*ウリボーシスターズのHappy days*
  • 30Mar
    • スリランカカレーで魔女気分

      おうちで過ごす時間が増え冷蔵庫や書棚の整理など色々とはかどっています。この日は昨年末にスリランカ旅行へ行っていた伯母からお土産でいただいたカレーパウダーを使ってスリランカカレーを作りました。袋を開けると芳醇なスパイスの香りが広がります。コリアンダー・アニス・クミンラーメリック・カレーリーブス・マスタードがブレンドされているパウダー。粉から作るカレーはあれこれと調合して魔女になったような気分がして楽しいです。油でニンニクとショウガを炒めて玉ねぎとトマトピーマンのみじん切りを加えて塩コショウとチリパウダーで味をみながら更に炒めます。頃合いをみてひき肉とカレーパウダーを加えて味が整うまでしっかりと炒めて出来上がり。もう少し辛み(チリパウダー)を加えても良かったかと思いますが子供たちには好評でした。雑穀米に冷蔵庫にあったお野菜やゆで卵を添えて。自分でスパイスを調合するのは難しそうですがカレーパウダーになっていると使いやすくていいものですね。子供たちのお休みも長くなり限られたものの中から毎食の献立を考え調理をするというのは案外と大変なものですね。今こそ家族間で「作ってくれてありがとう^^」「美味しく食べてくれてありがとう^^」「家族の食を守ってくれてありがとう^^」と感謝の気持ちを伝えあうよい機会なのだと思いました。ごちそうさまでした。

  • 27Mar
    • 大きなお口でどうぞ~カリフォルニアダイナー

      先日お天気が良かったので長女とサイクリングの途中で寄った地元のカリフォルニアダイナー。ハンバーガーを目当てに訪れました。明るく開放的な店内は日差しがよく入り心地よい空間です。懐かしいボトルのコカ・コーラとBIG WAVEという名のクラフトビールで乾杯♪クラシックタイプのバーガーはシャキシャキのレタスにトマトとチーズ厚切りの玉ねぎが甘くて美味しいです。肉汁が滴るビーフ100%のパティと香ばしいバンズ。大きなお口を開けていただきます!お芋の味がしっかりと伝わるフライドポテトやピクルスも好相性。こちらはアボカドチーズバーガー。もりもりの具材が溢れてしまいそうです。子供たちも長い春休みに突入し計画的にそして有意義に過ごしたいですね。大好きな空手のお稽古も施設の関係で来月中旬まで中止の予定。自宅トレーニングと自主練習で筋力と体力を落とさないよう気を付けたいと思います。

  • 26Mar
    • 最近読んだ本あれこれ

      現在都内の図書館等公共の施設はコロナウィルスの影響で閉館しているのですがまだ利用できた先月に何冊かの本を読みました。「国境なき医師団」になろう!著 いとうせいこう「国境なき医師団」で働くのは医師や看護師だけではないノンメディカルで支える方々へのインタビューや現地ルポがリアルに描かれています。「人道主義」とはなにか。私も将来、色々と想いがあるのでよい糸口になりました。「COPDのことがよくわかる本」監修 桂秀樹長引くせき、たん、息切れで悩む人に(健康ライブラリーイラスト版)COPD(慢性閉塞性肺疾患)は「肺の生活習慣病」といわれ長年の生活習慣の結果として現れるそうです。多くの原因は「喫煙習慣」ですが年齢に伴う疾患としても注目されています。病気の基礎知識から悪化を防ぐ暮らし方動ける体づくりのための治療法など正しい知識が欲しくて手に取った一冊。イラストでわかりやすく解説されています。「レンタルなんもしない人のなんもしなかった話」著 レンタルなんもしない人「ごく簡単な受け答え以外、できかねます」とtwitter発信した驚きのサービスの日々。行列に並ぶ、ただ話を聞く、絵画のモデルになる一人カラオケに付き合う、掃除をしているのを見ているドラマに出演する、行けなかった舞台を代わりに見るカレーを一緒に食べる、ヘッドスパを受ける裁判の傍聴席に坐る、映画を見るボウリングに付き合う、ブランコをこぐのを見守るラーメンを食べる、深夜の徘徊に同行する言われたとおりのコメントをDMで返す離婚届に同行する、なんもしないホストになる……etc「なんもしない」というサービスが生み出す「なにか」が見えるノンフィクションエッセイ。日本人の本質が垣間見れるような興味深い内容でした。まだまだウィルスの終息は感じられず(東京は増加傾向に。。。)公共施設はしばらく閉館が続きそうです。この期間に良本を読み返してみようと思います。

