小さな島の小さな家で  Vashon 島だより

小さな島の小さな家で  Vashon 島だより

世界放浪の後、ついに念願の島暮らしを実現。ワシントン州のシアトル対岸の小さな島でリタイヤ生活を始めました。

#ビジネス目的の読者申請は受け付けておりません。ご了承ください。
NEW !
テーマ:

朝から御曹司リクエストでベーコン焼いた…家中ベーコン臭い。焼肉屋みたいな換気扇がほしいものです。

image

ベーコンから出た油で焼く目玉焼き。両面焼きはEggs over easyといいます。最初この作り方見たときはえっ!と思ったけど案外おいしい。

 

シニアになってテキサスに転校した御曹司のフットボールの先輩がなんと全米チームに選ばれたんだって。島の弱小チームでも頑張ってたけど、コーチと馬が合わずくすぶっていた。フットボールするために親類のいるテキサスのハイスクールに転校したと聞いたときはびっくりしたけど、よかったね。冬休みに凱旋里帰りパーティするらしいわ。

 

もうひとりの先輩は卒業後Armyに入隊。これも驚き。一年間フランスに交換留学にもいったりして、てっきり大学に行くものと思ってたけど家族の金銭的なものもあるのか・・・この前のArmy VS Navy試合を見てたら合間のCMで「今入隊すると4万ドル支給!」ってやってた。これももらい、あとでGIビルで大学行くつもりなのかも?

 

振り返って我が家の期待の新人ですが・・・昨日PSATの結果出た。最初はこんなものかしら?思ったより悲惨でもないけれどすごくもない。まあこれが今の実力なんだわね。

 

この前カナダのラクロス遠征から戻った御曹司が宣言したのです。「来年からはラクロス一本でやる。秋冬はシアトルのクラブチームに入りたい。大学でもラクロスやりたい」ってね。ラフなプレーのカナダ人相手に戦ってディフェンスの賞をもらい自信つけたのはわかるけど、アジアンマムとしては内心「は?ご冗談?あんたの実力でラクロスで大学行けるわけないよ」と思ったけどね…最近私もやっと学んだアメリカ流。「え~!すごいね!応援するよ~」と言っておきましたよ。クラブチームに秋冬はいるならなんだかんだと1万ドルは必要な感じ。やりたいというもんはやらせてあげたいけれど・・・その甲斐があるのか?

 

でもさ、アメリカの大学受験だけでも複雑なのにスポーツリクルートってどうなの?と思い、いつも読ませていただいているサッカーマムのYかあちゃんさんに相談したらこんな本を勧めてくれたので早速ゲットしました。

image

アメリカの大学に入るには「You should know how to play」と以前に言われたことあるけど、この本の作者もまさに「これはスポーツリクルートのルールブック」と明言。

 

途中挫折しないといいけど…私が。

ブリちゃんは関係ないね~。この前来た友人がオレンジ野郎のピニャータに爪楊枝突き刺していた~。

image

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス