3月19日、20日に時空力養成講座合宿に参加してきました。
今回は2期生の合宿だったのですが、1期生も聴講生として参加させて頂きました。...
 

 


お越し頂いた7人のモニターの方々は、佐藤先生のペンデュラムで決定した方々だったのですが、多様なケースと奇跡的な意味あるマッチングで、とても奥深い学びとなりました。
 

 


講義から始まり、モニターコンサル、フィードバックと解説まで、丸二日間分刻みのスケジュール!
濃くて深くてアッとゆう間で、日々育児に追われている私にとって、夢みたいな時間でした。
 

 


杉本先生による、脳科学の視点からの講義も大変解りやすく贅沢な時間を過ごさせていただきました。
  

 


さて、奇跡的な意味あるマッチングの1つが私のセッションでした。
実は、また会いたいと思っていた友人がいたのですが、札幌在住で育児に追われている私は、関東に住んでいる友人に会いたいと思っていても、難しいと思っていました。
  

 


なので、「佐藤先生が養成講座合宿のモニターを募集すると思うから、興味があったら応募してね。2期生は優秀だから期待大だよ!」と1月から友人に予告していたのです。
友人は時空力プログラム3期を受講していたので、知らせを聞いて、喜んで応募してくれました。
友人も私に会いたいと言ってくれて、同じ気持ちだったので、本当に嬉しかったです。
  

 


なぜか、友人がモニターに選ばれるとわかっていた私は会える気満々でしたので、会えないわけがないという強気な気持ちでもいました(笑)
なので、募集から当選発表まで、「心配する事は全くない」という気持ちで状況を観察していただけでした。
  

 


佐藤先生にはギリギリの神様が守ってくれているので、当選発表はギリギリだったようです。
7番目のモニターに選ばれたと友人から連絡が来たのは、合宿一週間前でした。
 
 


私は聴講生としての参加前提だったので、余裕な気持ちでいたのですが、2期生の柚月さんがご家庭の事情で参加出来なくなったため、一期生の誰かが担当する事になりました。
 

 


この時、「もしかして、私が当たるかも!!??」と一瞬思いました。
理由は、昨年11月の一期生合宿に参加できなかったから。
公平な学びの場なら、前回やっていない人が当たると思ったのです。
 

 


でも、やる気に満ちている積極的な一期生がいたので、譲るべきだと思い、この一瞬の思考は蓋をして、なかった事にしました。
 

 


そして、当日早朝、ギリギリの神様に守られている佐藤先生からセッション担当者が発表されました。
 

 


前置きが長くなりましたが、
つまり、私が友人のモニターセッションを担当したという事です。
「やっぱり、私だった~」
奇跡的な意味あるマッチングの一つがこれです。
(もう一つは、汐音さんが体験されたそうです)
 

 


小さな選択を、迷わず実行していたら、このような奇跡が起こりました。
奇跡って、準備も必要だけど、自分で作り上げられるんだ!ということも体験出来たのが、合宿で得られた事学びの一つだったと思います。
 

 

 

この合宿では佐藤先生から、スゴイアイテムをプレゼントしていただきました。
エジプト旅行のお土産にと養成講座生一人ひとりにそれぞれの願いとエジプトの王の間のエネルギーを封入したアンクです。
   

 

 


アンクのエネルギーはとても力強く優しくて、受け取ってから1週間位ぼーっとして過ごしていました。
他の養成講座生の方々もアンクの不思議体験も投稿されていました。
私もアンクネタがあるので少しずつ投稿していきますね。
  

 


私にとって3月は日常と非日常を行ったり来たりする月でした。
でも、これで終わりだとは思っていません。
この非日常な体験はきっと、近々また体験できると思っています。
今後もますます楽しみです。
  

 

 

 


※写真は合宿会場からの夜景です。

 

 


   
※セッションを再開いたします。

お気軽にお問い合せくださいませ。