  • 25Mar
    • 嬉しいこといっぱい~お子さんの成長や誕生

      先日4歳と1歳のお子さんの保育付きで整体にお越しくださったクライアント様。ママは2階でリラックスしていただきお子さん方は1階で保育士さんと遊んで待っていてくださいます。最初にお越しくださった時は4歳のボクがママさのお腹の中にいたのでこんなに上手に遊べるようになったのかとお子さんの成長に感慨深い一日でした。時を同じくして嬉しいメールが。先生お久しぶりです。以前整体をしていただいていた○○です☆ご報告が遅くなり申し訳ありません…。2/20に無事出産を終え、先日無事に一ヶ月を迎えられました!先生のおかげで元気な男の子を出産することができました!本当にありがとうございました。落ち着きましたらまたよろしくお願いします。可愛い赤ちゃんの写真付きでほっこりました^^私の方が皆さんにいつも元気をいただいているのに少しでもお役に立てているのかと思うと本当に有難いお仕事だと思いました。嬉しいこといっぱい感謝いっぱいのある日のことでした。ありがとうございました。

  • 24Mar
    • お墓参り~芸術的おはぎ

      三連休の最終日は皆でお墓参りへ。春風がありましたがお天気のよい一日で祖父と実父の眠る東京都下の霊園では桜がちらほらと咲いていました。104歳の祖母もご一緒に車椅子で移動をしてお昼も囲みました。家族が円満である姿を見てお空で喜んでくれていると思います^^繊細な技術を求められる美容業界に長く携わっていた実姉の作るおはぎは一寸の狂いもない芸術品のよう。私はいただく係です。ごちそうさまでした^^

  • 23Mar
    • 長女13歳のバースデー~食欲が止まらない

      連休の初日春分の日は中1長女の誕生日でした。13年前のお天気のよいお昼3000g弱で元気な女の子が誕生したことがついこの間のことのようです。(画像は産院にて初孫を抱く実母と娘)分娩台の上でお腹の中の赤ちゃんと自分の心拍や血圧モニターを確認しながら「心拍よし!血圧よし!(モニターを指さし)腰を落として顎を引いてイチニノサンー」と言いながら出産した私。介助してくださった助産師さんや看護師さんが「こんなに冷静なお産は初めて見ました(笑)」と笑いながら話してくださいました。長女の産声を聞いて分娩室に入室してきたパパは涙目に顔がゆがみ産み切った!と高揚して満足げな私の対照的な写真が今見ても可笑しいです^^隣町の実家で実姉が長女のために招集をかけてくれて実兄ファミリーも集まり10名の賑やかなお誕生会のひととき。娘の好きな鶏のから揚げと葱味噌焼きおにぎりを。母がカキフライや煮物。お寿司を準備してお祝いの会を開いてくださいました。食欲旺盛な孫に豚カツまで^^皆に祝福されてこの世に生を受けたことを感じて欲しいです。そして自分を支えてくださる周りの方に心から感謝することを忘れずに。来月からは中学2年生に進級します。陸上部に学級委員空手も勉強も両立して素敵な13歳を過ごせますように。お空で見守ってくれていている娘を溺愛していたお祖父ちゃまも彼女の成長をきっと喜んでくれているはずです。ハッピーバーズデー♪♪

  • 20Mar
    • 好きこそものの上手なれ~次女のスケッチブック

      自由時間に机に向かってなにやら筆を走らせる小5の次女。見せてくれたスケッチブックに宝飾品を描いていました。同じ色彩のものでも濃淡を出して描いてみたそうです。将来の夢はここ数年ブレずにジュエリーデザイナー。図画工作は好きな教科のようですがアトリエなどに通った経験がないのでまったくの我流です。想像力を働かせながら好きなように描いている時間はあっという間のようです。メイクやファッションにも興味があるそうですので好きなことが自分を成長させてくれるといいですね。色々なことに興味を持って欲しいです。昨年娘と訪れた女子美大の文化祭で購入したスケッチブック。サンリオと美大のコラボ商品なのだそうです。沢山描いて夢を膨らませている今日この頃^^

