事を確認し、双方の両親への挨拶もすませました。そして、これから結婚に向け「色々と決めていかないとね」と彼と話を進めてきたのですが、ここにきて彼が急に「自由な時間が欲しい」とか「結婚が重く感じる」とか言い出してきて、話が進まなくなってきています。女性のマリッジブルーと言う言葉は聞いたことがありますが、男性にもそういうものがあると知り、そうなのかなと思っていましたが、彼のそのような言動を見ているうちに、私自身もこの人が、乗り気でないのに、「結婚しても幸せになれるのだろうか?」という気持ちになってきました。また私の父は私の子供の頃に離婚をしていて、父親がいなくなってしまった時の悲しさが、最近ふと思い起こされる事もあり今度は彼も失ってしまうのではないかと不安になります。先生は結婚前の相談もやっていらっしゃると聞き、ご相談をお願いした次第です。宜しくお願いします。ブログランキングに参加しています。良かったらポチっとしてくださいね。皆様の応援でこのブログをもっと盛り上げられたらと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。 大塚麻由実のカウンセリング予約方法■カウンセリングの料金・相談内容について■カウンセリング予約フォームはこちら (24時間受付)■夫婦カウンセリングの詳細へ(ご夫婦でカウンセリングを行います)■ホームページはこちら

  • 04Oct
    • 相談事例 すれ違いからの改善方法がうまくいきません

      ご依頼者様:ご主人家族構成 :夫(36歳)元プロサッカー選手       :妻(35歳)       :長女(5歳)セックスレスからのすれ違い、また会話が減り、コミニュケーションも不足しています。妻は普段仕事から帰ると、寝ているので、私はたまには帰るまで起きて待っていて欲しいと伝えました。伝えた後も、寝ている日々が続き、私は我慢の限界がきてキレてしまい、つい暴言を吐いてしまいました。それから、妻はさらに距離を置くようになり、私は私で夫婦でいる意味がないと思いはじめ1日家に帰らない事もありました。それが、逆に「子供置いてよくそんな行動できるよね」と更に悪い方向になりました。どうやら、私が妻からの連絡も入らないように、携帯の電源も切ったために、自分が帰ってこないと思ったようです。後から何度か謝りましたが、結局何かをしようとすればするほど、悪い方向にしかいきません。仕事でよく遠征に一緒に来てくれたり、また子供ができてからは、家で何ヶ月も待ってくれたり、頑張ってくれたと思います。現在はチームのトレーナーとして、チーム遠征の時には一緒に行くようなことをしています。妻には溜まっている物もあるのかもしれませんが、それでも夫婦二人でいる間は一生懸命にできることをやってきました。今は色々な事が絡んで悪循環になっているようで、とても困っています。ぜひ、相談にのっていただきたいと思います。宜しくお願いします。ブログランキングに参加しています。良かったらポチっとしてくださいね。皆様の応援でこのブログをもっと盛り上げられたらと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。 大塚麻由実のカウンセリング予約方法■カウンセリングの料金・相談内容について■カウンセリング予約フォームはこちら (24時間受付)■夫婦カウンセリングの詳細へ(ご夫婦でカウンセリングを行います)■ホームページはこちら

  • 25Sep
    • 相談事例「妻との向き合い方をどうしていけばいいのかわからない」

      ご依頼者様:夫家族構成 :夫(46歳)       :妻(48歳)       :長男(19歳)       :長女(15歳)       :次女(11才)結婚後数年がたち、当初は優しかった妻ですが、年々怒ることが多くなり、私は妻に対して恐怖を感じてしまい何も言えなくなってしまっています。妻は再婚で私との実子は三女のみです。私の考えは夫婦とはお互いに理解、尊重して助け合っていきたいと思っています。しかしながら、夫婦喧嘩をする度、妻が怒り、話を聞いてもらえなかったり、事実を認めない感じになってしまって、次第に事実とは異なる事を言い出したり(話を変えたり、誇張したり)、そうなってしまうと、私はパニックになって何も考えられない様になってしまうのです。今までは、少しでも妻の負担を軽くして、楽をさせてあげたいと、家事育児にも積極的に参加し、子供の行事にも参加をしてきました。しかし、私が最近考えてしまう事は、私自身の考えた行動が、妻を怒らせない為、機嫌を取る為の行動になってきているのではないかという事です。これから妻に対して、どう向き合って行ったら良いのかとても悩んでます。ブログランキングに参加しています。良かったらポチっとしてくださいね。皆様の応援でこのブログをもっと盛り上げられたらと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。 大塚麻由実のカウンセリング予約方法■カウンセリングの料金・相談内容について■カウンセリング予約フォームはこちら (24時間受付)■夫婦カウンセリングの詳細へ(ご夫婦でカウンセリングを行います)■ホームページはこちら

