なんや昨日のライブ[詩野/某ゆきの]

詩野さん、ドカンとした演奏。自由で豪快さがある。痛快。ゆきのさん、豪快さ、勢いではトップクラスNo.1だが、この日は、ほとんどが聞いたことのない曲を選んできた。レアな選曲。そして、じっくりと演奏。こちらもじっくりと聞けて、とても良かった。

なんや昨日のライブ[附柴亜弥/ナベジ]

亜弥さん、きれいな声がよく響く。ギターが上手くなって、歌に余裕が出て来たのが大きいのだろう。本来の歌のうまさが良く出るようになってきた。さらにギター上手くなるといいな。ナベジさん、新曲多し。新CD作って、上り調子だ。ノリが良くて、ガンガンくる楽しいライブ。すっきりとするな。

昨日は、今池まつりへ行って来ました。13:30到着した時は、暑くて小さな日陰で小さくなっておりました。いろいろ見ました。写真は、私も出た「Le Ryoko manquish et Chemale with マーズ古田」

なんや昨日のライブ[ISAMU/Hitomi Kanda+puyo/雪月花]

ISAMU君、気合が入った朗読。本人も満足げな、いいライブ。Hitomi Kandaさんとは、私がご一緒する。Hitomiさんは、自由でいろんなことをどんどんやっていく人なので、おもしろい人。初共演で、とても嬉しい。一緒になんかに向かっていくのは楽しい。おもしろかったわん。雪月花、紀子さんが自作の詩を朗読、あかねさんが、ギターで効果音をつけたり、曲をつけたり、歌ったりという構成。とても良く考えられたダイナミックな展開で、興味が湧き上る。詩の内容はもちろん、ギターのフレーズの引き出しの多さや、朱音さんのよく通る声も聴きどころ。

 

なんや昨日のライブ[足立明彦(リメ) ゲスト:キク シュウ puyo]

リメさんの叫び。身近に、見せて貰ったな。後半、ずっとご一緒させていただいたけど、緊張感があってとっても楽しかった。うまくいったかはわからないし、曲に色付けできたかもわからないけど、自分にできることはやったけどね。自分の器以上のものはできないのではあろうけれど、なんとか器を広げたい、器を全部使いたい。

なんや昨日のライブ[boomers]

開演時3名だったお客様が演奏中にどかどか増え、満員に!外国の方多し。スタッフの蘭が英語話せるので、余裕。お客様も行った店に英語が話せる人がいると安心するんだろうな。演奏は、メンバー4人が個性を発揮し、伸び伸びとしていて曇りのない演奏。きもちがいいね。

なんや昨日のライブ[伊藤史和+臼井康浩 ゲスト知壽保]

正統派でうまくなった伊藤さんと、搦め手からうまくなった臼井さんの絡みが絶妙。このバランスがすっごくおもしろくしているし、演奏者がそれを刺激に楽しんでいるのが良く分かった。このバランスが取れるとホントおもしろくなるな。知壽保さんの尺八、太くてしっかりとしたいい音だった。伸び伸びとしていた。この二人がバックに付いたら、やりやすそうだなあ。

なんや昨日のライブ[前川サチコ+西本翔一]

前川さんの歌は、透明感のある声で、ある意味完璧な声だと思う。歌の雰囲気にドンピシャにはまっている。ご本人もそこにはこだわりがあるんだろうと感じた。音つくりをしていて、決まったと思った瞬間に伸び伸びと歌い出す。世界が紡がれる。西本君のスーザホーンは、軽快でかるがるとしている。心地よい音とのり。もう一つ、この日は目玉が!「ちきゅうすくい」地球を救うようで、おもしろい!

なんや昨日のライブ[かんた/矢野敏弘]

かんた君、太い声で聞き応えたっぷり。(歌詞の中で出て来た、シュプレヒコールという言葉は、今は使うことも聞くこともほぼなくなったけれど、なんか哀感が同時に喚起されてしまうのが不思議だ。私だけだと思うが。)矢野さんが途中からマンドリンで参加。味わい深くなる。矢野さんの演奏は、昭和の頃の有名曲を次々と演奏。お客様からも歌声が上がる、楽しい演奏。小ネタ大ネタをはさんだMCもおもしろい。前回のキムドゥスさんとの対バンの時とは、全く違う演奏。幅の広い人だ。

なんや昨日のレコード[JFアワー 選曲:Mr.F Jonny]

早い時間から、ひだS、TKS、Akko、いちのS夫妻、YCIR、さんらが来て、盛り上がる。Jonnyさんの選曲おもしろかった。エゴラッピンや「君たちキウイパパイア~」で有名な中原めいこの他の曲が聴けたり、私のTシャツに合わせて、HELPをかけてくれたり、よかった。話もはずんで、飲みすぎました。夜遅くなって、H.Kさんが登場。いきなりの軽快な踊りがあって、つられました。Fさんの選曲、いいですハンソン。写真は倒立に失敗したTさん。何故逆立ちしようとしたかはナゾ。