Dear ひと と なり 奈良 生駒 オンリーワンスクールインストラクター&アドラー心理学勇気づけのレッスン

Dear ひと と なり 奈良 生駒 オンリーワンスクールインストラクター&アドラー心理学勇気づけのレッスン

ひとのとなりにそっと立つ
奈良 生駒 大阪で子ども達を中心に社会でイキイキと自分らしく活躍するために、社会で必要とされている力を身につける。
アドラー心理学の勇気づけも取り入れながら楽しくレッスンをしています。

Amebaでブログを始めよう!

テーマ:
{C52CEA7C-336D-4555-86FF-B711B6744A3E}

こんにちは、トミーです。
さてさて、昨日の続きをば。


最寄りのバス停から出発し、2回乗り換えて着いた飛鳥駅。 

すぐさまレンタサイクルで手続きし、遺跡巡りとスタンプラリーへ。


最初の天武・持統天皇陵では、自転車をおり、古墳をぐるりと歩く。

普段、林の中に行くことがない2人っこ。
古墳裏を歩こうと風が吹く林へ。
めったに聞くことのない風の林の音。 


下「めちゃ音、うるさい〜」
上「林が怒ってるみたい」

私「これが自然の出す音やで
風が渡る林ってこんな音が出るねんでー」


かつ、この季節は数十メートルある落葉樹から頭上にどんぐりアタックあり。

2人「イタっ!どんぐりやん!頭に刺さるっっ」  

私「そうそう。これが自然だからねー。
秋になると実が落ちますわね〜。
どんぐりって痛いってわかったやん」

痛みをかなり痩せ我慢しながら悠然と進む私笑い泣き


木の名前を当てながら登った甘樫丘では、風の神様からお弁当箱を吹き飛ばされる歓迎を受け(中身は片寄りながらも無事)、


レンタサイクルを返す期限の17:00に間に合うよう、石舞台古墳から最後の橘寺からの帰りの上り坂をひたすら漕ぎ、

途中道に迷っていた親子に、一緒に飛鳥駅に行きましょうと親切に言いながら、振り返るとその親子が追いつけないスピードで自転車を漕いでいたことに気づく、、、。 
親子は数分後、彼方に現れた。ごめん。

田舎暮らしの我が家族の脚力の強さよ、、、真顔

{F2A3F8EB-8960-4F30-ACAA-01ABA0C16851}

酒船石、飛鳥寺、水落遺跡、橘寺、飛鳥坐神社、亀石
{3387938A-406C-4E76-9C2B-462C95816C22}
そして夕陽の中の、飛鳥板蓋宮遺跡。


天気も良く、子供達とこの金色の景色を見られた幸せ。


この夕陽。

子供の記憶に残したい景色と時間とことば。


今は、ここにこだわって生きていきたいと思っています。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス