こんばんは!

 

 

九州は福岡・博多で

タロット占い師をしております

高峰ナオミ

と申します。

 

 

 

 

約1カ月ぶりのブログになります!
 
GWから一日もお休みなく鑑定、
気付けば5月もあと4日で終わりなんですね~!
あっという間に過ぎて行った5月でした。
皆さんが沢山ご依頼を頂けるからです、
ありがとうございます!
 
 
ハートハートハートハートハート
 
 
 
 
 
さて、
今日はタロットではなくて
九星気学のお話をしますね。
 
 
 
5月は
 
年盤
月盤
日盤
 
がすべて
 
八白土星
中宮(ちゅうぐう)に来る日が揃う
数少ない日が何日かあるんですね。
それが明日
 
5月28日(火)
 
にやって参ります!
 
 
 
 
年に何度かしかない、
吉方位が年盤・月盤・日盤と重なる
開運デー!
 
 
吉方位とは
その名の通り、
 
を取れる方位」
 
ですね。
 
「吉方取り」
 
とも言われますよね。
 
 
 
 
吉方位はあなたの生年月日から割り出されるもの。
ちなみにわたくし、
 
本命星:【六白金星】
月命星:【六白金星】
(ちなみに日命星も【六白金星】)
 
なんですね。
 
 
5月28日の吉方位は
 
南東!!!
 
 
 
 
福岡からですと、
水害のありました朝倉市とか
遠くは阿蘇、高千穂なども入りますね。
あと更に遠くなると
伊勢神宮も吉方に入ります!
 
 
皆さんの吉方をお伝えするサービスを
オンラインマーケットのココナラで始めさせていただきました!
ワンコインで吉方位だけではなく、
 
 
「あなたにこういうものをプラスしたら
もっと運気がパワーアップしますよ!」
 
というものもお伝えしておりますので
是非、お試しくださいね。
あとは吉方位へ行く時のお作法なども
お伝えしておりますよ。
ワンコインですので是非、ご依頼くださいね。
 
 
神社九星気学5月28日(火)の開運デーの吉方位お教えます

 

 

 

吉方の効果としては

吉方位へ行くと

だいたい60日間、効果が続くと言われていますが、

吉方位へ行ったその日が一番作用が効きますので

できれば午前中から行かれる事をおすすめします。

お仕事で行かれない方は

23時までに行ってしまいましょう!

 

あと、私が気学の講師の方に教えていただいたのが

 

吉は絶対に疑わない事!

 

吉方位へ行ったのに、全然良い事ないじゃん・・・

返って良くない事が起こったんだけど・・・

 

 

そう思う事がたまにあるみたい。

だけどその時にはわからなくても

後から気付く事が多いんですって。

だから何があっても

 

 

「吉は疑わない事!」が大事です。

 

 

あなたの目標を前日にでも紙に書いて

その目標を常に胸に抱いて

お出かけしてみてくださいね。

 

 

 

 

ちなみに5月18日の

年盤・月盤・日盤が【八白土星】の重なる日は

やはり東南吉方位の

小郡(おごおり)市にある、

七夕神社へ行って参りました~!

 

 

 

小郡市は

 

 「日本で最も早く七夕の行事が始まった」 

と言われている地。

絵馬ではなくて短冊に、願い事を書きますよ星流れ星

 

また七夕の頃に行ってみますね。

 

 

 

 

 

 

 

私も明日、午前中は鑑定をお休みして

吉方位へ行って来ようかと思います

午後からは通常通り鑑定をさせていただきますので

どうぞ宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

ご依頼は下記よりお願い致します
 
 

2018年6月から

サイバーエージェント様の新サービス、

REQUリキューby Amebaが始まり、

オープニングのスターター

著名人・インフルエンサー100人

選ばれました!

私以外は超有名な先生ばかりですのが

現在は色々なサービスを提供しております。

 

 

 

 

 

REQUリキュー

 

私のプロフィールや
 
 
 
 
一番人気の商品は、こちら。

 

 

 

 

 

 

オンライン鑑定もあります。

30分と設定してありますが

実際は60分、お時間設けてありますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

オンラインマーケットココナラでも

鑑定のご依頼受け付けております。

たくさんのレビュー・評価をご覧いただけますので

参考になさってくださいね。

 

 

皆さんのご評価・ご感想・レビューは
こちらにあります。

(1000件以上の高評価をいただいています)

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 

他にも色んな場所で

鑑定をして参りたく思っております。

鑑定関連のお仕事のご依頼、

イベントへのご依頼、

当ブログ、

または

twitter

お問合せくださいね。