  • 19Mar
    • 感謝感謝の日々

      コロナウィルスの影響で自宅待機が続いている都内公立小中に通う我が家の娘たち。私の仕事の間にも静かに自室で待っていてくれてと整体に来られるクライアント様より沢山のお土産をいただいております。ホワイトデーのギフトもありいつもよりグレードアップしたおやつに嬉しそうな姉妹。故郷で獲れたという新玉ねぎは早速にピクルスと醤油ベースの万能タレに漬けました。手作りのクッキーやおやつにどうぞとコッペパンをお土産に。可愛いきび団子に元気がでそうです^^皆さんの温かいお心遣いに深く感謝いたします。一日でも早く健やかに安心した日々が送れますように。ありがとうございました。

  • 18Mar
    • インディカ米を食して旅をする

      自宅待機の影響で時間に余裕のある我が家。夜はパパが帰宅するまでのフリータイムに娘たちと川の字に寝転がって世界街歩き的な動画をよく見ています。トルコのサバサンドやイタリアのフォカッチャ世界のどこにでも安定した味を提供するケバブなど屋台はその国の食文化を端的に映すようで面白いです。そんな映像を見る中で発見したインドの屋台で道行く人に手際よく提供するパラパラと美味しそうなインディカ米。娘が食べてみたいと地元にある南インドカレー屋さんへランチへ行きました。デリランチはアルミの器で雰囲気がぐっと上がります。お米の上にひよこ豆の粉で作られた軽い食感のパパドがのっています。この日は塩チキンカレーと菜の花と豆のカレー。私の頼んだものについてきた歯触りのよいピクルスや豆の一皿。香草の豊かな香りのラッサムスープと玉ねぎのアチャール(インドのお漬物)アチャールは農作物が不作の時に備える保存食(非常食)として作られ始められたのが起源だそうです。アクセントになってとても美味しい。こちらには茄子の入った野菜のカレーもありひとえにカレーと言っても色々と楽しめるので飽きがきません。一口サイズのサモサも歯触りがよく美味しいです。もっといただきたくなるあと引くお味^^チャトニは2種。ココナッツ風味のものと柑橘の皮を素材にした酸味の強いもの。どちらも少し加えるとカレーの味わいがぐっと広がり変化してとても面白いです。インディカ米は縦長でパラパラとした食感でさらりとした南インドのカレーとよく合いますね。少し辛みがありましたが娘も希望が叶って嬉しそうに食します^^南インドでは菜食のカレーがほとんどで辛みととろみのないカレーが特徴的です。体が起き出すような香辛料の使い方でお店を出る頃には元気が増したような気がします。東京にいながらインドを旅したような幸せなひととき。美味しい時間をありがとうございました♪

  • 17Mar
    • 久しぶりのタピ活★貢茶(ゴンチャ)

      気温が下がってからはすっかりご無沙汰していたタピオカ。先日実姉とお出かけした際に娘たちと久しぶりのタピ活しました。(使い方合ってるのかしら?)ここ数年で地元でも1キロ圏内にざっと6店舗もタピオカ屋さんが出店。あれこれと飲み比べた娘たちは中でも貢茶(ゴンチャ)が一番美味しいのですとか。お茶の発祥地である中国では古来希少だった最高品質のお茶を時の皇帝に献上するしきたりがあったことから貢ぐ茶「貢茶(ゴンチャ)」と呼ばれ皇帝に大いに愛されていたというのが店名の由来だそうです。一時のタピオカブームも落ち着いてきましたが気温が上がってきますとまた学生さんたちはお店に足を運ぶのでしょうね。豊富なメニューからまずドリンクを選び甘さ、氷の量、3つまで選べるトッピングを自分の好みに合わせてセレクトできる良さもあって何度も足を運ぶ楽しさがあるそうです。テイクアウトして自宅でいただきました。ごちそうさまでした^^

  • 16Mar
    • 身近な春~お庭のつくしで父を想う

      週末お庭の掃除をしていたところ我が家と隣家との間(敷地内)につくしを発見!!ほんの少しですが春の訪れを感じるようでとても嬉しいです^^ひと一人通れるようなほんの狭い敷地なのですがにょきにょきと生えているではありませんか。娘たちに報告してみると小5の次女はすでに知っていて幼稚園の頃から生えていたそうなのです。そしてつくしをとっておままごとの材料にしていたと聞いてとても驚き灯台下暗しを実感。私が幼い頃山梨と東京都と神奈川を流れる多摩川の河川敷に春になるとつくしが芽を出す秘密のスポットがあり父と穫りに行った長閑な時期がありました。(今は宅地になり見る影もないのですが)そんな想い出のつくしをどうしても娘たちに味わって欲しくてまずははかま取りから。二人とも生まれて初めての経験です。単純作業が楽しいと少量でしたのであっという間に終了。よく洗って水に浸してアクを抜きます。佃煮にする量もなかったので高野豆腐ときのこ類と一緒に炊いて卵とじにしました。春のほろ苦さがふわっとひろがって大地の恵みをいただきました。つくしを口にしながら昨年亡くなった父を想い出して胸がきゅっとなり涙がでそうでした。。。でもこうして父を想いながら娘たちに伝えたいという気持ちがありしっかりと私の中に父がいるのだと改めて感じました。つくしは健気にも毎年芽を出してくれていたのに気が付かなったなんて・・・ごめんね。毎年春の訪れを感じながら父との想い出をなぞる作業ができるかと思うと一層楽しみになりました。自然の恵みに感謝いたします。ありがとうございました。

  • 13Mar
    • ひとり時間と読書が楽しめる喫茶店

      先日娘の用事を待っている間の1時間ひとり時間を楽しみました。お店は地元の喫茶店。大好きなお店の2号店が数年前に開店したとあって行きたかったのですがなかなか時間が作れずこの日はよい機会に。落ち着いた空間に使用するお店が少なくなってきた布おしぼりが丁寧に置かれました。注文したものが来るまでしばし読書タイム。携帯画面よりも断然紙面派です^^読んだ本は「レンタルなんもしない人のなんもしなかった話」少し前から色々なところで目にする方(レンタルさん)ですがTwitterでのやりとりがゆるっとまとめられていてこういう世界があるのかと興味深い内容でした。お店の方おすすめ中挽きで香りの良い珈琲。器も趣があって素敵です。ミルクポットもおままごとを彷彿させるようでとても可愛い。信濃産のクルミを使ったタルトは香ばしいクルミがキャラメリゼされていて上にのった軽めの小豆クリームがよいバランスです。子供たちが成長するにつれて私ひとりの時間が出来るようになってきました。今度はひとり旅や夫婦旅にも出てみたい欲求がありますがそれはもう少し先でしょうか^^照明を落とした心地よい空間でしばしひとり時間を満喫することが出来ました。有意義な時間をありがとうございました。

  • 12Mar
    • 春になったね~亀のルル

      冬の間餌も食べずにじっとしていた(冬眠)我が家のアイドル亀のルル。温かくなってきたことで次第に活発に行動するようになりました。誰も春の訪れを教えていないのに生き物の力って本当にすごいです。小5の次女が水槽から出して甲羅を拭いて散歩させました。亀ってこんなに移動が速いんだね~とルルの動きには毎回驚かされます。こーんなに首を伸ばして^^小さくて可愛い亀のルルでした。草花が生き生きとして桜も間もなく開花する東京。心理的に落ち着かない毎日が続きますが穏やかに健やかに過ごせますように。

  • 11Mar
    • バーバパパのスマイルににっこり★クリスピークリームドーナツ

      お買い物ついでについつい立ち寄ってしまうクリスピークリームドーナツ。期間限定でバーバパパとのコラボ商品が出ていましたので思わず吸い寄せられるようにして店内に。今年(2020年)フランスに誕生して50周年を迎えた人気の絵本キャラクター。バーバパパは今も昔も愛されていますね。限定のバーバパパデザインボックスもその世界観が表現されていてとても可愛いです^^ずらっとお行儀よく並ぶ姿はなんとも愛らしい♪ピンクのバーバパパはストロベリー赤いバーバブラボーがアップル黄色いバーバズーはマンゴーのフレーバー。しっとりとした軽めの生地の中にそれぞれの爽やかなフルーツクリームが入っていて思わず2つ目も手が伸びてしまいそうです。箱を開けると一瞬にして笑顔になる素敵なドーナツでした。ごちそうさまでした^^

