1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2013年06月28日

今も

テーマ:アィホンから
今も見舞いに来る年下女子たちから、恋愛相談を持ちかけられる。

30歳しっかり女子、彼氏がなかなか同棲してくれない、うぇに相談なく仕事を辞めてきた、オトコの弱さを相談されて、ののはこう答ぇた。

「すでに店の棚には、いいものだけど高すぎ、とか、安くてボロボロ、しか残ってないんょ。安くていいのは、25までに売り切れてるんゃで。
つまり、お金持ってて浮気するオトコと、お金なさすぎて浮気できないオトコ、みたいなもんやな。
ま、オトコに言わせりゃオンナも同様やろけどな。
今、普通の店の棚見てんのとちゃうからな、売れ筋の目線の棚はスッカラカンやでぇ~」

エラソに語るあたしはハゲちゃびんにマスクして点滴つなぃで。
ふんふんと聞く女子は、病室の来客椅子で元気ハツラツ☆


梅田で人気の、ホームレス占い師を思い出した。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013年06月25日

カーテンの向こうへ

テーマ:アィホンから
ののはオーサカに一人暮らしをしている。

田舎の両親は健在だが、父は昨年大手術を受けそちらもイノチ★カラガラ、今は緑内障に白内障、母はむかしっからの身体障害持ちの、オノレひとりっ子。

結婚のクチ約束をしたオトコとは遠距離状態、
務めていた会社(現在は長期休職扱い)は神戸だ。


さて、ココで一人暮らしののの世代のガン患者の少なさを実感する。


ののが入院する病院病棟も、大半がガン患者だが、ほとんどがオーバー60。

みな、旦那さまや息子さんが車で入退院の付き添いに来る。
中には毎日旦那が朝から晩まで見舞ぃに来て、昼めし・夕めしをキャンキャン騒いで過ごす夫婦もぃる。

土日の消灯前には、病院の緑の公衆電話に老人の行列ができる。
みな、日中に見舞いに来た孫に礼の電話をしてぃるのだ。

ののには、病院に送り迎えをしてくれるような家族はいないし、
ののには、定期的に見舞いに来れる家族もいない。




けれど、

親友武士っちは、ののがガンだと分かった日から毎日24時間体制で共に戦ってくれてぃるし、
同期のBちゃんは週末ごとに買い出ししてくれるし、
女子友Nちゃんは病院に洗濯物をしに時々顔を出し、
後輩KちゃんTちんはのののために冷え取り靴下を持って来てくれた。

会社をやめてった後輩たち、アシスタントだった女子、

会社の上司、パートの頼れる先輩、
そして、ののの務める会社の社長もお見舞いに来てくれた。

「最近出した著書は、コレとコレ。時間たっぷりあるだろぅから、読んでみて。売れる企画、山ほど期待してるから、絶対治そう。」

社長はそう言って笑ってくれた。


ここ数年の音楽活動で知り合った、男子女子も次々と見舞いに来てくれた。

ガンの本や資料を読み漁り、今だに民間療法を次々とすすめてくれる男子、
ハタチそこそこのかわいい女子、

そして、

出会った頃には大学病院経験のあるナースだなんて知らなかったAちゃんは、今では一番頼れる親友となった。


フランスにいるハイジ、
ロンドンに行ってしまったAちゃん、

帰国のタイミングで見舞いや通院に付き添ってくれる。

北海道のNちゃん、
実家の同級生のJちゃん、
次々とお守りやおふだが届き、

ハードクリスチャンの親友は、クリスチャンでもないのののために、毎日祈り、同じ教会や知り合いの教会にも頼みまくって、今や20人も30人も見知らぬクリスチャンがのののコトを毎日祈ってくれているらしぃ。


