モトクロスがある生活

モトクロスがある生活

1989年生まれの河村広志が日々の日常とモトクロスがある生活を赤裸々に綴ります。

2019年全日本モトクロス選手権 最終戦からもう1か月以上経ち、今年ももう終わろうとしております。

今年はIA1クラスに出場し、ランキングは28位で終了しました。

 

とりあえず大きな怪我無く終えることが出来ました。ほっ…

 

今年も全国各地でたくさんの方から応援して頂いたお陰で走り切ることが出来ましたよ。

 

 

いつレースを辞めるか決めていたわけではありませんが、今の現状、僕の気持ちを総合的に考えた結果、フル参戦はもうしんどいなという結論に至りました。

 

 

モトクロスライダーは色んな形でレースに参戦しています。

チームに所属し、チームとレースを共にする人。

メカニックからライダーまで全部ひとりでこなす人。

家族でレースを転戦する人。

 

うちはずっと父と一緒でした。

 

きっと父は僕がまだレースに出たいと言えば協力してくれると思います。

 

が、レースに出る僕のモチベーションがもう限界に達していました。

 

色んな理由でバイクを降りるライダーがいる中で、大きな怪我も無く、円満にレース活動を終えることが出来るのはある意味幸せなことかもしれません。

 

ただ、この歳になっても父と全国各地へ行ったり、共通の会話が出来たっていうのは嬉しい事。

もし、こどもを授かったら、そんな風になれたらいいなとさえ思います。

 

高校生の頃、一度は辛くて辞めたモトクロスをまた再開して、それなりに頑張って、なんとか国際A級になり、最高峰のIA1クラスに出場した。

上位を争うようなライダーにはなれなかったけど、こんなところまで来られるとは思ってなかったなぁ。

 

 

最終戦が終わった後、こんな僕でも何かがぽっかりと抜けた感覚がありました。

 

今後何をしよう。

 

いまだに答えは出ていませんが、ダートバイクライフを楽しみたい人、ダートバイクに乗ってみたい人に協力が出来るような活動をしていきたいと思っています。

 

幸い僕の周りにいる人たちはそういう事に関して非常に協力的な人たちばかりなので、積極的に巻き込んで、巻き込まれていきます。

 

 

先日、ゆとりカップに遊びに行きました。

 

MFJの選手権。

「選手権はハードルがちょっと高い…」という方向けの草レース ダートバイクプラス。

「いやダープラカップでもハードル高ぇよ怖ぇよ…」という方に向けたゆとりカップがあるんです。

 

まさに初めてレースに出たいという人にうってつけの大会。

 

去年のゆとりカップの様子を見てて

「主催側がいくらゆとりも持ってと言っても、レースになると皆ゆとり無くなっちゃうよなー」

と思ってはいたんだけど、今年のゆとりカップを見てて思いました。

 

レースってそういうもんだと。

 

 

レースってゆとり持てなくなるんですよ。緊張していっぱいっぱいになるんですよ。

 

 

だけどそれがレースなんです。

 

ゆとりカップはそんな本物の「レース」を体験できる。

これってめちゃくちゃ素晴らしい事。

 

 

レースは練習では絶対に体験できない。

 

だけどレースには出てみたい。でも失敗するかもしれない。怖い。っていう人の背中をちょっと押してくれる。

 

主催の二人ががあれだけ口酸っぱく「ゆとりをもって」と言い続ければ、大会自体の雰囲気もそうなるし、実際そうなっていました。

 

モトクロスに限らず、「体験する」「体感する」っていうのが、やっぱり一番手っ取り早い。

ゆとりカップはそんな人たちの為の優しい受け皿になっていました。

 

 

はじめてバイクに乗った時のワクワクがきっと僕の中にもまだ残ってて、そんなワクワクをきっと他の人にも味わってほしい。

だからこれからもバイクに乗ります。

人に楽しんでもらう為には、まず自分からという事で、これからも自分ファーストで楽しんでいきたいと思います。

 

これまで応援してくださった皆さん、サポートしてくださった企業様、本当にありがとうございました。

 

そしてこれからもよろしくお願いします!

 

河村 広志

地元から一番近い名阪スポーツランドでの全日本でした。

 

レースの2週間前に事前練習に行った際に転倒し、脳震盪による記憶ぶっ飛ばしをメイク。

転んでから気が付いたら自分のパドックにいました。

 

転んだところをたまたま友也さん達が見ていて、ヨロヨロと走る僕を見つけてすかさず止めに入ってくれたところ、僕の第一声が

「僕って転びました?」

だったそうです。

 

完全に転んでるし完全にアウトな発言だった為、バイクは預かってもらって、僕をパドックまで誘導してくれたみたいです。

 

例のごとく、同じ質問を何度もしていたらしい。

 

怖いですねぇ。

 

 

身体を痛めたこともあって、次の週は満足に乗れず、一抹も二抹も不安を抱えたまま迎えたレース。

 

