なむやんの電子工作

なむやんの電子工作

電子工作が好きで、その備忘録にブログをハジメマス
最近は仮想通貨にはまってます、http://namuyan.dip.jp『It works!yay!!!』の管理人
※このブログの記事をまねしたことで何かしらの損害を被りましても自己責任でお願いいたします。

Amebaでブログを始めよう!

こんにちは、仮想通貨で任意の文字列を含むアドレスを生成するソフトにvanitygenが存在します。

操作は全てCUIでかつビルドを自分でしなければいけないので敷居が高いです。

今回、NemProjectの配布するvanitygen-cppを利用したいと思いましたがやり方が書いてなかったので記事に纏めます。

NEMに関して、ハッシュ関数はSHA3(kekkack)、アドレス生成にBase32を用いているのでBTC系のVanitygenは使えないんです。

 

必要な環境

  • Winodws 64bit
  • Microsoft Visual Stadio 2013 or 2017
  • コマンドプロンプトの簡単な使い方

 

ビルド

まずはMicrosoftVisualStadioををインストールします。続けてC++開発環境を導入しますが容量を食いますのでご注意ください。

次にGithubよりvanitygen-cppをDLします。vanitygen.slnがありますのでダブルクリックして開きます。2013のプロジェクトですが変換しますか?と出ますがはいで進めて下さい。

ビルド(B) -> vanitygenをビルド(U) or vanitygenのリビルド(E) でビルドを行います。

使用

完了しましたらDLしたフォルダ内にx64フォルダが作成されますのでvanitygen.exeの存在を確認します。

コマンドプロンプトを開き該当場所まで進め vanitygen.exe FOO を実行します。すると生成されたFOOを含むアドレスが色付きで表示されます。

性能はCPUに強く依存し

Core i3 3225 => 5500key/SecCore

Core i7 6500T =>  15000Key/SecCore と差が大きいです。

配布

ビルドできない方用、64Bit版と32Bit版を含みます。

 

 
よければ何か投げて NAN7XFG52NL3V5AW3NTSYO77AVR6X5LYRJKXWKHY 下さいな