オーク銀座歯科クリニックの李ですパンダ

 

前回は姿勢による足への影響を投稿致しました。

今回は足に影響しないような歩き方を皆様に共有致します。

 

一般的にかかとから足指へと着地して踏んでいくと言われますが、かかとで着地と言ってもかかとのどの部分で着地することや、足指の向きによって変わります足

 

かかとの外側で着地して足の親指で踏ん張るとO脚になりやすいし、外反母趾にもなりやすいのです。

 

逆にかかとの内側で着地して足の小指で踏ん張るとX脚になりやすいし、浮指にもなりやすいのです。

 

より足への影響を減らすにはかかとの中心を意識して着地することですOK

足の指は外、内側に向かずにかかとと一直線にするとより足への影響が少ないと考えられます。

 

今までの歩き方を調整するには時間が掛かりますが慌てずにゆっくりと調整してみてください。