  • 15Aug
    • 相談事例「夫が別居を希望しているが今まで通り家族で暮らしたい」

      ご依頼者様:奥様家族構成 :夫(35歳)       :妻(34歳)       :息子(6歳 )夫の転職と共に家の売却を行い、近くの賃貸マンションに引っ越しました。仕事も変わったばかりでの新生活でストレスも多少ありました。夫の仕事はかなり多忙で配属後はほとんど毎日夜中の2時、3時の帰宅が続いておりましたし、また、今の職種が初めてだったので大変そうでした。それまで小さい喧嘩はありましたが、次の日まで引きずることはありませんでした。しかし今年に入ってからはさらに喧嘩も多くなりました。多忙な事はわかってはいましたが、やはり帰宅してからの夫の態度や、イライラしている様子に反発してしまい、私も細かいことをグチグチ言ってしまったり、強い口調になってしまったりしていました。もともと、家のこともあまりやりたがらない人だったので、疲れていればダラダラと寝ていたり、早く帰ってもスマホをずっと見ている状況。その後、新居を購入する話が出て、そのために探し始める中で大きな喧嘩がどんどん増え、あまり感情的にならない夫も大きな声をあげるようになりました。しかし、候補の物件を内見に行き正式に決めた後になって夫から別居の話を持ち出されてしましました。夫の言い分は「一緒に暮らしてるから色々できない所があってお互いにイライラする。別々に暮らして週末に会った方がいいと思う。親(夫の親)も息子を甘やかしてよくない。」との事だでしたが、新しく家も決めたのにそういうのは嫌だと私の今までのことを色々と謝りました。そして新しい家で生活をしていきたいと伝えました。しかし、夫は一人になりたいと言いながらも次の日に来たり、息子は自分がみるからなどと勝手なことを言ったりと支離滅裂な行動になってきました。今の仕事の状況で息子を育てていくなんて私にも無理な話で、ただ思いついたままにそうしたいからと言ってきているとしか思えず、双方の親にも相談するがやはり別居して話し合うことと、その状態を長引かせない方がいいと言われてしましました。私としては、もちろん私にも悪いところがあったし、セックスレスの問題や理解が足りない点をかなり考えさせられました。夫も転職してから人が変わってしまったようで、前の夫のように戻って欲しいとも思うし、それろももう無理なのかとも思ってしまう。息子と2人でどうしていったらいいのだろうかと不安でたまらないし、自分がどうしたらいいのか本当にわからなくなってしまいました。どうしたらいいのかぜひとも力を貸して欲しいと思います。宜しくお願いします。ブログランキングに参加しています。良かったらポチっとしてくださいね。皆様の応援でこのブログをもっと盛り上げられたらと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。 大塚麻由実のカウンセリング予約方法■カウンセリングの料金・相談内容について■カウンセリング予約フォームはこちら (24時間受付)■夫婦カウンセリングの詳細へ(ご夫婦でカウンセリングを行います)■ホームページはこちら

  • 20Jul
    • 相談事例「離れてしまった妻との距離を縮めたい」

      ご依頼者:ご主人家族構成:夫(44歳)      :妻(36歳)私は44歳、妻は36歳です。私の親族構成は母親(養母)86歳のみです。私は温和でのんびり屋だと思っています。それに対して妻は逆に短気な性格です。私は4歳のときは母親を亡くし、祖母の家で小学校卒業まで育ちました。父は再婚し、今の母親とは中学生から育ててもらいました。母親は80歳を超えていますが、年齢よりもかなり若い印象で、現在一人暮らしをしています。私たちに干渉することもほとんどありません。私は都内のある施設の事務員として、すでに15年ほど勤めています。妻は栄養士で、4年ほど前に他の施設から異動してきて職場で知り合いました。3年ほどの交際の後、入籍しました。昨年の結婚したあと、関係は良好だと思っていました。その後、同じ年の暮れに私ががん宣告を受けて、手術の予定が決まっていたのですが、直前に誤診がわかり結局、手術は行われませんでした。それ以来、妻の態度が以前より距離を置くようになったように感じました。最近になって聞いたのですが、やはり毎日落ち込んでる私を見て頼りないと思っていたようです。このことをきっかけに他にもすれ違いがあり、さらに溝ができてしまったようです。現状などはまた相談のときに詳しく話させていただけたらと思います。ブログランキングに参加しています。良かったらポチっとしてくださいね。皆様の応援でこのブログをもっと盛り上げられたらと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。 大塚麻由実のカウンセリング予約方法■カウンセリングの料金・相談内容について■カウンセリング予約フォームはこちら (24時間受付)■夫婦カウンセリングの詳細へ(ご夫婦でカウンセリングを行います)■ホームページはこちら

  • 15Jun
    • 相談事例「夫の浮気とそこからくる疑心暗鬼」

      ご依頼者様:奥様家族構成夫(32歳))妻(30歳)私と夫は学生時代からの長い付き合いで、3年前に結婚して一緒に暮らし始めました。たまたま夫のスマホ画面から入力の予測変換に女性の名前が見えたので不審に思い、スマホを本人のいないところでのぞくと私の知らない女性と連絡をとっていることがわかりました。その場で謝罪はありましたが、仕事用の夫のスマホにまた別の女性と連絡をとっている形跡がありました。ここで私の夫に対する信頼はすっかり崩れてしまい、夫からは謝罪がありましたが、嘘をつかれたことが衝撃で謝罪の意を形にして欲しいと頼みました。離婚について一旦は考えましたが、結論として離婚するつもりはない、という意を伝えると、スマホはいつでも見ていいという約束をしました。それからしばらく私は悲しさと怒りでいっぱいで、仕事中の夫に自分の気持ちを吐き出したり、またひどく攻撃的に責める内容を連続で送信したりしてしまいました。ですが、夫からは謝罪の件の話がないので尋ねると、忘れていたとの返事で忙しいとはいえ悲しくなりました。ですが、とりあえず、手紙という形で謝罪の意を表してくれました。しかし私の辛さは解消されず夫を責める事をやめられなく、スマホを頻繁にのぞくようになり、再び夫が出会い系に課金していたことをきっかけに怒涛のラインをまたもや送ってしまいました。そこで今度は夫の心が折れてしまい、私を幸せにできる自信がない、自分自身の気持ちがわからなくなったなどの返答がありました。責め立てる内容ではなく「つらい、悲しい」という気持ちを伝えることは大丈夫かと思ったのですが、それすらも責められている気分になるといわれました。私は苦しい気持ちから解放されたく、また夫を責め続けることもやめたいです。しかし夫を心から信頼していたのに、裏切られたかと思うと胸が張り裂けそうという気持ちから離れる事ができません。このままだと夫の気持ちも私から離れてしまうと思います。どうしたらいいのでしょうか?ブログランキングに参加しています。良かったらポチっとしてくださいね。皆様の応援でこのブログをもっと盛り上げられたらと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。 大塚麻由実のカウンセリング予約方法■カウンセリングの料金・相談内容について■カウンセリング予約フォームはこちら (24時間受付)■夫婦カウンセリングの詳細へ(ご夫婦でカウンセリングを行います)■ホームページはこちら

  • 06Jun
    • 相談事例「産後クライシスによる、関係悪化からの脱却」

      ご依頼者様:ご主人家族構成:夫(45歳)    :妻(39歳)    :長男(9歳)いわゆる産後クライシスによる、妻との関係悪化や妻からの愛情欠如に関する相談です。子供は9歳の男の子がいます。私は45歳で、妻は39歳です。第1子を出産後まもない育児の時に、ちょうど私の仕事が忙しく、あまり育児に関われなかった事が原因で関係が悪化しました。妻としては、信頼して恋愛結婚した相手に、人生で一番大事な時に、何も手伝ってもらえなかったということがひどくショックを受け今でもそれが忘れられずにひきずっており、それが原因で私への愛情がほぼなくなり、子供がいるから、なんとか夫婦関係を維持している状態だと言ってきました。その後、どうにか関係は落ち着きを取り戻し一時のひどい状況の時ほどではなく、日常会話程度のことはあります。ただ、その関係が悪化した時からセックスレスは当然ながら、肌も触れ合うのも嫌みたいで、家の中での近くに行こうものなら、肌が触れまいと過剰によけられたり、他にもいろいろと拒絶されている状態です。それが私は大変ショックであるという事と、セックスレス解消や夫婦としての日常を回復してほしいと妻に伝えました。そして、これまでも二人で関係改善のための話し合いをしてきましたが、なかなか改善する傾向が見られない状態でした。私も結構、精神的に限界でしたので、今年の春先からカウンセリングに通いました。最初は私一人でカウンセリングを受けたところ、カウンセラーの方がその状態であれば、奥さんに何度かおひとりでカウンセリングに通ってもらえれば、改善すると思いますよと言われ、妻を説得して、妻一人で何回かカウンセリングに行かせましたが、改善するどころか、逆に悪化してしまいました。そこで、今回、改善する可能性の高い別のカウンセラーを探しているところで、大塚様なら、何か良い改善策を提示してもらえるかもと思いご連絡した次第です。宜しくお願いいたします。ブログランキングに参加しています。良かったらポチっとしてくださいね。皆様の応援でこのブログをもっと盛り上げられたらと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。 大塚麻由実のカウンセリング予約方法■カウンセリングの料金・相談内容について■カウンセリング予約フォームはこちら (24時間受付)■夫婦カウンセリングの詳細へ(ご夫婦でカウンセリングを行います)■ホームページはこちら

  • 25Apr
    • パートナーに手紙を書いてみませんか?