写真:アキさん

 

 

結果は

ヒート1…20位

ヒート2…18位

総合…20位でした。

 

両ヒートとも転倒もあったし、いつもに増してペースが上がらず、間違いなく今年一番辛いレースでした。

 

とにかく走り切ることに必死でした。

 

ラップされる際に避けるのに必死でコース脇の土手に突っ込み転倒の図

写真:アキさん

 

今回は家族をはじめ、知り合いの方がたくさん応援に来てくれていたので、リタイアだけはしないで、とにかく無事に走り切ることが目標でした。(いつもそうだけど)

 

2コーナーのところのカワサキ応援団の応援も嬉しかったなー。

 

パドックにも足を運んでいただいて、差し入れも頂いちゃって、とても嬉しかったです。本当にありがとうございました。

 

今回も沢山の応援、とても力になりました!

 

 

もう全然今年は終了してもいいくらい疲弊したのですが、あと2戦。あと4ヒート。

 

無事に終われたらいいなぁと思ってます。

自分でも「なんでこんな思いしてまで走ってるんだっけ?」って思うのも、今はもうやめました。

 

今週末は豊田でFMXの劇もやります。

脚本を担当して、なおかつ出演もします。

「なにそれFMXと劇ってどーゆうこと!?」って感じですが、自分でもよくわかりません。

 

どんな感じになるのか楽しみです。

 

 

全日本はあと2戦。

 

あと2戦!

第三戦の広島から、第四戦のSUGOをお休みを挟んでからの今大会でした。

 

予選日 20位

 

身体がかたくならないように楽に走っていたら、フロントタイヤに異変を感じました。

たちまちコーナーの進入が思うようにいかずに転倒。

バイクが加速に対して付いてこず、ブレーキを引きずっているような感覚を覚えたのですぐピットイン。

なんとか走れる状態だったのと、ちょうどラストラップになったので、無理せずゆっくり一周してフィニッシュ。

 

ピットに戻って見てみたら、フロントタイヤのパンクでした。

 

前回の広島でパンクした時と感じが違ったことに驚き。

 

広島のコースはハードパックで、パンクしたら「ズバッズバッ」とフロントが切れ込み、すごく滑る感覚。

藤沢のコースは真逆のサンドで、パンクしたら滑るというより進まない感覚。

 

普段、まったく意識をしていないけど、かたい路面とやわらかい路面では全然違う走り方をしているんだなぁと気付かされました。

 

 

 

藤沢はとても良いコースで好きだけど、毎年この時期なので、雨or灼熱のどっちに転んでもアンハッピーになる事必至なレース。

ただ今年は違いました。

降り続いた雨でコースは程よい湿り気を帯び、決勝日は分厚い雲に覆われながらも雨は降らないという、僕の藤沢史上類をみないほどの好条件。

 

ただし、柔らかい路面でコースはボッコボコ。どこに逃げてもギャップだらけ。ギャップが終わったと思えば深い深いワダチ。

かなり体力を吸い取られました。

 

 

ヒート1 19位 

 

ヘルメットを河合さんに預けっぱなしで、選手紹介の直前に受け取りに行き、慌てて溝に足を落とした直後のテヘペロな私(30歳なりたて)。

 

 

 

藤沢はヒート1のサイティングラップ前に選手紹介があります。お客さん沢山いてテンション上がる。

 

 

レースはラスト3周あたりまで沼田さんの前を走ることが出来たけど、あえなく抜かれました。

ラスト2周、BELLヘルメットの中で、きっと普段は人前で見せない(見せられない)程の必死の形相や、普段なかなか口から発する事のない呻き声を上げながら、とにかく必死で沼田さんを追いかけました。

しかし追いつかず19位。

沼田さんは今回の大会で本当の本当に引退なさるという事で、最後にこうして一緒にレース出来てとても光栄でした。

 

 

 

ヒート2 18位

 

ヒート1が終わり、ピットに戻った直後「またこれもう一回やんのか…。」とつぶやいてしまう程疲労困憊してしまいました。

大方の予想通り、あっという間に一人でグダグタのレースになってしまいました。

 

ワダチもご覧のありさま。

 

速く上手く抜けられるのは最初の方だけ。

体力がなくなってきた終盤なんかは、進入の度に”南無三っ!”的な思考でアクセルを捻ってました。

 

しかしながら、ヒート1とヒート2共に、こうしたコース各所の”心がくじけちゃうポイント”の後くらいに、必ず大声を上げて応援をしてくれる方々がいらっしゃいました。

 

そのお陰で完走できたといっても過言ではありません。本当にありがとうございました。

 

そして今回もお写真はすべて楠堂さんから頂きました。いつもありがとうございます。

 

次戦は8月のインターバル後の9月 奈良県 名阪スポーツランドです。

一番近い全日本会場なので、ほぼ地元といえます。

 

次戦も精一杯頑張ります。