教育・受験のミカタ

教育・受験のミカタ

NEホールディングス(栄光学園・西塾・進学塾サンライズ・名古屋個別指導学院・コンプリートパス)社長ブログ

今年も中学受験の足音が聞こえてくる時期ですねあしあと

 

長く公立王国と言われてきた愛知県ですが、愛知県教育委員会が毎年行っている下記の進学希望調査結果を見ても分かるように、高校進学においても公立高校志願者の割合は年々減少しています。(9月に実施された第1回調査の推移。グラフは当社作成)

 

 

一方で学費無償化の拡大やコロナ禍対応への期待もあって、私立高校への進学希望者の割合は増加傾向が続いています。

 

 

こうした流れを受けて、高校の前段階である中学進学においても、私立人気が高まってくるという見方があります。

 

そもそも私立中学進学を積極的に選択する層はこれまでも一定の割合で存在してきたわけですが、それ以外の層でも私立中学進学を選択するケースが増えるという見方です。

 

下記のグラフをご覧ください。

オレンジ色のグラフは受験日が同日の東海中学と南山中学男子部の志願者を合算した人数です。

 

敢えてざっくり言えば、積極的に中学受験を選択する男子の多くは両校のどちらかを志願しますから、この数年でそうした男子の層は拡大しているという見方ができます。

 

細かいことですが、東海か南男を志願した男子が増えたこの数年で、名古屋を志願しなかった人が増えていることも分かります。(このあたりの詳細は、春に名古屋中学の先生方と意見交換しましたが、また別の機会に深掘りします)

 

続いて女子の動向です。

毎年、学力上位者層が積極的に志願する南女以外でも、淑徳や金城で志願者数が回復、増加。

 

公立中学ではなく私立中学への進学を検討・選択する層も拡大し、飛躍的な増加が続く名古屋女子大学以外にも椙山や聖霊も昨年は志願者数を増やしました。

 

最後に共学。

トップ校の滝は、微増微減を繰り返しながら増加傾向が続いています。

 

昨年は愛知中学も志願者数を大きく伸ばしました。

 

従来から存在する難関大学進学や内部進学を前提とした積極的な中学受験層だけでなく、公立中学への進学を避けて、現在の学力で努力すれば進学できる私立中学へ進学を検討・志願する層が拡大していくのか、今年の志願者動向にも注目です。

 

こうした私立の勢いに近年押されている愛知県の公立学校ですが、公立中高一貫校の計画も進んでいます(下記記事参照)

 

 

この先の数年で、中学・高校の評価・評判は公立・私立入り混ざってシャッフルされ、二極化が進むような気がします。

 

私たちも進路指導において、各学校の状況をしっかり勉強した上で、適切な情報をお伝えできるように努めてまいります。

 

皆様、良い週末を虹

 

 

 

 

 

 

 

大袈裟なタイトルですが、皆様、下記のようなWEB広告を見たことございますか。

これ、塾講師募集サイトで、ここを経由して採用が決まると運営会社に結構な金額の成果報酬を支払うというシステムで、当社もいくつかお世話になっています。

 

私たちの会社がこの広告に表示される場合、時給1,200円~などという表記になります。(職種によって異なります)

 

さて、上の表示ですが、右の段で時給5,000円~の塾がやはり目立ちます。時給5,000円~ですから最低でも時給5,000円と考えるのが普通かと思います。

 

ところが、このバナーをクリックして現れる下記詳細を見れば分かるのですが、ここは時給3,500円~で、表記を見る限りは最高時給が5,000円になっています。

 

他にも時給3,000円~と表記されている下記塾の実際の給与は1コマ80分で2,600円~ですから、時給換算にすると1,950円~というのが正しい数字です。

誤差の範囲を超えてます…

 

ただ、この広告を表示させているのは塾側ではなく運営会社の方ですから、運営会社で何らかの対応を今後検討されていくのかとは思います。

 

肌感覚ですが、2~3割くらいの割合で実態と異なった数字が並んでいるように思います。

 

応募者に虚偽広告と指摘されないよう、私たちも私たちにできる範囲で求人・採用には十分に注意をしていこうと思います。ご自身やご家族がアルバイトを探している方もご注意ください。

 

お祝い日本代表からもらった勇気を自分のパワーに変えて今週後半も頑張りましょう!

今回は愛知県外の首都圏有名中学校などで2022年度入試(国語)に出題された作品から、独断と偏見で読んでおきたい頻出作品「注目TOP3」と「おすすめ作品」をピックアップしました。冬の読書選びの参考にしてください

 

ロケット注目TOP3はこれだ(敬称略)

 

本相沢沙呼

『教室に並んだ背表紙』

2022年度、慶応義塾中等部・駒場東邦中学校、桐光学園中学校などで出題。

中学校の「図書室」を舞台に、クラスへの違和感や未来の不安、同級生に対する劣等感など、思春期の心模様を繊細に描き出す全六編の短編集。(書評より)

キラキラ短編集は入試で作問しやすいと、ある中学の先生が仰っていました。

 

本谷 瑞恵

『神さまのいうとおり』

2022年度、ラ・サール中学校・栄東中学校ほか多数の中学校で出題。

会社を辞めて主夫になった父親。そんな父親が恥ずかしい思春期の娘。何も相談してくれない夫との関係に悩む母親。一家は曽祖父の住む田舎に引っ越すことになり……(書評より)

 

本高柳克弘

『そらのことばが降ってくる 保健室の俳句会』

2022年度、桜蔭中学校・学習院女子中学校など出題。

中学に入り、からかわれて教室に行けなくなってしまったソラは、保健室で風変わりな同級生ハセオに会い、ナゾクという俳句遊びに誘われる。ハセオの熱意に巻き込まれ、次第に俳句に興味をもちはじめたソラ。養護の北村先生と三人での俳句会を始めることに。(書評より)

 

中学受験頻出作品は、作中に登場する人物や場面設定など作品内の世界が、小学生高学年から中学生にとって身近であることが多く、読むだけで疑似体験の世界に入り込めます。

入試問題を解くということを省いても、自分のことを見つめなおしたり、他人の気持ちを考える訓練もできる、最高の教材だと思います。

 

虹おすすめ作品

 

本くどうれいん

『氷柱の声』

2022年度、麻布中学校 海城中学校などで出題され話題になりました。

 

本乾ルカ

『明日の僕に風が吹く』

2022年度、筑波大附属駒場中学校などで出題。2021年度以前に早稲田中や聖光学院中などで多数出題。

 

本石田衣良

『5年3組リョウタ組』

2022年度、関東学院中学校で出題。私の好きな石田衣良さんの作品なので(笑)

 

クリックで作品の概要読めますので、それだけでも案外楽しかったりします(笑)

 

サンタ関連記事

よろしければご参照ください。

 

 

 

 

 

ダルマ寒暖の差が大きいので体調管理に注意して今週も頑張ろう!