      結婚して何年か経つと一緒にいるのが当たり前で良くも悪くもパートナーが空気や水のような存在になっているということはないでしょうか。誕生日にケーキを買って帰ったり、ちょっとしたプレゼントを贈ったり食事をするといった夫婦は多いかもしれませんが、それでも感謝の気持ちはなかなか伝わらないものです。そして結婚して年数が経てば経つほど改まって感謝や愛情を表現する言葉を発するのがどこか気恥ずかしくなってしまうことは多いです。「結婚してこんなに一緒にいるのだから妻(夫)は言わなくても自分の気持ちは伝わっているはず」と思ったら大間違いです。そして言葉にするのが苦手なのは一般的に男性、年代が上がるほどその傾向は強くなります。では感謝や愛情の言葉をかけてもらっていないパートナーはどう思っているのでしょうか?誰だって感謝されたい夫が会社に毎日行っていること、妻が料理や掃除などの家事労働、何年も何十年もしているとあたかもそれが当たり前のように感じてしまって改めて「ありがとう」という機会を見逃してしまいがちです。でも急にかしこまって「ありがとう」というのは気恥ずかしい、その上タイミングや言い方によってはきちんと受け取ってもらえないんではないか、という不安もあってなかなか口に出して感謝の気持ちは伝えづらいですよね。そこで直接伝えることが難しい方におすすめしたいのが「手紙」にするという方法です。手紙にはこんなメリットが!まず口に出すのが気恥ずかしいということでも、手紙にすることによって普段はなかなか伝えられないようなことも言えてしまうということでしょう。また、手紙は形として残るのでずっと取っておくことも可能です。ふとしたタイミングで昔の手紙を読み返して、「ああ、あの時はこんなことがあって妻(夫)は感謝してくれていたのか」と思い出を振り返ることもできますね。手紙より手軽なメッセージカード何も便箋にぎっしりと文章を書く必要はありません。「ちゃんとした手紙を書いてみたいけれど、どうも文章を書くのが苦手で…」と思って何もしないよりだったら、短文でもいいので小さなメッセージカードに一筆書くという方法もあります。「いつもお仕事お疲れさまです。ありがとう」といった簡単なことでもいいのでまずは書いてきちんと渡してあげましょう。手紙を渡したことをきっかけにしてお互いの気持ちを確かめあたったり、なかなか言えなかったことも話せるようになるかもしれませんよ。ブログランキングに参加しています。良かったらポチっとしてくださいね。皆様の応援でこのブログをもっと盛り上げられたらと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。 大塚麻由実のカウンセリング予約方法■カウンセリングの料金・相談内容について■カウンセリング予約フォームはこちら (24時間受付)■夫婦カウンセリングの詳細へ(ご夫婦でカウンセリングを行います)■ホームページはこちら

  • 20Apr
    • 相談事例「注意すると逆上する夫」

      ご依頼者様:奥様家族構成:夫      :妻      :子主人と私は正反対な家庭環境のせいか、喧嘩をするととても大変な状況になります。お互いに怒鳴りあってしまうこともあります。主人は怒られたことが今までほぼないので注意すると逆上してしまい、大金を持って何日か家出してしまい連絡もつかず、生存確認もできない状況が何日か続くこともありました。話し合いをしようとしても、こんな人間と結婚したお前が悪いなどと言い出て行ってしまうのです。主人は一度こうなってしまうと子育ても放棄してしまいます。謝ってもいつまでも怒っていて話ができず困っています。こんなことが2年ぐらい前から繰り返しあり、お互いに常習的に繰り返してしまう状態です。私も主人も、カウンセリングの方に是非ともお力を貸してもらった方が良いと思っています。なので、是非、宜しくお願いします。ブログランキングに参加しています。良かったらポチっとしてくださいね。皆様の応援でこのブログをもっと盛り上げられたらと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。 大塚麻由実のカウンセリング予約方法■カウンセリングの料金・相談内容について■カウンセリング予約フォームはこちら (24時間受付)■夫婦カウンセリングの詳細へ(ご夫婦でカウンセリングを行います)■ホームページはこちら

  • 12Apr
    • 相談事例「長年妻を粗末に扱ってきたせいで話を聞いてもらえない」

      ご依頼者様:旦那様家族構成:夫      :妻      :長男      :次男私が家事や育児に非協力的で、妻を家政婦や奴隷のように扱っていました。妻が困ったり嫌がったりしたことを、自分の屁理屈やわがままでゴリ押しし、妻がどうしても手伝ってほしいと頼んできたこともやらず、一方で妻を喜ばせるようなイベントを10年以上1度も企画しておりません。そのため、この2年ぐらいずっと妻が怒っており、話を聞いてもらえない状態です。市役所や近所の相談所で、私一人で相談しましたが、妻にはなぜそんな近所の人にぺらぺら言いふらすのかと注意され、その後は相談に行っていません。妻の怒りは長男や次男のいる前でも向けられるので、子供たちにも良くないと思い、私か妻のどちらかが外出していることが今は多いです。私は妻を大事にしてこなかった、楽しませてこなかったことを反省していますが、妻からは反省せず居座っているようにしか見えないようです。修復どころかどんどん関係を悪化させているので、なんとかしたいのですが、妻は私の話を聞く気がないため前に進みません。先生に是非、アドバイスを頂きたいと思っています。ブログランキングに参加しています。良かったらポチっとしてくださいね。皆様の応援でこのブログをもっと盛り上げられたらと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。 大塚麻由実のカウンセリング予約方法■カウンセリングの料金・相談内容について■カウンセリング予約フォームはこちら (24時間受付)■夫婦カウンセリングの詳細へ(ご夫婦でカウンセリングを行います)■ホームページはこちら

  • 25Feb
    • 思わぬ発見も?!読書で自分を振り返る

      夫婦関係を良くするために、心理学関係の学術書を読んだり、夫婦仲を改善するような実用書を読むことがあると思います。そこで「なるほど」と感じることももちろんありますでしょうし、書いていることを実践して夫婦仲が改善できたのであればとても素晴らしいことですね。ですが、「学術書や実用書に書いているのは理想論で現実的には難しい」と感じている人もおられるのではないでしょうか。今回ご紹介するのは現実にもありふれた、夫婦やカップルを題材にした小説です。妻の超然:著 絲山 秋子第一話目「妻の超然」では妻は夫の浮気に気づき、心の中で毒づきながらも離婚はせず「超然」と生活を続けていく様子が描かれています。その描写は世の既婚女性が少なからず感じたことのあるようなものばかりで共感する部分も多いと思います。ですが、とある出来事がきっかけでドライで冷え切った夫婦関係が少し変わってきます。妻は最終的に自分が怠慢であったことに気づくのです。パートナーに対して不平不満ばかりを訴えて、きちんと相手に向き合わなかった、相手のことを真剣に考えてこなかった方は「どきり」としてしまうのではないでしょうか。実用書の一節で「パートナーのことを真剣に考えましょう。」などと言われても、ピンとこなかった方でも小説を読む進めるうちに、主人公に自分を重ねたり自分たち夫婦について改めて考えるきっかけになるかもしれません。「下戸の超然」こちらは下戸の男性と酒飲みの彼女のカップルの価値観の違いについて描かれています。「妻の超然」同様どこにでもあるような話しですが、このような男女の価値観の違いは往々にしてあり、結婚を考えているカップルは気になる話題だと思います。物語のカップルは価値観の違いから喧嘩別れしてまったことを思わせる終わり方をしています。第三者的に見ると「結婚前だし価値観の合わないまま結婚するのは得策ではなかったかもな」とも思えます。小説の物語を通しての疑似体験この作品問わず、読書によって「こんな場面だったら相手はどう感じるか」と考えたり「こういう状況のときこんな風に感じる人もいる」という想像力を身につけるのに役立つも部分があります。読書は自分ひとりでは気づくことのなかった、考え方、視点にふと気づかされるという点でも有効です。今回ご紹介した「妻の超然」は一例ですが、「いつもパートナーを疎んでしまっている」「自分の価値観が絶対的だと思っている」ちょっとでも、あてはまった方手に取ってみてはいかがでしょうか。最後に、色々な情報があふれているけれでも、あまり見本や、参考とかに左右はされないほうがいい。自分たちは自分達のやり方があるという姿勢は欲しいですね。ブログランキングに参加しています。良かったらポチっとしてくださいね。皆様の応援でこのブログをもっと盛り上げられたらと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。 大塚麻由実のカウンセリング予約方法■カウンセリングの料金・相談内容について■カウンセリング予約フォームはこちら (24時間受付)■夫婦カウンセリングの詳細へ(ご夫婦でカウンセリングを行います)■ホームページはこちら

