春もいつの間にか過ぎて杜若や菖蒲の季節になりました

お能で忙しい時期ちょっと来たと思ったら緊急事態が来てしまいました

ゴールデンウィークは能楽師らしからぬパソコンの前で先輩に教えてもらいながら、補助金申請をしていました

能楽師はいろんな事しないといけないのですね
父から受け継いだ事業を何とか守りたいと思ってるのですが、なかなか自分の力だけでは難しくいろいろ力をお借りしています

時間を見つけては車で高野山に行きました

鶴田浩二さんのお墓もあるんですね!びっくり





妻にはいつも助けてもらっています
申請や書類を考えてもらったり、作ってもらったり

チラシデザインから宣伝まで

僕は舞台の上だけですね(笑)



いつも演能写真しか残さない宇髙家ですが、結婚記念日近くに思いきって写真をとってもらいました!

僕のは恥ずかしくてのせれませんので、代わりに妻の衣装を選んで試着して一休みしてる写真です

こういうのも大切ですねぇ


先日無事に第十二回東雲能がおわりました
初めての本降りの雨のなかの東雲能でした

子方さんは初舞台頑張ってくれました



それから直ぐに三輪大社の奉能

伊勢一宮椿大社さんへ神能も出掛けました

予定では松尾大社、法隆寺、などもありましたが、中止となりました

この時期は神社仏閣でのお能が沢山あり個人的に嬉しいです
能楽堂でのお能が中心の現代で季節を感じながらできるのは有り難いし、お出かけできますしね!
それと神前仏前でお能するとピリッとした空気で気持ちいいものです





都辺は なべて錦となりにけり

桜を折らぬ人しなければ


見渡せば 柳桜をこきまぜて

都ぞ春の錦なりける


みんな桜を見て色々な事を思うのですね

さくら花 春の花こそ持ち(待ち)きたれ

美しく咲き 潔く散る