食べることが何よりも好きな音楽家たち  モグモグ…ムシャムシャ…ぶひぶひ…

クラシックを中心に音楽活動を行う「NOBU-ZEMI DIPLÔMÉ(ノブゼミ・ディプロメ)」のブログです。
「洗足学園音楽大学 延原正生ゼミ」の卒業生を中心としたメンバーの様子を紹介します。


テーマ:

 

 

宮城県名取市閖上地区における東日本大震災の6年目を追って、

3月にゆりあげ港朝市にて動画撮影を目的としたミニコンサートを、

オーボエ、サックス、トロンボーン、ピアノ、映像、録音を専門とする、

10名のチームで制作しました。

 

閖上地区は津波における被害が甚大で写真のように、

ほとんどすべての建物が流されてしまいました。

動画中に出てくるは写真は当時の様子を撮影したもので、

名取市図書館から二次利用の目的で数点をお借りしました。

 

 

この制作には、朝市を訪れた旅人役としてピアノの末次実玲さん、

オーボエに土屋愛菜さん、そして当時卒業前だったサックスの

西村麻衣さんがNOBU-ZEMI DIPLÔMÉから参加しています。

 

フラッシュ・モブの要素も採り入れ、

映像に演出的に登場してくる人物は皆それぞれ役柄を持ち仕込みです。

コンサートの前後には閖上朝市のレポートを含み、

朝市の様子、また会場のメイプル館の様子、最後のインタビューでは、

実際にメイプル館の方、観光でいらっしゃった方にお話を聞いています。

このインタビューのお話が今をもの語っています。

「このゆりあげ港朝市は建物がまだ早かったのですが、

まだ周りはやっと住宅とかができてこれから人が住み始めると思うので、

一緒にゆりあげを盛り上げていきたいと思います。」

 

 

撮影は演奏部分で何度も角度を変えて行い1時間半、

その他の部分でも1時間半ほどかかっています。

エンディングロールの背景で流れているピアノ演奏は、

メイプル館にあるピアノで行なっています。

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

お客様からも「圧巻!」とのお墨付きをいただきました!

今回の「のぶつむり」では5人の卒業生NOBU-ZEMI DIPLÔMÉが出演。

それぞれが要所を締め、コンサートのステイタスを上がりました!

サックスの田中愛希さんは今回もトリを飾りました。

ピアノの竹下(黒岩)文子さんは結婚後の久々の出演。

イベールの小室内協奏曲より第2楽章はピアノにとっても難曲です。

 

今回はフルートの加藤暁奈さんが登場、
ピアノはやはり久々の小坂友紀子さんです。
曲は村松崇継のEARTHです。
安定した技巧でこの曲の世界を大きく印象付けました。

卒業生が少し出てくれるだけでもコンサートに箔が付きます。
在学生も卒業生もリスペクトできるだけの力を有することは、
双方がたとえ初めて会っても絆が感じられるのです!
AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

5月6日に3日続いた丸の内エリアコンサートを終えました。

フルート2本とピアノに続いてのクラリネットカルテット、

尾形佳苗さん、安本夏海さん、井上詠美子さん、

バスクラリネットの山本茉莉奈さんの4人は、

響きやその技術の安定感から素晴らしい演奏を披露しました。

 

 

パトリック・ヒケティック作曲の「3つのラテンダンス」は、

全て演奏しても15分以上かかる大きな曲で、

飽きて帰ってしまう方もいるのではないかとも思いきや、

最後までみなさん帰らずに聴いて行かれました。

最後に「クラリネットポルカ」を演奏しました。

かなり盛りだくさんの内容ですでに時間が押していましたが、

最後まで聴衆のみなさんは本当に温かかったのです。

拍手は鳴り止みませんでしたが、

こちらで静止させていただくかたちになってしまいました。

ぜひ、私たちのことを覚えていていただけたらと思います。

ひとえに感謝です。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2017」で、

丸の内オアゾ・○○(おお)広場において6日の14時から演奏する、

クラリネットカルテットはヒケティック作曲「3つのラテンダンス」

そして、クラリネットポルカでいらした方を魅了します!

卒業して○年、この世代のクラリネットメンバーはまさに黄金期!

「3つのラテンダンス」は体力勝負の難曲ですが、

体調を整えて(笑)呼吸困難にならないようにがんばります!

 

左から、尾形佳苗さん、安本夏海さん、井上詠美子さん、

そしてバスクラリネットの山本茉莉奈さんです。

尾形さんがクラリネットのベルを持っているのはわかりますよね。

山本さんはEsコルネットのような…、

いえいえバスクラのベルですよ(笑)

 

何気なく撮った写真の映り方がすでにアンサンブルしてるような。

ご期待下さい!

 

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2017」で、

丸の内オアゾ・○○(おお)広場で延原ゼミとNOBU-ZEMI DIPLÔMÉが、

5月4日から6日にかけて演奏を繰り広げます。

写真は、フルートで大学院修了の加藤暁奈さんです!

6日(土)の14時からテーマ”La Danse"に合わせた曲目で、

グルック作曲「精霊の踊り」のソロ、また、2本のフルートとピアノで、

ショッカー作曲「3つのダンス」を演奏します。

もう一人のフルートは秦明穂さん、ピアノは現役4年生の遠藤龍軌さん、

1774年に作曲された「精霊の踊り」と1995年に作曲された「3つのダンス」、

200年以上の時を隔てたダンスをお聴きいただきます。

 

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2017 丸の内エリアコンサートの

コンサートスケジュールが出ました!
冒頭の説明には、
「今回のテーマ ”ラ・ダンス 舞曲の祭典”のもと国内外で活躍するプロや

東京藝術大学音楽学部の学生による多彩な演奏をお楽しみください。」

とあります。
そして、3ページ目には藝大学生の写真とプロフィールが載っています。

私たちゼミは平成音楽大学、フェリス女学院大学・大学院、

上野学園音楽大学と共に隙間を埋めさせていただいております!
2ページ目にコンサートスケジュールが載せてあります。

アウェイの中、負けないように頑張りますので、

皆さまどうぞお越しください!

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

音に艶があり端正でバランスの良い表現。

 

サクソフォーンのソロ曲の多くはその機能性を誇り、

音の数がたいへん多くその音量にあいまってピアノパートも、

音の数が多くヴィルトゥオーゾティを感じさせます。

そのような演奏の正確さや技術力を競う速いテンポの曲が、

サックスのレパートリーに多い中、

このクロアチアの作曲家、ベルガモ作曲「答のない質問」は、

ゆっくりのテンポで1音1音に意味を感じさせます。

サックスよりも高い音域を幻想的に弾くピアノパートは、

サックスのフレーズに対して時折低音域に向かいます。

その相対するサックスとピアノの異なるテクスチュアの中、

移行していく際に調性を感じさせる風情があり、

わずかな叙情性を全体のフォルムに無理なく入れていく、

そんな自然な不思議さを表現する曲になっています。

 

演奏しているのは、サックスの田中愛希(あき)さんと、

ピアノの末次実玲さん。

申し分なくこの曲の世界観を出せていたと思います。

今後の活躍が目を離せません。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

毎年恒例のYAMAHAエレクトーンシティ渋谷のコンサート、

「奏春譜2017」が楽しく終了しました!

この会場でのコンサートは、会場の移転のため、

今回が本当に最後になりました。

エレクトーンによる演奏が多い中、生楽器のみによる演奏は、

NOBU-ZEMI DIPLÔMÉが終盤を飾りました!

 

トロンボーンはNOBU-ZEMI DIPLÔMÉの奥積すなおさん、

ピアノは3年生の田中亮平君です。

ゴーベールの珍しいトロンボーン作品「交響的小品」は、

叙情性とフランスの先人の和声を感じさせ、

たいへん味わい深い作品になっています。

トロンボーンだけではありませんが、

金管楽器の女性奏者がドレスを着て演奏するのは、

なかなかのものですよね!?

 

リハーサル時の風景です。

奥積さんの端正な演奏にあいまって、

田中君のクリアで幅広い表現はこの曲のタイトル、

「交響的小品」にぴったりの音楽性を感じさせます。

学生の中でトップ級のレヴェルを遺憾なく発揮していました。

 

トロンボーンのソロはとても珍しいこともありますが、

これからもぜひ広めていって欲しいと考えます。

 

オフショット!

いいですね!

 

 

オフショット!

いいですね!

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

復興支援公演も今回で4回目となりましたが、今回は遂に仙台での公演です。

現役ゼミと卒業生(NOBU-ZEMI DIPLÔMÉ)が協同で実施し、

オーボエの土屋愛菜さん(写真)とピアノの末次実玲さんが参加、

プーランクの「オーボエとピアノのためのソナタ」などを演奏します!

3月4日(土)14:00開演 もちろん無料です。

他にサックスのデュオやカルテットなど充実の内容です!

どうぞお越しください!

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

12月28日に行われたヤマハ横浜店 B1F music HARBORでの、

現役コンサート「NHZ紅白音合戦2016」に、

フルートの八木華沙璃さんがゲスト出演しました!

八木ちゃんは音色や楽器の鳴らし方にこだわった、

深い音創りに専念した表現で、

カール・フィリップ・エマニエル・バッハのソナタを好演。

学生にとてもいいお手本になる華を添えていただきました。

 

2016年は本当に忙しく突っ走りました。

またいろいろと難しい局面に相対することも多かったのです。

このNOBU-ZEMI DIPLÔMÉブログもなかなか更新できませんでした。

2017年は心機一新、これからはできる限り更新したいと思います。

2016年で苦しい時に聴いて励みになった曲、

それを載せておきたいと思います。

今までもさまざまな曲に傾倒しましたが、最近惹かれる1曲です。

フォーレ作曲 ピアノ五重奏曲第2番作品115より 第1楽章

 

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
ゼミの初代の卒業生の結婚ラッシュです!
ピアノの新野美貴さんが結婚して髙橋美貴さんになりました!
これは5月3日に行われた結婚披露宴の模様です。
とてもとてもかわいいかわいい、たまみちゃんと共に、
温かで和やかな宴でした!
会場は、シェ松尾青山サロンでした。

お料理はもちろんフレンチコースで、
「最初の雲丹と鮑のカクテル仕立て 昆布のスープと共に」
からすばらしく、
「オマールの蒸気蒸し 海老の泡入りソース」
とか、すべての料理に工夫があって、
白身魚を経てから「プロヴァンスの野菜添え」とか、
なかなかないお洒落なメニューを経て、
「和牛フィレ肉のステーキ フォアグラとトリュフソース」で完成!

ここでしか食することのできないお料理の数々でした!
また、そこに新郎新婦の意思やセンスが感じられ、
おもてなしへの配慮が窺われました。

新野婚5

式場でもあったこの部屋にはアシュケナージの肖像が!

新野婚3

こちらは披露宴の会場です。

新野婚4

新野婚1

人前式の重要な署名です。

新野婚2

これは披露宴入場です。とても盛り上がる瞬間です!


新野婚6

披露宴が終盤に差し掛かりデザートコーナーは、
式を挙げた会場になります。
チーズがもりだくさんでおいかったです!

新野婚7

同級生によるピアノ演奏です。


新野婚8

何てかわいいコスチュームでしょうか!
思い出に残るゴールデンウィークになりました!
おめでとうございました!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。