  • 03Dec
    • 先生に相談後、アドバイスしていただいた事を実行しています。

      価格  :23,760円評価点 :90点地域  :東京都性別  :女性子供  :あり年代  :30代職業  :会社員サービス:個人カウンセリング先生に相談後、アドバイスしていただいた事を実行しています。麻由美先生、連絡していただきありがとうございます。先生に相談後、アドバイスしていただいた事を実行しています。現在はどうしているかというと、私は夫を受け入れる努力をし、なるべくうまく事が運ぶように女優的なものの言い方を心掛け、それが少しは効果があったのか、夫も段々穏やかになってます。また、夫も少し考えを変える努力をしてくれている様です。喧嘩は今後もあるとは思いますが、おかげ様で以前よりかなり自分が幸せなんだと感じられるようになりました。最近では二人だけで映画を見たりできるようになりました。以前ならあり得ません。先生に相談させていただきあんなに辛かったのが嘘のようです。今までは何だったのでしょう。本当に良かったです。感謝です!! ありがとうございました。ブログランキングに参加しています。良かったらポチっとしてくださいね。皆様の応援でこのブログをもっと盛り上げられたらと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。 大塚麻由実のカウンセリング予約方法■カウンセリングの料金・相談内容について■カウンセリング予約フォームはこちら (24時間受付)■夫婦カウンセリングの詳細へ(ご夫婦でカウンセリングを行います)■ホームページはこちら

  • 20Nov
    • 相談事例「好きではなくなった夫と離婚したい」

      ご依頼者様:奥様家族構成 :夫       :妻       :子(3人)今年の3月に相談させていただきました。その後また困った状態になっているので相談したいです。5月に2回、夫と話し合いました。私が不満に思っている、夫婦の会話のなさ、性的関係のなさについてです。改善されなければ、子供を連れて出て行くことも考えていると話しました。夫は反論し、私も聞きましたが、話し合いは深まらず、漠然と改善しようということで終わりました。その後あまり変わらず、私と夫との会話はほとんどない状態です。一方、もう1人の彼とは続いています。お互い職場は変わりましたが、月に二度ほど会っています。これは夫には気づかれていません。相手は、私と一緒になりたいと言っています。そして、先週、夫に話しました。離婚を前提に来年度から別居してほしいこと、子供は3人全員連れて行きたいこと、裁判や調停はしたくないので話し合いで決めたいこと、などです。もちろん、彼のことは話していません。夫は1週間考えて、きのう、子どものために別れたくないと言ってきました。自分に至らないことがあった、反省している、直すから別れたくないとのことでした。でも、私は、夫は変わらないし、もう遅いと感じています。夫は、子どもが大きくなるまで我慢してほしいとも言っていました。子どもにかわいそうなことをするか、好きでない夫と我慢して暮らして行くか、とても悩んでいます。ブログランキングに参加しています。良かったらポチっとしてくださいね。皆様の応援でこのブログをもっと盛り上げられたらと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。 大塚麻由実のカウンセリング予約方法■カウンセリングの料金・相談内容について■カウンセリング予約フォームはこちら (24時間受付)■夫婦カウンセリングの詳細へ(ご夫婦でカウンセリングを行います)■ホームページはこちら

  • 05Nov
    • 相談事例「妻がDVシェルターに入ってしまったようです。妻とは離婚したくありません。どうしたらいい

      御依頼者様:ご主人家族構成:夫(32歳)      :妻(29歳)      :長女(5歳)      :次女(1歳)妻と喧嘩をして、家のテレビや窓ガラスなど物を壊して暴れてしまいました。それは、自分がマンションを買って、日々、仕事のストレスもあり、それでも頑張っているのに、喧嘩の時に離婚という台詞をいわれ、全て家族のために頑張ってきたのにと思ったら、だったら自分が壊してやるよという気持ちになってしまったからです。その日はそのまま外へ行き、帰って落ちついてから謝り仲直りをしました。しかしその数日後、荷物をまとめて自分がいない間に子供を連れていなくなってしまいました。携帯に電話をしても出ません。そしてその次の日に警察から呼び出しがあり、奧さんはもう警察の管轄外にいる、離婚を希望していて、次に話が出来るときは第三者を通してということになると言われました。色々と調べたらシェルターにはいっているのだと言うことがわかりました。弁護士がもう付いているのだと思いました。妻は離婚するつもりなのでしょうか?携帯のLINEも既読になりません。たぶん、取り上げられているのだと思います。僕は子供と妻を愛しています。2度と同じ事は繰り返しません。家の中もきちんと直しました。今まで、こんなふうに暴れたことはありません。ですが、もう妻と会うこともできないのでしょうか?何もすることができないのでしょうか?どうしたらいいのかわかりません。助けて欲しいと思っています。ブログランキングに参加しています。良かったらポチっとしてくださいね。皆様の応援でこのブログをもっと盛り上げられたらと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。 大塚麻由実のカウンセリング予約方法■カウンセリングの料金・相談内容について■カウンセリング予約フォームはこちら (24時間受付)■夫婦カウンセリングの詳細へ(ご夫婦でカウンセリングを行います)■ホームページはこちら

