冬の情景

テーマ:

半ズボンの小学生が


駆けていく


雲が走るように


空を通り過ぎる


葉を落とした桜の枝が


灰色の空をつかもうとする


ぱらぱらと


時雨が落ちてくる


吐く息が白い


むかしむかしに見た


蒸気機関車のよう


缶コーヒーでも


買って


君の所へ行こう


さめないうちに


さっきの小学生のように


駆け足で



AD

青い風船

テーマ:

青い風船は


空からいつも


落ちてくる


青空からの


プレゼント


本当はぼくらは


青空から


生まれた


青空は


お母さんで


ぼくらのことを


心配してる


青い風船は


お母さんからの


手紙みたいなもの


こわれやすいけど


なくなりやすいけど


見つけたら


しっかりつかまえること


ふんわり


体も


こころも


軽くなるから

AD

君のほほえみ

テーマ:

君の存在は


ろうそくの光


真っ暗闇に


火をともすことができる


ここからは


ずいぶん遠くに見えるけど


その光だけで


ぼくには十分


前へ進んでいける


小さな小さな光でも


宇宙の果てから


見えると思う




AD

疑問符

テーマ:

空の疑問符が


三日月のように


光るときに


君の胸の奥が鳴る


それは昔聴いたオルゴールの音に


そっくり


耳の中にも海があり


その潮騒の音が


遠く近く響き渡る


歩いて銀河の果てに


行こうとしたのは


そんなに昔のことだったのか


空にぶら下がる


疑問符に向かって


叫んでみた


赤い靴

テーマ:

赤い靴をはいた君が
火のように走るとき
街は内側から変わってゆく

血を流している三日月も

また微笑み始めるだろう


聖マリアはあらゆるところに
立っている
青ざめた彼女たちの頬
彼女たちの涙は止まらない
浄化の海がなくなることない


走れ
赤い靴を履いて
走れ

どんよりとした眼をした男たちを
君の叫びで揺さぶれ


赤い靴を履いて
どこまでもまっすぐに
走れ