サッカースクールに通い始めました。父が(笑)。

 

生まれて始めてのサッカースクール。人から習うのも初めてです。

 

サッカーをやった経験というと数えるほど。

子供スクールの親子サッカー

その前は会社新人の頃誘われたフットサル3,4回

その前は高校の授業

その前は小学校の休み時間

 

スクールに通おうと思ったきっかけは、子供と会話する中でサッカー経験がないと感じられないことが多々あるためです。

 

個サルと言われる試合参加でもいいのでは?と思われるかもしれませんが、子供が習っているメニューとほぼ同等のサッカー練習をしてくれて、最後に試合ができるのでスクールを選びました。

 

個人的に単純にうまくなりたいという思いももちろんあります。

 

この日に集まった方々は普通に経験者ばかり。うまくパス回ししてる中で流れを止めないようにするのに苦労しましたが、意外とできた場面もあったかな?

 

トラップやパスは普通にやれる自信があります。ボールマスタリーのようなタッチも子供に付き合っている中で覚えました。

 

ただ、プレイ中に判断することは、あまりやったことがなくよく分かりません。テレビ見て目は肥えてますが。

 

なので、最初は焦って簡単に相手に突っ込み、ボールロストすること多々有り、これは子供に見せられないです(汗)慣れてくると自分の間合いでキープすることが大事だと分かってきて、そうするとあとはパスコース探しなので、面白くなりましたね。

 

体力的には非常に厳しかったです。ほんの5分の試合ですら、息が持たない。これが一番子供の状況を体感するのに役立ちました。

 

さて気づきとしては・・・。サボらないで走り続けろ!とかはまず言うのは止めようと決意しましたチュー

 

コーチから、「がむしゃらにボールを追うのではなく、判断や意外性が試合では大事」だと教わりました。

秋の公式戦が続いていますが、3連休の合間に公園で自主練しました。やったメニューは、

 

・ショートパス、ロングパス

・1対1

・リフティング

・ボールを使った遊び

子供は成長しているものの、4年相手の試合では思うようにプレイさせてもらえない状況が多くなって来ました。

 
4年生には、何か成長の変化点があるでしょうか。これがゴールデンエイジ?3年生のうちの子にもこれから来るの?口笛
 
3年生の練習試合では、明らかに自由に動き回り、攻守に渡り大活躍。攻めも守りもほぼ当たり負けしない強さを見せます。強引なくらいのドリブル突破、ゴールもするし、ボールも奪う。
 
でも4年が相手だと、途端に存在が消えるんだよね。あれうちの子どこ行った?ってなります。体の大きさの違いに萎縮してしまうんだろうか。

早生まれで上の学年に交じるって確かに大変。でも、もう4年生まで半年を切りました。4年生を見据えて、明らかに基礎が出来ていないところは、この半年で克服して、体の成長を待とう。

止める蹴る。

具体的には、トラップ。どんなボールでも勢いを吸収する技術が欲しいね。あとはバウンドするボールの処理。山なりのボールの落下点の予測。

蹴る方は、キック力を付けたい。あと利き足でない左が特徴なので、もっと磨きたいところ。
 
試合では首を振って状況把握すること。
 
この日、練習不足を解消出来た感じです。あとボール遊び(テニスのような)はとても盛り上がったね。こういう自主練は大切だなあと思うこの頃です。
 
久保くんのお父さんは毎朝練習に付き合っていたそうです。鬼のような速いボールを蹴ってトラップ技術を上げたと本に書いてました。自主性はもちろんだけど、パパもやる気出さないとね。

とある私立中高学園祭へ行ってきました。お目当ては、サッカー部の公開対外試合。親としても学校のサッカー部のイメージがわかなかったので、興味津々でした。

 

子供の塾勉強モチベーションに繋がったかは???ですが、大いにサッカー観戦や学園祭イベントを楽しんでくれたようです。

 

改めて思ったのは、上の年代では速さ・強さが増すなと。それから個の判断力やチームとしての連携の完成度がより求められるなと思いました。

 

今U9の子どもたちは、止める蹴るといった基本を覚えながら、ようやくチームプレイを覚えつつありますが、この日見たお兄さんたちは、サッカー選手のプレイそのものでした。

 

それから全員出場されてもらえてたっぽいのは意外でした。何本かやった試合で一番最初が一番レベルが高かったのは事実ですが、セカンド以下の子が出ても試合としては、とても楽しいものでした。

 

私立なので外部コーチ(監督?)のような人もいて、細かく指導されてました。部活動日数が減る傾向にあったり、顧問に不安のある公立と違い、私立の部活はやっぱり魅力(親)ニコニコ

 

この観戦に来ていたお父さんお母さん達の姿を見ながら、数年後、まだああやって子供の活躍する姿を追いかけて、週末試合観戦を続けていられたらどんなに良いだろうか、と思ってしまいました。

 

その時はブログタイトルも変えないといけないかもしれないですけどね。願わくば、サッカーをずっと好きでいて欲しいです。この日見たお兄さんたちのように。

夏休みも今週で終わろうとしています。神奈川は短いですね。そして週末はチームのU10大会遠征で泊まり。

 
ここに来て、塾どころか、学校の宿題すら終わっていないことに気付きました。
 
親の管理不足でもありますがチュー、遊び、塾、サッカー(スイミング)と詰め込み過ぎたかも。
 
金曜日までにやること。
 
・自由研究(結局終わらず)
・暗記モノ
・漢字(提出用の清書)
・ドリルの間違いやり直し
・読書感想文(清書)
 
ちなみに塾も山ほどの分量を9月に提出する必要ありガーン
これは来週に後回し。
 
なんて酷い状況…。自分の子供の時には前半に終わらせてたと思うぞ。
 
でも、夏休み、たっぷり遊んだもんなあ。
 
・家族旅行(トレッキング、カヌー、釣り、MTB、登山、滝のぼり、温泉掘り、森探検)
・品川水族館
・ズーラシア(動物園)
・アスレチック公園
・ポケモン探し(スタンプラリー・GOイベント)
・盆踊り
・サッカー合宿x2
・海
・従兄弟の家宿泊
・花火大会
・チェルシー観戦
 
この代償です。親も休みを取ったり、夏の宿題に追われる日々となりそうです。
猛暑の中、チーム練習でした。こんな天気でほんとにやるの?ってくらい太陽

メニューは、基礎練、リフティング、パス、鳥かご、3対3、4対4、ミニゲームなど。

10分蹴るのに付き合っただけで、ばててしまうのに何時間も練習する子供たちは凄いですね。

子供は今更ながらインサイドパスの指摘を受けてました。足だけで蹴ってるんですよね。

あとパスも止まって待つのを止めろと何度も注意されてました。割と基礎的なことを見直ししてもらえて良かったです。

新ルールもあるし、リスタートをキーパーからすぐディフェンスの子に渡してビルドアップするのをもう少し鍛えた方が良いですね。

ゴールキックの飛距離が今ひとつ、落ちるボールを拾うのも今ひとつなので、これは是非力を入れて欲しいところです口笛

お盆や合宿で日焼けして真っ黒な姿はたくましくなったかも。

夏休みも残りわずかです。夏の努力は秋にきっと実るでしょう。猛暑の中、ほんとお疲れ様!