ののはこれまで、皆の世話を焼きまくるキャラで、他人の世話ばかりする立場で、正直「ソンな役回りだけど、そんなもんか~」と思って生きてきてた。

後輩や同僚に、きっぷよくおごったり、どっかに連れてったり紹介したり、走り回ってばかりだった。


今、見舞いにきてくれる後輩や、
買い出しをしてくれる同僚は、
ののからの交通費や買い出し費用を一切受け取ろぅとしません。



忙しい平日の夜に、5分だけ荷物の受け取りをするために、片道1時間以上かけて辺鄙な場所にある病棟まで来てくれます。

家族や親戚は見舞いに来れないけれど、
日中の見舞いや車での送迎はないけれど、

一人暮らしでガンと戦って4ヶ月、
誰とも面会しない日は3日とありません。


25年ぶりに田舎から会いに来てくれた、幼なじみ、
有休自腹で東京から飛行機で来た取り引き先の女子、

「わたしもう会社つらぃんですけど、ののさんともう一度仕事したぃんで、辞めてなぃんです、戻ってくださぃ。」



近くに家族はいないけれど、
隣りに彼もいないけれど、
部屋にののはひとりだけれど、


それでも、
ガンとは戦ぇます。


最強の布陣だと確信しています。
ガンと戦ぅのの内閣は、まだまだ20代30代の若いメンバーですが、コレで勝てなぃワケがなぃんです。


さぁ、4度目の入院です。


またアラフォでも若い人扱ぃされる、あの街へ。
コロコロ引いて、地下鉄に乗って旅立ちます。


この部屋に帰ってくるのは、3週間後の予定、予定は未定。


病院での暇つぶしは、もっぱら遺言と皆への万が一の時の手紙、形見分けの指示書作り。

レポート用紙とペンと朱肉をコロコロに入れて。




いざ、カーテンの向こうへ☆

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013年06月25日

旅と同じで慣れると直前まで準備しないね、入院て。

テーマ:アィホンから
コメントやメッセージにペタ、すべて拝見しております。

通りすがりのあなた、3月から6月までの4ヶ月間、どのように過ごされましたか?

忙しく仕事してれば、3日にも感じる長さ、
のんびりバカンスしてても、2週間程度に感じる長さ、
隠居生活なら1年くらいののんびり感か。

あたしはもう3年のごとく感じています。人の運命とは、命とは、ヤマイとは。



頭髪も大半が抜け、そろそろ眉が抜け始めるのではないでしょうか。
今となっては頭髪なんて大したことありません。それより眉が大事です。

今となっては吐き気なんて大したことありません。それより白血球が大事です。

今となっては発熱なんて大したことありません。それより感染症にならないコトが大事です。

今となっては肝機能障害もオナラをしただけで激痛の痔も大したことありません。

それより、それより、

予定通りの抗がん剤をあたしに投与してください。


予定通りの5年生存率を高める抗がん剤を投与してください。




その抗がん剤が、眉を抜き肝臓を弱らせ、身を滅ぼすとしても。


矛盾にねじれヨジレて、生きる。




今日もありがとぅ、
明日を迎えられますよぅ。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013年06月21日

4度目

テーマ:アィホンから
30歳でイタぃ失恋つか、死んだろか的で殺したろか的な裏切りに震ぇ自殺を考ぇたあの頃。
数カ月、半年、何年もそのフラッシュバックに耐えながら、オノレのシアワセつかみにあがぃたあの頃。
そぅして人サマにエラそに恋愛説教してたあの頃、浮気された女子、二股かけられた女子、先立たれた女子の気持ちを汲んできたょうなあの頃。

アラフォになって、次の学びはもちろんのステップアプのいのちカラガラのこのシレンか。
あの頃、女子の痛みをシッタカ屁理屈こねられたのは、オノレの痛みあってこそ。

これからは、命のフカミをシッタカ屁理屈こねれるょーになっちまうな。
オンナはそうして、歳をとって行くのだな。


来週から、4度目の入院が決まりました。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013年06月19日

ヤホーニュース

テーマ:アィホンから
「嵐・大野が死ぬ役 悪性リンパ腫で余命3カ月」


役で良かったでんな。
コッチはリアルやっちゅーハナシでね。

しかし、ドラマや映画はほぼ余命宣告通りに亡くなるけど、リアルはそぅは行かんでょ。

リアルはもっと患者は強ぃでょ。



追記)
余命宣告より長く闘った方の闘病記が原作だそぅです。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。