  • 10Mar
    • 合同お誕生会~47歳実兄と11歳次女

      先月のことですが隣町にある実家にて2月生まれの実兄と次女の合同お誕生会を実姉が開催してくれました。私はサラダ担当で以前評判が良かったバーニャカウダ。12時から時計回りにブロッコリー、マッシュルーム、ジャガイモパプリカ、スナップエンドウ、セロリミニトマト、ヤングコーン。実姉が用意してくれたお寿司。美しく並べられたお寿司はお祝い気分が盛り上がります。さび抜きの子供用巻物寿司。104歳の祖母に人気だったのは卵寿司^^生前父が得意としていたおでんも登場。母が準備くれましたが人が集まるのが大好きだった父をみんなで想い出しました。ウリボーパパさんアルコールがすすみます!(私は運転手なのでノンアルです^^)エビフライに豚カツ。油淋鶏(揚げ鶏のネギソース)は母の得意料理です。安定の美味しさ^^実姉の友人が毎年送ってくださる三重県産の生牡蠣。今年もご相伴に預かり海の恵みを堪能いたしました。ぷりぷりの身に旨味が凝縮されていて何個でもいただけます。姪っ子と娘たち。リクエストのチョコレートケーキを用意していただき主役がろうそくを吹き消して拍手~^^47歳の兄11歳の次女お誕生日おめでとう~♪これからも健康に気を付けて実りの多い一年になりますように。家族が仲が良いことに感謝いたします。

  • 09Mar
    • ミモザケーキ~自宅待機の娘たち

      中1長女と小5の次女がコロナウィルスの影響で自宅待機(学校休校)になって1週間が経ちました。私の仕事は平常通りですので朝は洗濯物干しに食器洗い食事の準備手伝いにお風呂洗いなど娘たちのお手伝いがとても助かっています!3月8日は「ミモザの日」国連が決めた「国際女性デー」だそうです。1904年3月8日にアメリカで女性労働者が婦人参政権を求めてデモを起こしたことがきっかけで1910年にコペンハーゲンで行われた国際社会主義会議で「女性の政治的自由と平等のために戦う」日と提唱したことから同年「国際女性デー」と制定されました。先日大好きな地元のお花屋さんに愛らしいミモザを求めにお散歩へ行きました。もう時期としては終わりかけらしいのですがリクエストに応えて準備してくださっていました。いつも本当にありがとうございます^^ミモザのお陰でお家の中が明るくなりました♪お休みの時間を有効にと娘たちとミモザケーキを作りました。レシピはこちらのものを参考にしました。https://www.kurashiru.com/recipes/35794353-ed71-45b3-8d81-7b1dbdde03ca娘たちが作った自家製カスタードに生クリームの8分立てを合わせます。ミモザの可憐なお花になるようにスポンジケーキの一部をおろし金でフワフワにします。ドーム状に敷き詰めたスポンジケーキの中にカスタードと生クリームを合わせたフィリングを詰めスポンジケーキで蓋をして冷蔵庫で少しねかせ残しておいた生クリームで全体をナッペします。そこに細かく砕いておいたスポンジケーキを均等に振りかけて出来上がり♪可愛いドーム型のミモザケーキが出来ました。出来立てをカットしてみましたらまだ全体が落ち着いていなくて倒れてしまいそうですがお味は良かったです^^博学のお花屋さんのお姉さんに教わりました。イタリアではこの日「FESTA DELLA DONNA(フェスタ・デラ・ドンナ=女性の日)」とされ男性が日ごろの感謝を込めて母親や奥さん、会社の同僚などにミモザを贈るそうです。このことから「ミモザの日」とも呼ばれるようになりました。愛と幸福を呼ぶと言われるミモザを贈られた女性たちはそのミモザを誇らしげに胸や髪に飾ると知りとても素敵だと思いました^^また、家事や育児から解放され女同士で外食したりおしゃべりに興じたりして束の間の自由を楽しむそうです。この習慣日本にもあるといいですね~♪^^

  • 06Mar
    • ちょっとホラーなペコちゃん焼き★飯田橋神楽坂店

      先日出先で娘たちのおやつにとペコちゃん焼きを購入しました。飯田橋駅を出て神楽坂の坂下にある不二家の店舗。ペコちゃん焼きを提供しているのはおそらく日本でここだけなのでしょうか。(看板にもそのように記載)店内では出来立て熱々のペコちゃん焼きを買うことができます。季節によってフレーバーが変わりますがこの日は以下の10種類。定番のチョコとあずきカントリーマアムとシチューをお土産に。ぺこちゃんの目線がとらえどころのない雰囲気でいつ見てもちょっとホラー。ふっくらとしたほっぺも表現されています。自宅でリベイクしていただきます。大判焼きのような生地感でとても美味しいのですが割ってみた図もちょっとホラー。娘たちの大喜びおやつとなりました。ごちそうさまでした。

