SOUVENIR REPAIR WORKS ―革物リペア―

SOUVENIR REPAIR WORKS ―革物リペア―

魅せられたアメリカンアンティーク・ヴィンテージに特化したレザーリペアブログ


テーマ:
右肩の修正。


残念ながら革目は出せませんでしたので、違う方法です。
「修正前」は塗装仕上げ後の自然光で見てみると、大きく剥がれていた部分の質感が足りなさ過ぎた事に加え 革の薄さ柔らかさにより裏当てした革との境目が、重力で引っ張られて出来るシワによって余計に際立っていました。 

「あぁ、こっちはもっと下まで当て革貼った方が良かったか?」 そう思いましたが、やり直すリスクも高いですし、

「ハンガーにかけている状態だからかな?着用すれば体の厚みでカバーされてシワがよりにくくなるかな?」

という見解はほぼ当たり、「修正後」はトルソーに着せて撮影。

昨日さらに革用パテを弱そうな部分にもう少し加えた事もあり、クリアー出来たかと思います。


そして完了しました‼‼








①に載せているリペア前の剥がれからすると、
着用できるレベルに、何とかギリギリ?修復できたかと思います。

また色々勉強になりました…。


そして
到着後のご連絡をいただきました‼

写真でのメールやりとりの中、好反応をいただいておりましたが、
現物を見てからの反応を聞けるまで、やはり落ち着かないもんです… 


「期待以上です。加藤さんの仕事は意義がありますし今後とも宜しくお願いします! (だいぶ中略してます)」
と😭✨🙇 


最後に加えた右肩の修正も、喜んでもらえました‼



全てのヴィンテージレザーに通用する方法とはいかないかもしれませんが、
あれほど剥がれていたり裂けていたりした状態が、
こういった方法でリペアする事も可能だという選択肢が1つ増えたら。


旧き良きヴィンテージレザーが、永く愛用される希望になると良いなと思っています。

O様、ご依頼ありがとうございましたー‼


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【リペア内容と価格詳細】 
《A-2》
◆表面の剥がれ(裏革当て補強+表パテ+塗装) 
→左袖7,000円、左肩4,800円、右肩6,000円、右袖裏当てのみパテなし2,000円 
.
.
◇19,800円+税
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス