この度、「強流ーGoalー」は解散する運びとなりました。


強流を愛して、応援してくださった皆様。

本当にありがとうございました。


そして、急な発表となり誠に申し訳ございません。


解散の話になったときに1番頭に引っかかって、最後まで心残りだったのが「ファンの皆様に直接会えるイベントをせず解散すること」でした。


コロナと台風の影響でバスツアー、ファンミーティングが延期となり待ってくれていたのに解散となったこと、深くお詫び致します。


いつかは絶対。と先延ばしにしていて結局何もできなかったのがすごく悔しいです。


これからは1人1人が役者としてそれぞれのステージで活動していきます。



僕はメンバーの中では1番歴史が浅いですが、僕にとっては凄く濃くて、人生の起点となる時間でした。


自分たちでイベントのコーナーとファンの皆様へのサプライズプレゼントやメッセージを考えて、それぞれの舞台の間でダンスの深夜練習をして、正直、大変なこともあったけどファンの皆様が喜んでくれるのを想像したら何でも頑張れる僕たちは結局イベント当日の前夜まで集まって打ち合わせをしたりして。


そんな事してたら当日、ワクワクして入ってくれる皆さんの顔見たら嬉しくて、嬉しくて前日までの疲れとか全部吹っ飛びます。


貴重な1日、時間を僕たちに使ってくれるんだから。

数あるユニット、何万人ある俳優、役者の中から僕たちを選んで応援してくれてるから。


僕たちを応援してくれている事を誇れるように。


感謝の気持ちを伝えたい。


上手くいかない事や、ちょっとした事件(だいたい僕のトラブル)が起きても笑って許してくれるファンの皆様。


全てを受け入れ、愛してくれる皆様。


本当に感謝の気持ちでいっぱいです。


強流を愛してれる皆様が僕は大好きです。


僕はファンの皆様に感謝の気持ちを常に持ち、伝えたいユニットとしては世界で1番だったと思います。


そう思わせてくれたのは皆様のおかげです。


この気持ちは強流が解散してもそれぞれ役者としてメンバーはこれからも持ち続けると思います。


僕は絶対に持ち続けます。


強流に加入していなかったら?と考えたら恐ろしいくらいです。


加入と同時に役者人生がスタートしたと言っても過言ではないので不安は少しだけありますが、強流で過ごした時間、経験を誇りに強く生きていきます。


皆様と一緒に作った想い出はこれからも僕の心の中で生き続けて、きっと困った時に助けてくれると思うので皆様にとってもそういう存在であれたら嬉しいです。






本当にありがとうございました。



野見山拳太