今年で12年目になる北海道ジュニアラグビー選手権大会を

 8月4日(土)、5日(日)の2日間に渡って開催しました。

 

  1回目には300名だったこの大会も今年は約630名もの選手

 の皆さんにご参加いただき、帯広・函館・美幌・遠軽やはるばる

 東京からもご参加いただきました。

 

  

 

  開会式の様子です。2日とも晴天に恵まれ、まさにラグビー

  日和でした。

 

  

 

  ミニラグビーの試合です。元気にタックルをしていました。

 

  

 

  ミニラグビー低学年の試合です。ボールを持って走る姿は

 格好いいです。

 

  

 

   タグラグヒーです。両腰に付けたタグを取られたらボールを

  離して誰かにパスをしなければなりません。

 

  

 

  

 

  

 

  選手、関係者の皆さん、2日間おつかれさまでした。

 

  

 

  優勝チームを発表します。

 

  【ジュニアラグビー部門】 

   函館ラグビースクール

  【ミニラグビー高学年部門】

   SETAGAYA10

  【ミニラグビー中学年部門】

   東京ハリケーンズ

  【ミニラグビー低学年部門】

   山の手ラグビースクールA

  【U-13部門】

   十勝・道東・道北連合A

  【タグラグビー部門】

   豊似リトルサンターズA

 

   優勝されたチームの皆さん、おめでとうございます。

 

   惜しくも優勝できなかったチームや選手の皆さんも、とても

  頑張っていました。私から拍手を送りたいと思います👏

 

   最後になりますが、本大会の準備・運営を実施してください

  ました、北海道ラグビー協会田尻理事長様、始め札幌支部

  の役員並びに関係者の皆様に深く感謝を申し上げます。

 

   本当にありがとうございました。

 

 

  平成30年7月21日(土)に野幌総合運動公園の硬式野球場と

 軟式野球場で「のっぽろ野球まつり」を開催しました。

 

  江別市内の小学生を主な対象としたお祭りイベントで、江別市

 少年軟式野球連盟に加盟している少年野球チームの小学生約

 300人に参加していただきました。

 

 

 

  開会式を行いました。小学生の皆さんは元気良く、朝の挨拶

 をしてくれました。

  

  当日は、晴天で暑い位の良いお天気でした。

 

  野球まつりでは、いろいろなイベントが行われました。

 

  

 

  野球教室の様子です。指導に当たってくださったのは、北翔

 大学生涯スポーツ学部教授で野球部監督の大西先生と野球

 部員を始めとする大学生のお兄さんとお姉さんでした。

 

  受講した小学生の皆さんは、楽しく教えてくれる大西先生の

 話しを熱心に耳を傾けていました。

 

  

 

  まずは、簡単なキャッチボールの練習です。暑い中、熱中症

 にならないように途中給水タイムを取りながらの練習でした。

 

  

 

  大西先生から正しいボールの投げ方を教わった後、小学生の

 皆さんは教わったとおり元気にキャッチボールをしていました。

 

  

 

  ボールを投げる時は、人差し指と中指に力を入れてボールに

 回転をかけるのが、速く投げるコツだそうです。

  また、打ったボールをキャッチするのは、ボールに真っ直ぐ向

 かうのではなく、バナナキャッチという方法で半円を描くように回

 りこんでキャッチするという高度なテクニックも教えていました。

 

  

 

  最後はシートノックです。みんな各自のポジションについて大西

 先生がノックしたボールをバナナチャッチをしながら、受けてファ

 -ストへ投球していました。

 

  

 

  キックベースボール大会も行われました。みんな楽しそうに

 ゲームをしていました。

  優勝したチームは、大麻チャイルズの皆さんです。

  おめでとうございます。

 

  

 

  バッドスイングスピードコンテストも行われ、みんな頑張って

 バッドを振って、スピードを競っていました。

 

  

 

  初心者向けの野球教室も行われました。これから将来、プロ

 野球選手になるかも知れないちびっこ達が一生懸命にバッティ

 ングをしていました。

 

 

 

  指導してくださったのは、江別市少年軟式野球連盟の監督

 の皆さんでした。

  とても楽しく教えてくださいました。

  写真は、ティーボールという種目で、棒の上にボールを載せ

 てバットで打つという練習です。これで、ホームランを連発した

 子もいました。

 

  最後は、閉会式を行い、キックベースボールの表彰式を行っ

 て終了しました。

 

  のっぽろ野球まつりの運営に多大なご協力いただきました、

 北翔大学の大西先生、又江別市少年軟式野球連盟の役員の

 皆様、そして各チームの監督や父母の皆様に感謝を申し上げ

 お礼の挨拶とさせていただきます。

 

  本当にありがとうございました。

 

  ぜひ、来年も開催したいと思います。

 

  だは、また!!

 

  

 6月2日(土)から始まる江別市内の運動会シーズンを前に

 小学生を対象に「走り方教室」を5月20日(日)に開催しま

 した。

 

 1年生から6年生合わせて約180名の小学生が午前・午後と

 3部に分かれて受講し、速く走るコツを学びました。

 指導をしていただいたのは、北翔大学生涯スポーツ学部の

 大宮真一准教授と陸上部員の学生4人です。

 

 小学生の皆さんは、大宮先生の話しを熱心に聞いていました。

 

 緩い傾斜を利用して、カンガルー飛びの練習です。

 みんな頑張ってぴょんぴょん飛んでいました。

 脚力の強化やかかとをつかないで走るための練習です。

 

 園路を使っての30mを全速力でダッシュしました。

 みんな元気にとても速く走っていました。

 

 一生懸命ダッシュの練習です。

 

 小学1~2年生も頑張って走りました。

 

 走らないで、その場で腕をしっかり振り、ももをしっかり上げて

 走り方のフォームを練習しました。

 

 最後は運動会本番さながらに、ピストルを鳴らして徒競走の

 練習をしました。

 

 みんな真剣に先生方の激励に応えるように一生懸命速く走る

 よう頑張りました。

 

 最後に大宮先生から受講生の小学生のみなさんに復習です。

 速く走るためのコツは、

 『腕をしっかり振り、ももをしっかり上げて、かかとを地面に着け

 ず走るのが大切、スタート時には視線を前方斜め下に向けて

 前傾姿勢でダッシュするように』と先生がアドバイスしていました。

 

  今回、走り方教室を受講してくださった皆さん、明日の運動会

 頑張ってください。

 

  徒競走で1等賞をとってほしいです。リレーの選手はトップで

 走ったり、1人でも多く抜くように頑張ってください。応援してい

 ます!

 

  教室の受講をきっかけに皆さんが、少しでも走るのが好きに

 なり、少しでも速く走ることができるようになることを願っており

 ます!!

 

  では、また!!