  • 02Nov
    • 相談事例「里帰り出産中に夫が浮気をしていました」

      ご依頼者様:奥様家族構成:夫(35歳)      :妻(34歳)      :長女(5歳)      :長男(4ヶ月)結婚後6年ほどたちますが、最近夫の態度が以前より私にきつく当たるようになりおかしいと思い、もしかして浮気でもしてるのではと思い、問いただすと、会社の年下の女性と、何回か関係をもち出産前まで関係が続いていたと告白してきました。会った日数はよく覚えていないが、私が出産で里帰り中だったときのみだったと言っていました。出産後に私が帰ってくるので終わりにしたいと夫から話し、連絡先も消去してその後は連絡を絶っていと言っていました。しかし、少しは好意があったと言っており、どうしても相手のことが知りたくて、夫に聞いても、皆が不幸になるだけだから言わない。(ただ、相手の名前を言わないのは相手も庇うというより、自分の保身が大きいと思いました)ただ、その後、さらに夫の様子がおかしいので聞いてみたところ相手の女性が妊娠しているようでした。こんな状態の中、私も感情的になり、怒ったり泣いたりしました。現在も体調がすぐれない部分もあります。ですが、夫は離婚したくないと言います。以前、夫からこう言われたことがありました。「俺が何か言うとすぐ反発する、だから何も言いたくない」また、「もっと誉めてほしい」、「男は子供なんだから甘やかせてほしい」「俺だって仕事で疲れている」「部屋の隅で霞や埃食べて生きてくよ」などと言われるなど、夫を尊重することができていなかったのではと思いました。今回不倫された件はやった夫が100%悪いですが、私にも落度はたくさんあります。ですが、私への最終通告と思って、接し方変えなければと思ってます。夫はまだ好きだから離婚したくないと言います。私もまだ夫が大好きです。ですが、不倫された心の傷と相手が妊娠しているということで、本当に、今は何をやり、どのようにしていったらいいのかさえわかりません。お願いします。どうか相談にのっていただきたいと思います。ブログランキングに参加しています。良かったらポチっとしてくださいね。皆様の応援でこのブログをもっと盛り上げられたらと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。 大塚麻由実のカウンセリング予約方法■カウンセリングの料金・相談内容について■カウンセリング予約フォームはこちら (24時間受付)■夫婦カウンセリングの詳細へ(ご夫婦でカウンセリングを行います)■ホームページはこちら

  • 31Oct
    • 面会交流権について

      ご夫婦が離婚された場合、お子様はいずれかの元に引き取られることになります。この場合に、親権を得なかった側の親が、お子様と交流することを面会交流といい、その権利を面会交流権といいます。面会とはいいますが、直接の対面だけではなく、メールや手紙等による非対面でのコミュニケーションも含みます。面会交流権については民法の766条1項に規定があり、「父母が協議上の離婚をするときは、子の監護をすべき者、父又は母と子との面会及びその他の交流、子の監護に要する費用の分担その他の子の監護について必要な事項は、その協議で定める。この場合においては、子の利益を最も優先して考慮しなければならない。」と定められています。この権利が、子の権利なのか、親側の権利なのか、その両方なのかについては様々な見解があるようです。ただし、あくまでもそれは法律的な見地に立った場合のことで、離婚したといえども親として、離れていてもお子様が愛情を実感でき、健全な人格形成を促すための時間にすることが大切です。お子様にとっても大切な権利であるとの考えから、たとえ親同士の関係性が著しく悪かったとしても、親権を持つ側の親から一方的に面会を拒否するような取り決めは無効となります。逆に、正当な理由(暴力や連れ去りの懸念があるなど)により面会交流を拒否された場合においても、子供に会えないならば養育費を支払わないということは認められません。養育費は親の義務であるからです。実際の面会交流の取り決めについては、様々な条件を定め、その時々のお子様の状態を見ながら慎重に進めていくことになります。取り決めるべき項目は、・回数(月に○回、など)・面会方法(子供だけで会う、同居している方の親が立ち会う、など)・時間(1回あたり2時間、長期休暇時には2泊3日、など)・その他(場所、プレゼントの有無や金額、引渡し方法、など)これらは後で問題にならないよう、口約束ではなく、離婚協議の際に明文化しておくことが重要です。お子様によっては、離れている親に会いたくないということもあるかもしれません。その場合、特に気をつける必要があります。子供なりに、同居している親への気遣いから、「会いたくない」という場合もあるからです。別れていても二人ともあなたの親であり、あなたのことを愛している、という気持ちを伝えましょう。一度は心を通じ合わせたご夫婦であっても、様々な理由から別々の道を選ぶということもあります。その場合に、ご本人同士と同じく、あるいはそれ以上に大きな影響を受けるのがお子様です。たとえお互いの間でどのような感情があったとしても、二人ともお子様にとっては大切な親であることは変わりません。面会を拒否するべき理由がないのであれば、お子様が二人からの愛情を感じながら成長していけるよう、積極的に面会の機会を設けましょう。ブログランキングに参加しています。良かったらポチっとしてくださいね。皆様の応援でこのブログをもっと盛り上げられたらと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。 大塚麻由実のカウンセリング予約方法■カウンセリングの料金・相談内容について■カウンセリング予約フォームはこちら (24時間受付)■夫婦カウンセリングの詳細へ(ご夫婦でカウンセリングを行います)■ホームページはこちら

