京都市左京区下鴨の美容室naughty(ノーティー)のオーナー岡本太郎の個人ブログ

京都市左京区下鴨の美容室naughty(ノーティー)のオーナー岡本太郎の個人ブログ

モノには見る角度によってまったく違ったモノに見えたりします。僕は特に「45度」の角度からモノを見たり考えたりすることが好きで、このブログでは僕の世界観(my favorite 45)を表現していきますので宜しくお願いします。


モノには、見る角度によって、まったく違ったモノに見えたりします。
僕は、特に「45度」の角度からモノを見たり、考えたりすることが好きです。

このブログは、生まれて半生記の僕が「人として」「男として」「美容師として」「父親として」etc..あらゆる立場から、独断と偏見で僕なりの「角度45度(my favorite 45)」で見た世界観を投稿して行きたいと思っています。


テーマ:
梅雨に入ってからあまり雨が降りませんが
まだまだ先の長い梅雨、油断はできませんね。

梅雨と言えば湿度ですね。お肌には湿度が大切ですが、髪の毛は湿度が高くなると膨張して収まりが悪くなったり、ホワサボになったりetc‥

この季節になると美容室に行ってなんとかしてー!と行かれる方も少なくないのでは?

癖毛の方や膨らむかたは縮毛矯正と言う強い味方がありますが、ウェーブスタイルにしたい方はこの季節パーマもオススメですよ。

パーマはスタイルや髪質、痛み具合によってどんなパーマが良いのか?
この選び方がかなり重要ですね。

さてさて最近naughtyでは酸性デジタルがイチオシではありますが、実は随分前からnaughtyでは木でできたウッドロットを使ってパーマをかけております。

ウッドロット!
何が良いか?
木はその性質上水を吸ったり吐いたりします。
そこがポイントでパーマの薬液、本来のプラスチックのロットは薬液を塗布してもほとんどが流れてしまいます。
ところが木のロットは木が薬液を吸って、吐いてしてくれるので、難しい話になりますが、要するにパーマのかかりにくい根元に薬液が常に適量残ってくれているので、根元しっかりパーマがかかります。
そして痛みやすいそんなにパーマのいらない毛先には薬液は必要最小限しか残らないと言う理論でローダメージなのに根元しっかりパーマがかかるというスグレモノなのです。


写真のお客様は3ヶ月前にかけた酸性クリープパーマの大きめウェーブが毛先4センチ近くカットしてもこのくらい残りました!

勿論スタイルに応じてプラスチックロットも使いますがウッドロットかけたパーマも
なかなか良い感じです(^^)

梅雨を乗り切り夏に向けてスタイルチェンジにパーマも良いかもですね(^^)

naughty
岡本太郎





Ameba人気のブログ

Amebaトピックス