「時には落ち込むけれど…」

『人間だから、元気な時も落ち込む時もある。

落ち込んだ時は、ステップアップのヒントになる』

こんにちは。office ヒロセ代表の広瀬まりです。

どんなに元気な人でも、落ち込む時はあります。

生きているのですから、元気だったり落ち込んだりと、波があるのは当たり前です。

 

物事が順調に進み、楽しいことがたくさんあれば、心も体もウキウキ元気になれるし、反対に、何をやっても上手くいかない時は、自分はダメな人間じゃないのかと落ち込んでしまいます。

 

落ち込ま無いように頑張ろう!なんて無理なことですから、落ち込んだ時は、しばらくその気持ちを味わうと良いのです。

泣いても良いし叫んでも良いし、とにかく、その気持ちを我慢しないで、表してみるのです。

そうすると、案外早く気持ちが落ち着きます。

 

そういえば、私の母は、落ち込んだ時や嫌なことがあった時は、菜箸やおたまで鍋を叩いて叫んでいました。

それが終わると、何事もなかったように食事の準備をしていました。ww

 

そんな風に、自分なりの気持ちの切り替え方を見つけて、落ち込みから復活することができれば良いのですが、そんなに簡単に切り替えられないこともあります。

そんな時は、少し気持ちが落ち着いたら、自分の心の動きに向き合ってみるのです。

 

言われたことで落ち込んだのであれば、どんな言葉で、どんな気持ちになったのか、それを考えていくうちに、自分の弱い部分に気づくことができます。

何かができなくて落ち込んだ時も同じです。

できなくて、どう感じたのか、そうならないようにするためには、どうすれば良いのか…

はっきりとした答えが見つからなくても、考え方の癖やパターンに気づくことができます。

 

そうです。

落ち込んだ時は、次にジャンプアップするためのヒントが隠されているのです。

 

私も、先日、友人の一言で、ドーンと落ち込んでしまいました。

友人と仕事の話をしている時、深く考えていなかったことを質問されて、それについて考えてみたものの答えが出せずにいると「その方法じゃなくても良いし」と言われたのです。

 

その言葉に、今までやってきたことを否定されたような気持ちになり、涙が出てきてしまいました。

少し冷静になって考えれば、否定されたわけではないことはすぐにわかりましたが、なぜ、ドーンと落ち込んでしまったのかを考えました。

 

すると、友人の言葉の前に、私自身が投げやりな言葉を発して言いたことを思い出しました。

その言葉を受けて、友人は、「色々な方法があるんだよ」という意味で言ってくれていたのに、自分の投げやりな言葉に、投げやりな言葉が返ってきたのだと思ったのです。

 

そして、なぜそんな風に意味を取り違えたのかを考えると…

自分の甘えた気持ちに気づきました。

多分、投げやりな言葉に対して、慰めてくれる言葉を期待していたのです。

 

予想外の言葉に、裏切られたような気持ちになり、友人の言葉を素直に受け取れなかったのです。

このことで、自分の考え方の癖の一つがわかりました。

 

人ですから、落ち込むこともあります。

でも、そこで気づいたことが、ステップアップのヒントになると考えれば、落ち込むことも大切だと思えます。

 

たくさんの気づきで、自分をブラッシュアップして、進んでいけると良いですね。

 

広瀬まりの一つの成分は「落ち込んだ時は、ステップアップのヒントになる」

そんな成分で、広瀬まりはできています。