森で見つけた「これ絶対に食べちゃダメ」的な色のキノコをチョイスする男。

どうも、主神西門です。
いつもご訪問ありがとうございます。

今日は特にテーマもなく思い付いた事を書いてみたいと思います。

まずは菅原りこさん。



ますます魅力的になっていますね。
良い笑顔です。癒されるわぁ……

実は昔の彼女に少し似てるんですよね。
髪型も……目も。

ただ、その子は元ヤンキーで、付き合い出した当初は皆から不思議がられました。
クソ真面目な私と元ヤンキーですから。
二人で立ち話していたら、私がカツアゲされているようにしか見えないらしく(笑)

でもね、人は見かけだけじゃないんです。
付き合ってみると、礼儀正しいし笑いのツボも同じで、いつも笑っていました。

ある日、私の留守中に私の母が突然に立ち寄った事があったのですが、その母を私だと思い込んだ彼女が、ゾンビの真似をして飛び出した事がありました。しかも、それが初対面。お互い暫く動けなかったらしいです。

私の仕事の関係で別れてしまいましたが。

最近、書き出した「巫女の猟犬」の円橋のモデルでもあります。後悔先に立たず。私はとんでもなく大切な人を失ったのかもしれない。

過去を悔やんでも仕方ないので、前向きになってみようかな。

私の理想の女性像?



最近、ご結婚された声優の能登麻美子さんですね。
おっとりとした語り口と、全身から発せられる静かな覇気。この人になら尻に敷かれてもいいと思う(笑)

乃木坂46で例えると、顔も声も違いますが
一番に近い雰囲気を持っているのは、



佐々木琴子さんかなぁ。
これはあくまでも私の主観なので、抗議は受け付けておりません。

えっと……何でこんな事を書いているんだろう?

まぁ、いいか(笑)ここまで来たら書きたい事を書いちゃえ。


声優と言えば、長谷川玲奈さん。



すっかり美人さんになりましたね。
目指せ!声優界のアイドル!です。
陰ながら応援しています。

目指せ!能登麻美子!と書きたいところですが、声質も違いますし、余りにもハードルが高過ぎて流石にそれは酷かと思いまして。

さてと、あとは……

怪談の時期なので、私の体験談を書きたいところですが去年の「7月の怪談」シリーズで主な体験談は書き切った感があるので書こうにも書けません。

どこぞの芸人さんみたいに、
そうそう心霊体験はありませんって。

強引に書くとすれば「巫女の猟犬」に登場した拝み屋の娘にもモデルがいる事ぐらい。

ある日、信号待ちをしていたら背後に全身に鳥肌が立つ程のゾワゾワとした気配を感じて反射的に振り返ってしまった事がありました。
そこには、歩道を歩いて行く長い黒髪の着物姿の女性の後ろ姿が。

僅かに振り向いた横顔から推測すると、まだ十代の女の子なのですが、その美しさとは反比例する凄まじい気を纏っていました。

「凄まじい気」って何やねん!
そうツッコミたい人が殆どだと思います。

中二病だと思われても仕方ないのですが、私は幸か不幸か産まれながらにして、歴史の闇に葬られた怨霊の巣窟みたいな場所に生を受けた人間で、視聴触味嗅覚以外の感覚があるようなんです。

怖いけれど惹かれる。

簡単な言葉にすれば、それって
「怖いもの見たさ」なのかな?

作り物と分かった上で、キャーキャーと声を上げて楽しめるアトラクションとしての、いわゆる「おばけ屋敷」の商売とは違って、踏み込んだら本当に人生終わっちゃう的な強烈な存在。

漫画みたいですが、実際にそんな人間はいるんですよね。

ただ、偽物も多く存在する事は確かです。

騙されないで下さい。自らを「神」と名乗る輩は間違いなく偽物です。

もっともらしいデータを掲げて、心の隙間に入り込んで自らの意のままに操ろうとするのが彼等の常套手段です。

原初に立ち返って考えてみて下さい。
私達のいる地球は、太陽の引力に捕まった星屑が寄り集まって出来た惑星ですよ。
私達は、その星屑の寄り集まりの星で産まれた生命のひとつでしかないんです。
その星屑の子供である人間が「神」なんて事はあり得ない。

ちょっと考えてるだけでわかる事なのにね。

それでも……


生命は尊い。


奇跡なんですよね。

しかし……

その奇跡の存在同士が、いがみ合う。


直近の話題で言えば、お隣りの韓国。
歴史を振り返って見ても、隣国と仲が良い国家は少ないんです。それが当たり前。
海に囲まれた日本が特殊なだけ。

だって、そうでしょう?

中世のヨーロッパの歴史を見れば、領地拡大の為の戦争がどれだけあったか?
隣国と仲が良いなんて幻想です。
領地と水の奪い合い。

フッ化水素の輸出に関しても、輸出しないとは言っていないんです。
正式な手続きを踏めば輸出する。
ただ、時間がかかるだけで。

在庫が足りない?
それは管理が出来ていなかった韓国側の問題ではありませんか?
何故に在庫が足りないんですか?
ひょっとして横流しですか?

そう思われても仕方がない。

「日韓併合」とは?
一滴の血も流れていないのに、それを侵略と呼ぶのか?

もっと書きたい事はあるのですが、
それだって所詮は大人の都合です。
これからの未来を生きる子供達にとっては。

都市伝説でお馴染みの関さんが、ドヤ顔で語る事を否定するつもりはありません。

でもね……

フリーメイソン?イルミナティ?
トランスヒューマニズム?

知らんがな。

金持ちどもの道楽に付き合ってられるか。

今の子供達に何を残せるか?

負債だけを背負わせて、自分達は極楽ですか?

そんな政治家の皆様へと、私の心からの言葉を贈らせて頂きます。

地獄へ堕ちやがれ。


今夜は以上にしておきます。

最後まで読んで頂きありがとうございました。


メリーポピンズだっけ?
貴方の未来を楽しみにしています。