オフィスケイ

オフィスケイ

女性目線の広告代理店


クライアントさまのカタログやチラシ制作がまたスタートしています。
 
クライアントさまの望みを叶え、お客様の心に届く、沁み入るようなものができるといいなと日々検討中です。
 
そんな中、どうしても行きたかったT-BOLANのライブに行ってきました!
 
T-BOLANがデビューしたのは1991年。ちょうどその頃、結婚、出産、子育てなど忙しい日々を送り、ライブなどには当然のように行けず。
 
それでも私の心に沁み入ってくる曲は、日々の忙しい暮らしの中に自然と溶け込んでいたように思います。
仕事も子育ても家事も全力で過ごしている間に、あれ?気づくと1999年T-BOLANが解散。
 
それが時を経て、2017年、再始動!ありがとう!
 
心因性発声障害という大変な病にも負けず諦めなかった森友嵐士さんに強さ!をもらい。
 
正しい道なのであれば、何事も絶対に諦めてはいけない、改めて心に刻みました。
 
程よい広さのライブ会場での一体感、好きなアーティストを近くで感じられる親近感、気取らず、ファンに歩み寄る心意気、昔と変わらない歌唱力、いや、年齢を重ねた分、厚みを感じる歌声にパフォーマンスは、満足度大‼️
 
ドームレベルの会場で米粒のようなアーティストを、おっきなモニターで見せられるより、何百倍も満足感を得られる瞬間。
 
そしてライブの最後には、次回予定の新しいライブや企画の告知まで!
 
満足感が得られたライブであればあるほど、その後の落差があり、ズドンと下まで落ちる期間があるけれど、次回の予告があると、その落差からも救われる。
 
ライブが終わった後も落ちることなく、気持ちは持続して、むしろ次への期待感で楽しみが増す感じ。
 
最後に写真撮影までオッケー👌とは!驚きでした。
 
帰り道、そうだよね、やっぱり、これだよね。
 
私自身に。
 
1番身近なお客様に心から喜んでもらえるサービスを提供すること。
 
芯をブレずに貫きながら、新しいサービス、期待感溢れる企画を提供する。
 
規模ではない。どんなに大きくて有名でも、そこまで大きくなること自体は、すでに凄いのだけど、それだけでは語れないもの。
 
心に沁み入るようなサービス。
これであれば、きっとファンは離れない。
離れられない。
 
そんなことを学んだライブでした。
 
自身のサービスを通じて、企業様、お客様に満足感、幸福感を感じていただくことができれば、これ最高の幸せ。