オフィスコンビニ Mr.ペンドリーのブログ

オフィスコンビニ Mr.ペンドリーのブログ

オフィスコンビニの公式ブログです。
Mr.ペンドリーが、防災に役立つ情報や、商品情報、
オフィスで発見されたMr.ペンドリーの仲間たちのお話などをご紹介します!


テーマ:

こんにちは!
会社にいながらコンビニ&防災備蓄のオフィスコンビニ、Mr.ペンドリーです。

11月も今日まで。
明日から平成最後の師走ですね。

お仕事を頑張る皆さんは、12月は仕事納めに向けて忙しくなるだけではなく、忘年会もたくさん入ってきて体も心もお疲れの方が増える時期です。

健康第一で頑張ってくださいね!

疲れた時に皆さんが少しウキウキできるような、オフィスコンビニペンドリーのおすすめドリンクがこちら!


サンガリアの『つぶつぶ入りナタデココ白ぶどう』です!


すっきりとした味わいと、白ぶどうの香りが美味しいジュースには、たくさんの小さなナタデココが!

のど越しさわやかで、不思議な食感がたまりません。

疲れたなぁ、いつもと違う少し甘い感じのものが飲みたいな……と思った時は、オフィスコンビニの冷蔵庫からぜひこちらを。

ちょっと楽しくなる1本です!


OC Mr.ペンドリー


テーマ:

こんにちは!
会社にいながらコンビニ&防災備蓄のオフィスコンビニ、Mr.ペンドリーです。

寒さも本格化してきて、周りには風邪ひきさんをたくさん見かけるようになってまいりましたが、皆さんのオフィスではいかがですか?

体が疲れてきたら、オフィスコンビニのドリンクで、ほっと一息ついてくださいね!

さてさて、今日は様々な災害の疑似体験ができる施設、「本所防災館」のお話です。

 



インストラクターが案内する防災体験ツアーでは、約1時間50分で、シアター+地震・消火・(煙または都市型水害)・(応急手当または暴風雨)の4つの災害が擬似体験できるそう。

無料なのが不思議なくらいの盛りだくさんのツアーです。

大きな地震って、
体感としてどれくらい揺れるものなのか。

昨今当たり前のように起こるようになったゲリラ豪雨で地下に閉じ込められたとき、
水圧のかかった扉を開けるにはどれくらいの力がいるのか。

秋冬、乾燥の季節に特に気をつけたい火災。
火災に見舞われたとき、
煙から逃げるには?消火活動ってちゃんと自分でできる?などなど。

あらゆる災害を想定した疑似体験や、応急処置の訓練などを受けることができます。

ご家族で、企業の災害対策研修として、ご予約して訪れてみてはいかがでしょうか?

なかなか防災意識が高まらないあの人も、疑似体験して災害を身近に感じることが第一歩かもしれません。

【 見学・体験無料!本所防災館】
東京都墨田区横川4丁目6−6
http://www.tfd.metro.tokyo.jp/hp-hjbskan/

午前9時~午後5時
休館日    水曜日・第3木曜日
(国民の祝日に当たる場合は翌日)
年末年始(12月29日~1月3日)

入館料    無料
問合せ    
東京消防庁本所都民防災教育センター(本所防災館)
TEL. 03-3621-0119 (開館時間のみ)

オフィスコンビニ Mr.ペンドリー


テーマ:

ハッピーハロウィーン!
オフィスコンビニのMr.ペンドリーですぺんぎん

 



今日はハロウィンですねハロウィン
ハロウィンだからといって仮装して出勤するわけにはいきませんが、
上司や同僚の皆さんにお菓子を差し入れしてみてはおばけハロウィン

オフィスコンビニの冷蔵庫の上には、お菓子も用意してありますよ飴



OC Mr.ペンドリー


テーマ:

こんにちは!
会社にいながらコンビニ&防災備蓄のオフィスコンビニ、Mr.ペンドリーですぺんぎん

今年もまた「津波防災の日」がやってきます。

年に一度、いつ起こるか分からない津波災害の備えをしっかり確認しておきましょうペンギン(ブルー)


───津波はなぜ怖い?

3.11以来、
津波の怖さはテレビやネットを通じて皆さん目撃されたとは思いますが、津波は何がどう怖いのか、改めて説明していきましょう。


○波の高さと津波の高さは違う

数十センチの津波も、私たちが知っている波の高さが数十センチとは訳が違います。

津波は海底から海面までのすべての海水が巨大な水の塊となって押し寄せる現象です。

津波注意報
津波の高さが20cmを超える予測
たった20cmでも、人が立っているのもやっと。
歩行は困難になります。

津波警報
津波の高さが1mを超える予測

大津波警報
津波の高さが3m程度を超える予測

木造家屋では浸水1m程度から部分破壊を起こし始め、2mで全面倒壊に至ります。

また、浸水が50cm程度であっても、船舶や木材などの漂流物の直撃による被害の可能性があります。


〇津波の速さは想像以上

津波は深い所ではなんとジェット機並の速さで押し寄せます。
陸に上がってきても、時速約60kmだと言われています。



────「津波てんでんこ」

大きな地震が起きたら、大切なのは「津波てんでんこ」

「津波てんでんこ」とは、津波が来たらただちに各自が全力で逃げる!ということ逃げる逃げる逃げる

その時にもたついてしまわないように、予め家族でどこへ逃げるのか、近くの安全な高台はどこか、何も起きないうちにしっかり確認をしておきましょう。

また、いざというときに一目散で高台を目指す姿が目撃されることで、周りの逃げていなかった人の避難も促すことができます。

凄まじいパワーと速さで迫ってくる津波。
様子を見ていては遅すぎるのです。

家族やお友達、同僚の皆さんと、「津波てんでんこ」の意識を共有しておきましょう。


オフィスコンビニ Mr.ペンドリー


テーマ:

今年は大きな台風や水害などの自然災害が多いですが、
またもや大型で非常に強い台風が現在沖縄本島に接近しています。

日本を縦断する恐れがあり、皆さんが台風に備えておく必要があります。

そこで、今日は台風への備えチェックリストをご紹介しますぺんぎん


<台風への備え>


『窓をガード』
雨戸を閉め、万が一風に飛ばされたものが当たってガラスが割れた時のために、
内側からガムテープを張り、ガラス飛散防止をしておく。
カーテンも閉めておく。

『排水口の掃除をして水はけをよく』
ベランダや家周りの水はけを良くして、豪雨による浸水被害を避ける。

『風に飛ばされそうなものは固定か収納』
ベランダに置きっぱなしの小物やホースなど、室内に収納するかしっかりと固定しておく。

『停電や避難に備える』
災害袋の中身をチェックし、お風呂に水をためておく。
特に持ち出し袋に持病の薬やメガネなど、他で手に入りにくいものはしっかり確認を。
スマートフォンとモバイルバッテリーの充電をフルにしておく。

『連絡手段の確認』
災害時の連絡手段を遠方の家族も含め確認しておく。


さらに台風がまさに来ている時は、外の様子を見に行かない。
家にいても窓を開けない。

窓を開けると吹き込んだ風の逃げ場がなく、
他の窓が割れたり、屋根が飛んだりすることがあるそうです。


まずは沖縄の皆様、くれぐれもお気をつけてお過ごしください。
皆さんに台風の被害がないことを願っております。

オフィスコンビニ Mr.ペンドリー

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス