撮影者 中野耕司

 

「目標がはっきりすると楽しくなる!!」

『どんなに小さなことでも、目標が見つかると動きやすくなる。

目標を決めて、楽しく進んでいこう』

こんにちは。office ヒロセ代表の広瀬まりです。

「今年は、ピアノに挑戦しよう!」

「3ヶ月後には、3キロ痩せよう」

「今日は、掃除を頑張ろう」といろいろな目標を立てて頑張っていることはありますか?

 

目標がはっきりしていると、それに向かって邁進することで、ワクワクして楽しくなります。

 

どんな方法で進めば良いのかと迷ったり、壁にぶつかったりすることもありますが、それは、目標に到達するために進んでいる証拠なのです。

迷いや目の前の壁を乗り越えることで、充実感や達成感を感じられるのですから、その道のりも苦しいばかりではないはずです。

 

振り返って考えてみると、辛いと思っていたことも笑い話になることは、よくあることですから、目標を立てて、それに向かって進んでいけるのは、楽しくて幸せなことなのです。

 

逆に、目標がなくなり、どう動いて良いのかがわからない時は、先の見えない不安との戦いで、やる気がなくなってしまいがちです。

何をやっても、虚しく感じたり、そもそも、動くこと自体が億劫になってしまい、ボーッと時だけが過ぎる結果にもなりかねません。

 

「目標がなくても頑張っている」と言われるかもしれませんが、それは、本当に楽しく頑張っているのでしょうか…

 

実は、最近、「私、楽しく頑張っていなかった」と気づいたのです。

 

どういうことかというと…

 

ここ一年くらいは、世の中の状況から、コンサートやイベントが開催できない日が続いていますが、今できることを頑張っていこうと思い動いていました。

 

生徒さんから要望のあった、DVDを作ったり、新しいCDの制作に入ったり、リモートレッスンを開始したり…

その都度、スタッフと相談しながら、楽しく企画し動いていました。

それは、本当に楽しくて、充実した時間だと感じていました。

 

が!!

 

依頼されていた4月3日の「花まつり」の開催が決定し、ワークショップの準備をしたり、1年延期していた喫茶店コンサートの打ち合わせに行き、6月20日に開催することが決まったら「体と心のスイッチオン!!」という感じになったのです。

 

コンサートの開催が決まる前でも、開催に備えて、その時に使いたい新しい曲を聴いて練習をしていましたが、なかなか覚えられませんでした。

それなのに、コンサート開催の日にちが決まり、目標が見えた途端、スーッと曲が頭の中に入ってきて、拾いにくかった細かい音も、すんなり拾うことができるようになったのです。

 

それに、いつも楽しくレッスンすることを心がけているサークルや講座、リモートレッスンですが、さらにテンポよく楽しくレッスンしている自分に気づきました。

 

そう感じた時、「目標がはっきりすると、本当に楽しく頑張れる。」と思ったのです。

それまでが楽しくなかった訳ではないけれど、「楽しく頑張らなければ」と言い聞かせて頑張っていたのではないかと思いました。

 

だとすれば、日々の小さな目標を決めて、それに向かって頑張る癖をつければ、いつも楽しく頑張れると言うことになります。

 

とは言っても、毎日毎日、目標を立てて頑張り続けるのは大変です。

目標を立てることで、楽しく頑張れることを心に留めて、小さな目標を立てながら、笑顔で進んで行けると良いですね。

 

広瀬まりの一つの成分は、「目標を立てて楽しく頑張る」

そんな成分で、広瀬まりはできています。

 

「目標を見つけると、あっという間に成長する」に続く

詳しくは http://oh0202.biz/74237/?p=5535&fwType=fb&blog=6739