  • 23Oct
    • 私の言動を全て悪く受け取る夫

      結婚して2年になり、1才の子供がいます。私が育休明けて仕事に復帰してから夫婦関係が悪化し、口論が多くなりました。別居や離婚の話も出ています。原因はなんとなく分かっているのですが、どう対応していいか分かりません。夫は私の言動に対してすぐにキレたり、機嫌が悪くなります。私の発言をネガティブな方向へ自動変換して受け止めているようです。先日、冷静に話合いをして夫の考えが分かりました。私の口の利き方がカンにさわったり、すぐに言い訳したり、自分の正当性を主張する方向にもっていくことが嫌なのと、子育ての方針を決める際に自分の意志を押し通して夫を軽んじていると感じていたようです。決してそんなことはないと思うのですが…。原因は分かったのですが、どう対応していいかわかりません。ブログランキングに参加しています。良かったらポチっとしてくださいね。皆様の応援でこのブログをもっと盛り上げられたらと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。 大塚麻由実のカウンセリング予約方法■カウンセリングの料金・相談内容について■カウンセリング予約フォームはこちら (24時間受付)■夫婦カウンセリングの詳細へ(ご夫婦でカウンセリングを行います)■ホームページはこちら

  • 22Oct
    • 離婚不受理届について

      離婚不受理届について離婚協議中のご夫婦で、一方のみに離婚の意思があり、もう一方は離婚したくないといった場合があります。離婚届自体の提出はそもそも本人である必要がなく、また本人確認がされるわけでもありません。全ての筆跡がまったく同じであるなど、あまりにもあからさまな偽造や、内容に不備がなければ受理されてしまいますので、離婚を望まない側とすれば、「勝手に離婚届を出されたらどうしよう」と不安になってしまいますね。そんなときに役立つ「離婚不受理届」についてお話します。離婚不受理届を提出するケース上記のように、ご夫婦の一方が離婚を望んでいないという場合が代表的です。あるいは、離婚自体には同意していても、様々な条件面での折り合いがついていない状態で、話し合いが決着するまでは離婚したくないというケースも考えられます。そのほか、あまり考えにくいことではありますが、ご夫婦は離婚を望んでいないのに、第三者が勝手に離婚届を出してしまう懸念があるということもあるかもしれません。こうした場合に、離婚不受理届を検討することになります。離婚不受理届の提出方法離婚不受理届はどこの役所でも入手することができます。ただし、受理されるのは届出者の本籍がある役所となりますので、他の役所で提出した場合、受理されるまでに数日の時間差ができてしまいます。その間に離婚届が提出されることもあるので、本籍地で直接提出することが望ましいでしょう。また、届けの性質上、届出者本人が提出する必要があります(もちろん夫婦がそろっている必要はなく、一方のみで大丈夫です。)必ず本人確認書類を持参しましょう。記入する項目は少なく、簡単な内容ですので、問題なく提出することができると思います。届出の有効期間は、取り下げるまでとなります。離婚不受理届の有効範囲気をつけるべきこととしては、離婚不受理届が有効なのは、あくまで協議離婚の場合のみで家庭裁判所を通して裁判により決定された離婚については、不受理届は無効となります。これは、裁判離婚については、離婚届を出す以前に既に離婚が成立していると考えられるからです。逆に言えば、裁判で決定した離婚を不受理届で妨害されることはないということです。最後に離婚不受理届は、勝手に離婚届を提出されることを防ぐものですが、お互いがきちんと話し合いのテーブルにつくことができていれば、届出の必要はないものです。夫婦の間で突然離婚という話が出てくると心が不安になり、なにかしなければと思ってしまうかもしれませんが、まずは相手と向き合い、話をすることが大切です。その上で、どうしてもといった場合に検討されてはいかがでしょうか。ブログランキングに参加しています。良かったらポチっとしてくださいね。皆様の応援でこのブログをもっと盛り上げられたらと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。 大塚麻由実のカウンセリング予約方法■カウンセリングの料金・相談内容について■カウンセリング予約フォームはこちら (24時間受付)