プロのスイングを見ているとついつい憧れて真似したくなりますよね。
しかし、プロはそのスイングを行う為に様々な準備を行っています。
それをいきなりアマチュアゴルファーが真似をしようとしてもなかなか上手くいきません。
特にスイング中のいわゆる「動」の部分を真似するのはアマチュアには難しいです。
真似をするにしてもアドレスやフィニッシュという「静」の部分を真似することがオススメです。
特に切り返しからダウンスイング、インパクトにかけてはプロもほとんど意識しないでやっていることが多いので、
そこを意識するのはNGです。
連続写真などを見ると、手や腕の動きがどうしても気になってしまいますが、そこだけを真似するとおかしな
ことになってしまいます。
それよりもお腹、胸、背中という大きな部分がどのように動いているかが大切です。
では、スイングの静であるフィニッシュではどの部分がアマチュアのレベルアップにつながるのかお話します。
最も良いのは左肘が直角に曲がっていて、手首とシャフトをつなぐ線が「コの字」になっている
ところです。この形は写真で見ても力強く見えるとおり、エネルギーが逃げないフィニッシュです。
よくアマチュアの方はフィニッシュでバランス良く立てずにフラフラっとする人が多いですが、
それはスイングの途中でエネルギーが逃げてしまうからです。
それでは正確性も出ませんし、飛距離も出すことができません。左肘が直角に曲がったフィニッシュであれば、
アマチュアゴルファーも意識して作りやすいはずです。
左肘が直角に曲がっているフィニッシュでは力が入っていない、つまりバックスイングからフィニッシュまでの間に
力が抜けています。
スイングで最も大事なことは、まずはバランス良くスイングすることです。
これがないと、どんなテークバックやトップオブスイングをしても正しいスイングになりません。
繰り返し練習してバランスの良いスイングを身につけてくださいね!