いちごちゃんのブログ

いちごちゃんのブログ

主な内容
1歳から歯列矯正の記録、まんまる育児、足育
台所育児、童具、絵本、ディズニー英語システム
働きながらの時短術、お家づくり

試行錯誤の日々を日記として更新しています。

前記事の続きです。

部屋について。

物置きになっていた洋室をおもちゃの部屋にしたことで、インテリアはさておき、理想の部屋になった。

私のストレスがない、という意味で。


結婚時に高価な家具を揃えたので、邪魔になっても捨てるに捨てられず、置き場に困っていた家具や、室内遊具たちを使ってない部屋にしまわれていたんだ。。

子どもができると価値観変わるから、本当にいらないものがたくさん。

今回の大移動で家具や大物の大移動があったけど、使うところに納まったかんじ。

積み木や細かいものや幼児むけおもちゃの部屋。長男がいない日中は次男も遊びます。

前のキッズスペースの和室とは収納を隔ててウォークスルーになっているので、もともと子ども部屋にするつもりだった場所。

ソファは邪魔だけど、コーヒー飲みながら遊びに参加するなど、私の居場所になっていい。

寂しがって一人では遊ばないと思いきや、しめきって集中して遊んでいてびっくり。2畳くらいのスペースしか残らなかったけど、ちょうど落ち着くのかな。

以前はどうしてもおもちゃを和室からリビングに持ってくるし、テレビを見たがるし、何か食べたがっていたんだけど、気が散りやすい環境だったんだなと、意外な発見だった。

しかも全く遊ばなくなっていた積み木なのに、
早速遊んでた。お宝を取りに行く海賊船だそう。すごい上手ー。←親バカで結構!

積み木や線路は次男に邪魔されるので全く遊べなかったので宝の持ち腐れ状態。

普段は一緒に遊ぶようにしていても、まだまだ邪魔されたくない時がある年頃。

要求があれば遊びを保証するよう協力してあげていたけど、次男も成長して襖をあけたりバリケードを突破できるようになってきて難しくなってきていた。

これ、私にとってもすごくストレスで。

小さい子を都合よく排除してしまうようにはなって欲しくないけど、強制してしまうと、小さい子=嫌なものという構図になってしまうので、壊されたくない気持ちも大切にしつつ、小さい子と仲良く遊べるようにバランスをとるように気をつかってる。

排除と尊重と、長男には区別が難しいと思うので、一緒に遊ぶべきときに邪魔にしないよう、都度説明しながらやってる。

正しくできてる自信はないけど、長男は次男にとても優しく面倒見もいいです。

おもちゃ部屋を作ったことで、二人きりのスペシャルタイムがとれる環境が整ったし、積み木で一緒に遊ぶことで、遊び方の幅を広げられると思います。

長男の遊びを見ていると、ほぼごっこ遊びやフィギュアか、お父さんとのキャッチボールやサッカー。

なので和室にはごっこ遊びに使うものと次男のおもちゃのみ、リビングにはトランポリンとジャングルジム。

これまで和室にぎゅうぎゅうに押し込んでいて、見た目が嫌でイライラしていたし、どう一緒に遊んであげたらいいのかわからなくなっていたので、本当にすっきりした。

おもちゃ部屋、私のお気に入り空間になりつつある。中を覗いてはニンマリしちゃう。
今日は夫が早く起きてくれたからか、自分もたっぷり寝たからか、9時までに土日の食事の準備を完了させ洗濯も完了した。

風が強まり停電になったけどすぐに復旧。

長男と遊ぶ時間をたっぷりとれた。

作るものが決まっていて明確で食材そろっていたのが良かったのか短時間で終わった。
いつも気分で決めていたのが良くなったのか。
台所仕事がないだけで、1日のバタバタ感ゼロ。コーヒー飲めた。

なんでも「できない」と愚図って切り替えが難しい長男。手を焼いてただイライラすることが多かったのだけど、スペシャルタイムを設けて一緒に遊んでいると、「できない」に意識が集中してしまうんだという発見があった。

今日の出来事は、「できないけど、この出来事も楽しいじゃない」と私が大笑いすることで長男も楽しい気持ちになったようで回避することができた。

いつもはイライラする対応しかできなかったのだけど、「ただの愚図り」という意識から、どうしてそうなるのか長男を理解することにつながって嬉しかったな。

スペシャルタイムとはペアトレで知った。
毎日20分くらい、子どもがおもちゃを選び一緒に遊ぶ。その間は口出しや否定的なことは言わないというもの。

これまで寝る前の一時間を絵本やゲームの時間にしていたけど、もっと意味のあるものにしたくて取り入れてる。もともとやっていたので無理なくスタートできた。

午前中は線路遊び。
駅の近くに公園をつくりました。ピクニックしている女の子。テーブルの人形はクッキーだそう。我が家にあるクッキーの型です。

スペシャルタイムの実践にあたり、部屋を大改造しました。

ペアレントトレーニングと、部屋の改造についてはこの次の記事で。