  • 05Mar
    • トレジョのレモンペッパーで絶品鶏ハム

      先日美味しそうな鶏むね肉がありましたので鶏ハムを作りました。この日お味の決め手になったのは友人のアメリカ土産トレジョのレモンペッパー。鶏ムネ肉に包丁で広げるようにしてカットしフォークで全体的に穴をあけます。砂糖・塩・レモンペッパーを両面にお好みでふりかけ馴染ませます。扱いやすい大きさにクルクルとまるめて。ローリエを両面においてキャンディー型にラップで包みます。両端は肉汁が漏れ出さないようにキュッと結びます。ラップは二重にして結び準備完了。グラグラと沸かしたお鍋にラップの上からアルミで包んだ鶏肉を投入。温度が下がりますので元の温度に戻るように再沸騰させます。ただあまり煮立たせるとお肉が固くなりますのでふつふつと温度が戻ったところで火を消してお鍋に手を入れても大丈夫なくらいまでそのまま放置しておきます。お湯から上げたら室温に戻るまで置き更に冷蔵庫で2~3時間冷やして味を落ち着かせます。出来上がりをカットして召し上がれ~^^しっとりとした鶏ハムの出来上がり♪この日はレタスとブロッコリーポテトサラダにカットレモンを添えていただきました。脂肪分が低いので体づくりをしている私にも最適な一皿。レモンペッパーの風味がきいていて美味しいです。お味の変化を楽しむために生姜とネギ油の万能ソースも家族に好評でした^^美味しいと感じる健康な心と体に感謝いたします。ごちそうさまでした。

  • 04Mar
    • 4世代の幸せ雛散らし

      ひな祭りは実家で祖母・母・姉・私・長女・次女と4世代でお祝いをしました。いつも母や姉にお世話になってばかりですので散らし寿司は私が担当♪五目散らしで酢飯を作り酢蓮根に海老とまぐろいくらと錦糸卵と菜の花で華やかに。皆さんに喜んでいただいて嬉しかったです^^はまぐりの潮汁うどの酢味噌和えふわふわの鰺フライを母が作ってくれました。11歳と12歳の娘たちはうどや菜の花のほろ苦さが少々苦手のようでしたが旬のものですので有難くいただきます。春の食材は発汗しにくい季節の冬に溜まった老廃物を排泄してくれる解毒作用があると言われています。上手に摂取して春の体づくりをします。今年105歳になる祖母も沢山召し上がりこうして4世代でひな祭りのお祝いが出来ることにとても幸せを感じました。当たり前の日常のように思いますが貴重な時間なのですよね。来年も4世代揃ってひな祭りが出来ますように。皆が心身ともに健康でありますように。

  • 03Mar
    • 母の愛情~桃カステラ★長崎 松翁軒

      3月3日 桃の節句我が家は娘が2人おりますのでこの日は娘たちの成長を願う大切な日です。今年はウリボーパパが出張で不在ですが娘たちが健やかに成長していることに感謝いたします。ひな祭りに合わせて実母より小包が届きました。長崎の松扇軒に毎年お取り寄せをしているこの時期限定の桃カステラです。(↓過去記事2018年・2019年)松翁軒★桃カステラ松翁軒の桃カステラで雛祭り三月三日は雛祭。桃の節句とも呼びますがこれは昔中国で上巳(じょうし) の日に桃の種の仁から作った薬湯を飲むという習慣が渡来したことからといいます。そして中国では古くから桃の実は不老長寿の果実として尊ばれています。松翁軒の桃カステラは出産祝いや節句などに作る桃の実を模した縁起菓子です。カステラは南蛮船の渡来で外国との貿易が許されたころに伝来しました。桃カステラはまさにそのころのスペイン・ポルトガルや中国の文化を折衷した異国の香りが漂う長崎らしい独特の感じを持っている甘味です。卵、砂糖、小麦粉、水飴を合わせ混ぜたカステラの種を桃型に流して天火で焼き上げます。その上にすり蜜(フォンダン)を二回かけ乾いて白くなってから色をさし葉と枝の飾りをして桃の実に似せます。鮮やかな色とやや濃厚な甘味に包まれながらもカステラの風味のよさとしっとりとした柔らかさが生きています。(お店のHPより抜粋)愛らしい桃の形をしたカステラに思わず娘たちから笑みがこぼれます。箱の中には可愛らしい雛人形の型紙も入っていました。母の温かいお気遣いに感謝するとともに母にとっては娘の私それから孫娘たちの健康を祈って。世の女の子たちが健やかに伸びやかに成長しますように。

topbanner