7月23日に読売新聞の夕刊に手足口病の過去最多の流行の記事が出ていました。

 

先日、保育園に通う娘達も手足口病にかかってしまいました。

 

熱はそんなに出ずに足の裏と手の掌にポツポツが出た程度でしたが、保育園に登園させて良いか分からなかったために小児科を受診しました。

 

(その後、手足や口以外にお尻や陰部にポツポツがでたので、突発性発疹かなとも思ったのですが調べてみるとお尻などにもポツポツが出るのですね。手足口おしり病とつぶやいてる先生もいました。)

 

病院に連れて行ったのは妹の方だったのですが、『妹がかかったのならお姉ちゃんもかかるよ』と先生に言われそれから間もなくして姉もポツポツが出始めました。

 

 

熱が下がったら登園しても良いということだったので、幸いにも高熱が出たりしなかったためすぐに登園は可能となり一安心しました。

 

5歳未満の患者が80%を占めるそうですが、大人もかかるために毎日オムツを替えた後は入念に手を洗いヒヤヒヤしながら1週間過ごしました。

 

原因となるのはエンテロウィルスやコクサッキーウィルスで複数の種類があるので何度もかかる可能性があるそうです。

                                                              
 

感染経路は唾などからの『飛沫感染』、子供が舐めたおもちゃなどに触って感染する『接触感染』などで、手足口病の症状が治まっても便などからは2~4週間にわたってウィルスが排出されるので注意を必要とします。

 

私の周りで大人で手足口病にかかった人はいないのですが、かかったことのある妻の知人は『痛くて足がつけない。ハイハイでトイレに行った。痛風より痛い』と言っていたそうです。

 

大人になってからは手足口病にかかりたくはないですね~。

 

 

『のぐち接骨院。』

 

HP        http://www.noguchisekkotsuin.com/

エキテン      http://www.ekiten.jp/shop_5575381/

FACEBOOK   https://www.facebook.com/noguchisekkotsuin/

ツィッター  https://twitter.com/noguchisekottin

 

当院ではクラニアル療法や内臓クラニアルといった治療法を導入しております。

体の中から自然治癒力を高めて根本治療を目指す治療法です。

お気軽にお問い合わせ下さい。

 

埼玉県さいたま市南区大谷口2486-1

【問い合わせ】

TEL 048-607-1155

Mail  noguman724@gmail.com

 

 

小さいお子さんを持っている方なら分かると思いますが、『いないいないばあっ』という歌番組があります。

 

教育テレビで20年以上放送されており、小学生の女の子と犬の着ぐるみのワンワンが歌に合わせて歌ったたり踊ったりする幼児に人気がある番組です。

その番組の中にワンワンという犬の人気キャラクターがいます。(緑の耳がトレードマーク)

 

かなり重そうな着ぐるみでハードなダンスを要求されたりするので、中に入っている人は若い人かなと思っていたのですが妻からワンワンの正体を知った時は驚きました。(GReeeeN作曲の『ポポポポーズ』という曲は特に見てるとハードそうです。)

 

アラフォー以上の人は知っていると思いますが、昔教育テレビで『探検ぼくのまち』という番組がやっており、その番組の進行役で街を探検するチョーさんという方がいました。

 

なんとそのワンワンの正体はチョーさんだったのです。

 

ウィキペディア情報ですが、チョーさんは20キロ以上ある着ぐるみに対応するために還暦を越えた今でも、毎日10キロ走っているそうです。

 

『探検ぼくのまち』を降板してからはかなり苦労されたようで、ワンワンのお仕事は自分からは辞めると言わないと言ってました。

https://dot.asahi.com/dot/2018043000025.html?page=1

 

子供の夢を壊さないのも大変ですねー。

 

 

『のぐち接骨院。』

 

HP        http://www.noguchisekkotsuin.com/

エキテン      http://www.ekiten.jp/shop_5575381/

FACEBOOK   https://www.facebook.com/noguchisekkotsuin/

ツィッター  https://twitter.com/noguchisekottin

 

当院ではクラニアル療法や内臓クラニアルといった治療法を導入しております。

体の中から自然治癒力を高めて根本治療を目指す治療法です。

お気軽にお問い合わせ下さい。

 

埼玉県さいたま市南区大谷口2486-1

【問い合わせ】

TEL 048-607-1155

Mail  noguman724@gmail.com

 

PPKこれって何の略か分かりますか?

 

何の略かと真剣に考えている方がっかりしないでくださいね。

 

そう、ピンピンコロリの略です。(PPKは長野県体育学会における発表論文に登場したのが始まりとされています。)

 

よく年配の方と話すると健康に生きて、『苦しまずにピンピンコロリとサッと逝きたいわ』ということをよく耳にします。

 

PPKは死に方としては理想かもしれないと思っていたのですが、ツイッターで内科医の先生が『ピンピンコロリがいいとは聞きますが、ただ突然お別れを言わねばならない悲しみにくれるご家族を何度かみるとピンピンコロリはできれば避けたいな、お別れをいう時間や準備する時間がある程度欲しいな』とつぶやいてるのを見て色々考えさせられました。

 

確かにピンピンコロリは本人にとっては良いかも知れませんが、回りにいる人間としたら突然のことで困ることの方が多いですよね。

 

健康と感じているうちはいつ死ぬかという意識も希薄で、死んだ後のことを考えて色々と準備しているわけではないですからね。

 

ピンピンコロリとは逆に女優であった樹木希林さんは、癌に対する深い言葉を残しています。

『がんはありがたい病気。周囲の相手が自分と真剣に向き合ってくれますから。ひょっとしたら、この人は来年はいないかもしれないと思ったら、その人との時間は大事でしょう? そういう意味で、がんは面白いのよ 』

