裸のニューヨーク -2ページ目

裸のニューヨーク

ユー・ドント・ノウ・ニューヨーク・ザ・ウェイ・アイ・ドゥ...これは私のアンビバレントでパーソナルなニューヨーク・ストーリー。


テーマ:

大分放置していましたが、またポツポツとNYの事を書いて行こうかと思っています。


8月14日から2ヶ月半NYに滞在していました。といってもクイーンズなんですが(苦笑)。クイーンズはNYじゃない、なんて悪口を言う人がいますが、実は私も同感。だってラテン系、インド系、中国系ばかりで、いわゆる

アメリカ人がいない。移民ばっかり。


良く言えばダイバース、悪く言えば第3世界(笑い)。


でもクイーンズ大好き、という人もいましたね。「アグリーベティ」のベティが住んでいるところでもあるし...


さて、今日はオバマ大統領が誕生する事になったのでそれ関連の記事のURLを貼り付けます。


黒人大統領オバマ誕生で黒人とハーレムは本当に「チェンジ」できるのか


テーマ:
3月に元ニューヨーク州知事のセックスのお相手をしたコールガール「クリステン」はニューヨークタイムズに
取上げられたほどだが、日本ではあまり報道されなかった。

ニューヨークの売春事情はと言うと、高級コールガール組織は別格として、かつてはタイムズスクエアや映画「タクシードライバー」の舞台となった14丁目から下のイーストサイドにストリートガール達が立っており、こわごわとそばを通り過ぎる私を「どう、遊んでかない?」とからかうのだった。

今でも8番街にはその手の女性が流しているのだそうだが、昔ほどはっきりそれとわかる派手なファッションはしていないので目立たない。

現在、マッサージパーラー、トップレスバーの裏部屋、マンションの一室の秘密クラブなどで売春行為が行なれるそうで、中にはアジア人専門のクラブもある。日本人男性も利用するという。

私は1981年に、当時話題だった「Plato's Retreat(プラトンの隠れ家)」というセックス・クラブやマフィアが経営する看板のない秘密売春クラブや「ヘルファイア・クラブ」というハードSMクラブを取材した事がある。「プラトンの隠れ家」は、下火になって来ると売春婦を雇ってクラブ内で客とセックスを行なわせていたという。衆人環視の中で見知らぬ相手と性行為をするというアメリカ人の大胆さや大らかさ(?)は到底私などの理解を超えたものだった。
映画「クルージング」の舞台となった「ヘルファイア・クラブ」もレザーを身にまとった男女が下半身裸の姿でムチ打ちをしたり、天井から鎖でぶらさがったりという、実にハードなクラブだった。

また、ゲイの集うクリストファー・ストリートのバーには、意気投合したゲイが即性行為に及べるという「バックバー」がまだあった。こういう放縦な性の生々しい現場もエイズという業病が大流行を見せるに従って廃業、廃止されていった。


テーマ:
クレジットカード 申込


ゴールデンウィークに通貨がドルの国に旅行する方はそろそろドルの手当てやクレジットカードの用意を
してもいいのではないでしょうか?何と言ってもドル安ですから。

NYではデビットカードが便利なので、私はゆうちょ銀行とイーバンクのデビットカードを用意しました。クレジットカードは3枚も持って行けば大丈夫でしょう。いや、4枚?5枚?

あとはドルが80円台に突入したら両替すればバッチリ!

NYのクレジットカードやトラベラーズチェック、キャッシュ、デビットカードの使い勝手について、記事を
書きますのでお楽しみに!

テーマ:
Live at Yoshi’s/Dee Dee Bridgewater
¥10,767
Amazon.co.jp


サラ、エラ亡き後のジャズ歌手でオススメなのがこの人、ディーディー・ブリッジウォーター。30年も前に聴いた時にはあまり個性がはっきりしませんでしたが、今や第一人者ではないでしょうか。ナンシー・ウィルソンはちょっと年齢が高くなってしまいましたし。

ディーディーをカーネギーホールで見たのはもう数年前になりますが、並みいる大歌手の中でも彼女の歌う「フィーバー」はピカいちでした。

それにしてもこのCD、アメリカ・アマゾンでも新品は80ドルから100ドル以上しますね。びっくり。

NYで聴くチャンスがあれば是非聴いてみたい歌手です。でも高いですからね、最近のNYのエンタメは。
裏から入れて~、ディーディー(笑い)。






テーマ:
ヒラリン、ピンチ!

遂に吹き出たか、人種問題って感じですね。個人的にはアメリカ人は黒人差別にタッチー(神経質)すぎると思います。特に白人の発言に対して。黄色人種が言っても見逃される事でも白人に対しては容赦ないような気がしますね。

私は黒人からは何とも言われませんが、アメリカの黒人の現状について話しただけで白人から「君はレーシストだ」と言われた事があります。変なの。私はレーシストではありません。フェラーロさんも同じ事を言っていました。私は信じます。アメリカではトルースを語ればレーシストと呼ばれるという彼女の言葉、それこそがトルースなのではないでしょうか。


「オバマが黒人だから夢中」発言とNY知事の辞任


Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。