お口の中の専門家 予防で歯医者いらず  

 お口の中の専門家 予防で歯医者いらず  

新潟の歯医者さんが お口の中の健康から全身(心)の健康をわかり易くお伝えします

Amebaでブログを始めよう!

新潟市西区の歯医者、あゆみ歯科医院です。

 
前回は歯科治療、特に虫歯の治療で使われるプラスチックの材料に関連した内容でお話しさせていただきました。
 
色々問題はある材料だけど、小さな虫歯の治療に使うには便利な材料。治療の範囲が広範になると色々問題あるよ、と言う内容。
 
では、治療範囲が広範になる時はどうするのか?
 
範囲の大きめな金属修復物が入っており、一部欠けたところには新たな虫歯。歯質の金属の継ぎ目は噛み合う相手の歯とこすれあってきたために、金属と歯質がすり減って間隙が出来てきています。金属外して、内部の虫歯を除去していくと、残存する歯質も現在より薄くなり、欠けやすくなるため、おそらく、部分修復では無く、全部被覆、即ち、クラウンと呼ばれる被せ物となると思います。クラウンでは、金属修復と歯冠色修復と呼ばれるセラミックやジルコニアによる修復からの選択になります。
 
では、写真の金属修復との前の段階では
どのように考えるのでしょうか?虫歯になった部分を除去したら、写真の金属の範囲、即ち、噛み合わせの面と隣り合う部分を含めた修復をすることになった。噛み合わせ部分の歯質との境界部分に相手の歯と当たる箇所があり、修復予定部分の幅は広くなり、残存歯質は薄くなっている。
部分修復と全部被覆の選択で悩むところではあるが、術者の得手不得手、患者さんの希望を考慮してどちらを選択するか、材料は何を使用するかを決定します。
 
前回触れた直接充填修復を選択するメリットは、
一度の来院で治療が終わる。
歯と同じ色のプラスチックを使用する事で審美的
プラスチックが歯質に浸透し接合部分の歯質を補強する。
保険外のプラスチックを使用したとしても他の方法より費用は安い。
一方、デメリットは
直接充填では、隣同士の部分の接触の強さのコントロールが難しく、前歯が奥歯かと行った部位の違いや、術者の技量により結果が異なる。
噛み合わせ部分の相手の歯との接触点の与え方は
間接法に比較すると曖昧になりやすい。
プラスチックの吸水性故に、時間経過とともに変色しやすく、歯垢がつきやすく取れにくくなっていく。
 
型どりをして、模型の上で作ったものを歯に装着する間接方法の最大のメリットは、
模型上で作製さるので、
隣同士の接触の強さの、相手との接触点の与え方が、直接修復に比較して正確にできる。
他方、デメリットとしては
間接法で作製されたものは装着時に接着剤により装着されるので、修復物と歯質の一体化は得難い。そのために、残存歯質が薄くなると、修復物が楔の役割をして、残存歯質の破折に繋がることがある。破折を避けるためには、残存歯質の量によっては、全部被覆型のクラウンを選択することになる。
 
 
おそらく、文章で書かれても、一般の方には難解なことだと思いますが、
歯科医師はこのような事を瞬間的に判断して、治療の方法、材料を提案させて頂いているとご理解いただけたら、と思います。
ただ、大切な事は、最後に決定するのは患者さんご自身だという事です。
そのために、たくさん質問をして、納得して治療を受けられることが肝要と思います。
 
 
 
#新潟市西区歯医者
#新潟市 インプラント
#新潟市 予防歯科
#新潟市 審美歯科