 

『(自身の全身ガンに関して告白したことについての言葉)ガンになって死ぬのが一番幸せだと思います。畳の上で死ねるし、用意ができます。片付けしてその準備ができるのは最高だと思っています。内田に言われました。『全身ガンで明日にでも死ぬのかと思っていたら、やたら元気でいろいろなところに顔を出すので、あれはガンガン詐欺(笑)だと思われているよ』

 

まあ、樹木希林さんのように癌に対してポジティブな考えを持てる人はまだ少ないでしょうし、家族が苦しむ姿を見たい人は誰もいないと思います。

 

ここら辺に対する考え方はなかなか難しいところでしょうね。

 

誰もが歳を重ねてくると『死』ということに対して色々と考えると思いますが、自分にとっても回りにとっても『いいな』と思われる『死』ってどういう『死』なのでしょうね?

 

私の『死』に対する考えはまだはっきりしてませんが、子供が大きくなって立派に育つまでは死ねないと思って毎日生きてます。

 

皆さんはどうですか?

 

 

 

 

当院ではクラニアル療法や内臓クラニアルといった治療法を導入しております。

体の中から自然治癒力を高めて根本治療を目指す治療法です。

お気軽にお問い合わせ下さい。

『のぐち接骨院。』

埼玉県さいたま市南区大谷口2486-1

【問い合わせ】

TEL 048-607-1155

Mail  noguman724@gmail.com

HP        http://www.noguchisekkotsuin.com/

エキテン      http://www.ekiten.jp/shop_5575381/

FACEBOOK   https://www.facebook.com/noguchisekkotsuin/

ツィッター  https://twitter.com/noguchisekottin

 

本当に久しぶりのブログ更新になってしまいました。

 

なかなか家庭と仕事とのバランスの取り方が難しく、しばらくブログから離れてしまいました。

 

下の娘達も保育園が始まり、しばらく今の生活スタイルが続きそうなのでボチボチとブログの再開もできそうです。

 

先日、治療をしている時にカリスマ治療家のH先生の言葉がフッと頭に浮かびました。

 

『治療のやめ時は料理の塩加減と同じだ。これ以上塩を加えると料理が台無しになってしまうという加減がある。

治療もこれと同じで、これ以上治療すると患者さんの体に負担をかけてしまうという加減がある。

料理の塩加減と同じくここら辺りがセンスと呼ぶ部分であるのだろう。』

 

H先生のメルマガで読んだと思うのですが、確かこのような内容を言っていたと思います。(探したのですが見つかりませんでした。)

 

患者さんの自然治癒力が最も高まった最適のタイミングで治療を終わりにする、これってとても大切なことですがなかなか難しい部分でもあります。

 

まだまだ私自身、このタイミングの部分上手く表現することが出来ないので、表現できるように日々精進したいと思います。

 

 

 

 

当院ではクラニアル療法や内臓クラニアルといった治療法を導入しております。

体の中から自然治癒力を高めて根本治療を目指す治療法です。

お気軽にお問い合わせ下さい。

 

『のぐち接骨院。』

埼玉県さいたま市南区大谷口2486-1

【問い合わせ】

TEL 048-607-1155

Mail  noguman724@gmail.com

HP        http://www.noguchisekkotsuin.com/

エキテン      http://www.ekiten.jp/shop_5575381/

FACEBOOK   https://www.facebook.com/noguchisekkotsuin/

 

 

本当に久しぶりのブログ更新となります。

 

新しい家族が増えたり、私自身が熱を出して肺炎になったりで、身体と心そして環境が落ち着くまでに時間がかかってしまいました。

 

これからもよろしくお願いします。(ブログ久々に更新するたびに言ってる気がします。)

 

先日、読売新聞を読んでいたら認知症を判断する簡易テスト(長谷川式テスト)を発明した長谷川和夫先生(89歳)が、自らが認知症であるということを公表しました。

 

公表したのは正しい知識と認知症の人への接し方を皆さんに知って欲しかったからと書いてありましたが、認知症の専門家である事を考えると大きな葛藤もあり本当に勇気ある告白だと思います。

 

認知症の専門家だから認知症にならないというのは勝手な思い込みであり、お医者さんも普通に年を重ねているのですよね。

 

認知症は60歳代では3%、80歳代後半で40%、95歳以上では80%になると言われています。

 

新聞の記事では認知症になった現在の生活の中で感じていることが色々と書いてあり、とても勉強になります。(以下読売新聞より抜粋)

 

・ 『年を取るのは自然の経過なのだから「ああ自分もなったんだな」と受け入れて、付き合いながら生きていく。その方がいいと思うんだよね』

 

・『認知症の本質は何かと言うと今までの暮らしができなくなることなんですよ。~中略~ただし、そばにいる人が障害を抱えた人と接する方法や、生活を共にする時の技術や知識を学んでおいてくれたら、ずいぶん違う。不安やストレスが減るし、すごい障害だと思っていたことが案外そうでなくなることが十分あります。』
 

・『音楽も絵もそうだけど、美しいものに触れると心が刺激され、癒やされ、満たされる。認知症が進んでも、うれしい、悲しいといった喜怒哀楽の感情は最後まで残るといわれます。ボクはその通りだと思うんだ。だから、たとえ症状が進んでも、できるだけ美しいものを見たり、聴いたり、味わったりして過ごしたいと思っています。

 

・『でも、今できることを精いっぱいやろうと考えた。お役に立つかどうかはわからないけれど、人様の役に立ちたい。だから公表は、僕自身がよりよく生きるため、もっと言えば、より良く死んでいくためだといえるんですよ。』

 

認知症になった専門家の表現は凄い深みがありますよね~。