乙女ゲームを作りたいけど絶望的に絵が描けない。

乙女ゲームを作りたいけど絶望的に絵が描けない。

シナリオしか書けないけどやっぱりどうしても乙女ゲーを作りたい。
そんな私が奮闘するブログです。

いつも私が苦しんでいるゲームUIについて、実はティラノスクリプトには「テーマ一括変換プラグイン」というサポートがあります。

公式ページでも配布されていますが、メッセージウィンドウを始め、メニュー画面やバックログ画面などを一括デザインに設定できるというプラグインです。

今まであまりプラグインの導入をしてこなかったのですが、今回思い立ってこちらのプラグインをお借りしてみることにしました。

 

こ・ぱんだ様が運営する空想曲線というブログにて配布されているものをダウンロードさせて頂きました。有名なところなのでご存知の方も多いかと思います。

こちらの「テーマ一括プラグイン その10」というデザインです。

Twitterの方で、新しいテーマを更新するとつぶやかれていたのを見てから楽しみに待っていました!新作です!

現在作りかけているものがファンタジーで、雰囲気もぴったりですしとてもお洒落で、そしてなんとこちら画面サイズ1280×720px(16:9)専用ということで…!スマホ画面の規格で作っている私には有難すぎるプラグインです!!

 

導入方法については、ダウンロードファイルの中に大変分かりやすいREADMEが入っていましたので、手間取ることもありませんでした。

プロジェクトフォルダの中のdata/others/pluginのフォルダの中に、プラグインのフォルダをそのままコピーすればいいだけです。

 

 

その状態でゲームのプレビューを見てみるとこんな感じになっています。(立ち絵は毎度のことながらお借りしています、ありがとうございます!!)

この画面だとメッセージウィンドウが変わっているだけですが、ここにシステムボタンをつけるタグがあります。

 

 

[add_theme_button]というタグを、メッセージウィンドウ表示と同じ場所に入れます。

 

 

するとこのように、システムボタンも一括で配置してくれます!便利!おしゃれ!すごい!!

このボタンから開くメニューやセーブロード画面なども、特にいじらなくても自動で変わってくれています。

尚、システムボタンの種類や数などは、プラグインフォルダ内の「init.ks」というファイルから編集することができるそうです。

そして[cleafix]タグを通るとこのボタンは全て消えてしまうので、fixボタンなどを使っている場合はnameを付けるなど注意しなければなりませんね。

 

私もまだカスタマイズはしていませんが、自分のゲームに合わせていろいろと弄れるので本当に有難いです。

こうして統一されたデザインでUIができると、やはりものすごくお洒落になりますし、一気にゲームがグレードアップしますね。制作者様様です。

 

こちらはシナリオができてきているので、集中的に進めたいなーと思っています。UIデザインがこうもビシっと決まるとモチベーションもものすごく上がりますね!このままの勢いで完成まで頑張りたいと思います!

大晦日手前くらいから、急に思い立って制作を進めています。

かなり前にシナリオを書きかけにしてあったもので、それを仕上げたいなーとずっと思っていたのですが…。

今一度シナリオやエンディング構想を見返してみたところ、「これ面白いのかな?」という根本的な問題に直面してしまい、色々考えてみた結果それはボツにしました(´・ω・`)

キャラはそのままで設定を変えたり変えなかったりしながら、ガラッと書き直しているところです。

せっかくなのでシステムも少し変えて、選択肢のみのADVから行動選択式のADVに変えて作っています。

 

こうして作っていると「せっかくだから」という呪いの言葉とともにあれやこれやと要素を足してしまって完成がはるか遠く見えなくなってしまう現象に陥りがちですね。

自分が完成形をプレイしたいという願望が根底にあるので、今年は何かリリースできるように頑張りたいなーと思っています。

 

そしてついに、Unityアセットを購入してしまいました…!どうしても3マッチパズルを作りたい欲求が抑えられなかった…!!

アセットを買ったからと言ってすぐにゲームを作れるようになるわけでもないので、こちらはまだ保留ですが。

私…今のゲーム完成させたら…アセット使ってパズルゲームの勉強するんだ…。

 

こいつ最近ブログに画像載せるの面倒臭くなってやがるな?と思われても致し方ないくらい画像を出せていないので、制作過程のスクショもぽつぽつ出していけたらなーと思います。

まずはシナリオの見通しですね!軽めの書き方に変えたので、そんなに時間がかからないと思いたいです。

相変わらずのんびりやっていますが、今年もどうぞよろしくお願いします!

現在公開しているゲームの方ですが、レビューや評価をたくさん頂いておりまして、改めましてありがとうございます!たくさんの方に遊んで頂けて本当に嬉しいです!

「ぼくの姉上」について、たまに不具合が出てしまっているようでして、こちらはもしかしたらAndroidのバージョン、もしくは端末によっては正常に動かなくなってしまう場合があるのかもしれません。

私の方でバージョンや端末など複数の動作環境で確認してはいるのですが、特に止まることもなく正常に動作しておりまして、原因が特定できずご不便をおかけして大変申し訳ありません。

再インストールなどお試し頂けたらもしかしたら動くかもしれませんが…対処法もはっきりと分からず本当に申し訳ないです。

できるだけ多くの方に楽しく遊んで頂けるよう、今後とも精進して参ります…!!

