前回に引き続き、VP-7721Aの修理的な日記です。

 

今回の(2)でも、結局直っていません。これは備忘録です。

とりあえず、自蔵の発振器の1kHz発振はR86で1kHzにできるだけ調整しました。

 

歪み率計は、大きくこの

「発振器」   OSC ASSY

「歪み率計」 ANALYZER ASSY

この2つで成り立っています。取扱説明書より図1-1です。

 

 

毎度の事ですが、

数年前からの自蔵の発振器での1kHzの歪み率測定です。

2017年8月8日 午前1時

写真では歪み率 0.0008% を指しています。 ※LPF 30kHz ON

2020年6月24日

写真では歪み率 0.0023% を指しています。 ※LPF 30kHz ON

2021年2月14

写真では歪み率 0.0028% を指しています。 ※LPF 30kHz ON

経年と共に歪み率の測定限界値が、悪化してきていることが見てとれます。

ちなみに自蔵発振器の1kHzを別のオーディオアナライザで測定すると

0.0003~0.0006%を示すので、これを信じれば発振部は無事なのかな?

 

毎度の事ながら ↓こちら ColorKonan16様のブログを参考にさせて頂いています。

回路図はここ http://kenrockwell.com/audio/panasonic/images/vp-7721a/vp-7721a-manual.pdf

とっても助かります(^ー^

 

今回は、老朽化して接点抵抗が増えている恐れのある信号リレーと

電解コンデンサーを交換しました。信号リレーは既にディスコンなので代替品。

コンデンサーは手持ちの在庫の中からできるだけ同容量・同耐圧のものを。

 

ANALYZER [A] 作業前

ノッチフィルター1拡大

リレー引き抜き中

取り外したリレー

ANALYZER [A] 作業後 ※電解コンはまだこれから

 

 

 

ANALYZER [B] 作業前

ノッチフィルター2拡大

 

ANALYZER [B] 作業後

ノッチフィルター2拡大

 

 

ANALYZER [A-sub] 作業前

 

ANALYZER [A-sub] 作業後

 

その他 ※前ユーザーにより交換されているものもあります。電源部は既にオーディオ向け電解コンデンサーです。

 

組み付けミス セラミックコンを割ってしまった

こーゆー事があるので、人様の機械は触れたくありません(自爆)

 

指をかけたら メタルのオペアンプ抜けた → 当然挿し直しておきました

 

幸い?電解コンデンサーの液漏れは見られませんでした

これだけ交換しても、測定値は全く改善されません(泣)

つづく?

 

===========【メモ】 耐圧・容量のいずれか変更したもの===========

ASSEMBLY[A] 容量アップ

16V 10uF → 22uF 東信UTSJ

C23, C24, C101, C102, C5

 

ASSEMBLY[A] コンデンサー種変更

50V 1uF 電解 → 63V 1uF Wimaフィルムコン

C28

 

ASSEMBLY[A] 耐圧アップ

10V 100uF → 16V 100uF

C30

 

ASSEMBLY[A-sub] 耐圧アップ

10V 100uF → 16V 100uF

C56

 

ASSEMBLY[B] 耐圧アップ

6.3V 470uF → 16V 470uF

C46, C128, C129

10V 100uF → 16V 100uF

C2, C3, C48, C49, C109, C111, C127, C133

 

ASSEMBLY[B] 容量アップ

10V 10uF → 22uF

C122, C123, C126

=============================================================

とりあえず、新品に交換したことで気分と見た目は良いです(^ー^

 

おまけ:今では珍しいCds,負帰還に入れて、一定の振幅を得ます。

 

おまけ:ASSEMBLY[A]と[B]はアルミ板で仕切られたうえ2段重ね合体の構造です。分解するのが面倒でした。