 

最近は主にシナリオを書いていました。楽しいです。

ですがシナリオばかり書いていると、取り立ててブログに書くことがなくてつい間隔が開いてしまいます。前にも言っていた気がします。

ゲームシステムの方もいじってはいるのですが、考えれば考えるほどそもそものシステムを変えたくなっていろいろと試してみています。

また、やっぱりパズルゲーを作りたい欲が抑えきれずに、Unityのアセットをチラチラと見たりもしています。

自分でも何故か分からないのですが3マッチパズルが狂おしいほど好きなので、3マッチ+ADVのゲームを作ることを遠い目標にしています。

現在、UIやシステムをぼちぼち作りながら、少し別のシナリオも書いてみています。ちなみに劇的にスーパーお洒落なセンスは残念ながらまだ生まれていません。

UIが決まらずうんうん唸っていましたが、一旦離れてみるとなんだか冷静になれるような気がしますね。こうすればいいんじゃないか、という案があっさり浮かんだりして。

シナリオの読み直しもそうですが、時間を置くということは大切なんだなあとしみじみ思っています。

しかし冷静になったらなったで、ここのシステムはこっちの方がいいかもしれないとか、ここはこんな風にもできるかもしれないとか、次々別の案が浮かんでしまって迷ってもいます。

時間ばかりがかかっていますが、せっかく作っているゲームですし、どうにか満足いく状態まで持っていきたいなあと思います。

 

最近人外萌えが爆発しまして、頭の中が人外のことでいっぱいです。今書いているシナリオはそんな感じの内容です。

甘え上手な寂しがり美少年(人ではない)と、エセ紳士風甘々少年(生き物ではない)になるかなーと思います。

三角関係を意識して書いていたらこのふたりがえらい喧嘩をしているんですが、うーんどちらも口が悪い…!でも喧嘩の会話を書くのが楽しいです。

私は先に詳しめの箇条書きをして話の流れやENDを決めて、それをなぞりながら文章に起こしているんですが、箇条書きは全ルートできている状態です。

今は文章にしている途中です。思いっきり人外のシナリオを書くのはやはり楽しいですね…!!

人外×人で、人外が「人の体のどこかに顎を乗せる」という行為がめちゃくちゃ好きで、気付いたら癖かよと思うくらい顎を乗せてばかりいるので少し気を付けています。

高潔な人寄りの人外がふと気を抜いた瞬間に習性で肩とかに顎を乗せてハッと赤面するようなパターンも好きですし、人外丸出しの子が全力で甘えて顎を乗せてくるのも好きです。

まだ本当にシナリオを書いてみているだけなのですが、こうして人外でリフレッシュ(?)しながら、UIの方も進めていきたいです!頑張るぞ!

現在制作中のゲームは、随時UIを考えながら作り進めているところです。

1人、一度目の清書をしながら組み込みをするのが終わったのでUIを決めたり整えたりしているのですが…一番苦手な部分なので全然進まないです(-_-;)

ここ数日でやっと、こんな感じでどうかな~という案がまとまってきたので、ティラノビルダーでちまちまやってみています。

シナリオのページひとつにしても、どれだけの情報を表示するのか、バランスはどうするのか、素材は何を使おうか、プレイする時に使いやすい配置はあるか、どうしたらセンスが良く見えるか、可愛いのかかっこいいのか、もうこんなことをずーっと考えています。頭がおかしくなりそうです。

私自身ゲームをプレイするのが好きなので、今まで数々のUIを目にしてきたはずなのですが、いざ自分で考えるとなるとこうも浮かばないものなんですね…やはり天才の所業だったのか…(´・ω・`)

せっかく素敵な素材をたくさん使わせて頂いているので、せめてすっきりまとまるまでは頑張ってみようと思います。

 

あと、ちょっとしたメモとしてptextについて。

[ptext layer=1 text=表示する文字]

このタグで挿入するテキストなのですが、このptextを使って変数の値を表示させたい場合、

text=表示する文字 のところに text=&f.変数名 と入れます。

するとメッセージレイヤとは別のテキストで変数の値を表示することができます。

複数の変数を足し算引き算してその値を表示したい場合は、ptext内での計算ができないので、先に

[eval exp="f.変数合計 = f.変数その1 + f.変数その2"]

のように、計算してその値に変数名を付け、それから

[ptext layer=1 text=&f.変数合計]といった風に表示する必要があるみたいです。

(ざっくりしか調べていないので間違っていたらすみません、私は今のところこのやり方でやっています)

 

やりたいことをあれこれ詰め込みすぎているせいで全然ゴールが見えてこないのですが、着実に進んでいるとは思うので、なんとか完成まで頑張りたいと思います。明日の私にスーパーかっこいいセンスが生まれていますように…!!