まめじの去勢手術に

 

たくさんの元気玉、コメントやメッセージを

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とても心強く

 

手術を受けてくることが出来ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まめじの術後も

 

ほとんど前と変わらない生活が出来るように

 

落ち着いてきましたので

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここでまとめての

 

お返事とさせて頂きたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

頂いたメッセージで

 

”うちも受けさせた方がいいんだろうか・・・”

 

というのが多かったので

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手術の前にも

 

「ウサギの去勢手術について」

 

少し触れていますが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう少しだけ書きたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うさぎの去勢手術。

 

絶対にというものではないので

 

悩ましいですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私も今まで

 

たくさん聞かれてきましたが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やはり決めるのは

 

飼い主さんしかないと思いますし

 

そう答えてきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初代もんじは

 

去勢手術は受けていませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(享年8歳2ヶ月で

 

精巣の病気はありませんでした。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もんじをお迎えした頃は

 

オスの去勢手術は必要ないというのが

 

主流だったと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして近年は

 

うさぎの医療の発達と高齢化とともに

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うさぎは生殖能力が

 

活発なのでそれを成し遂げたいのに

 

成し遂げられないという

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ストレスはとても大きい

 

ということが知られるようになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メスはさることながら

 

オスも発情の強い子は精巣の病気に

 

なる可能性が高いと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まめじは

 

実は発情がとても強くて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

血が出るほど噛みついたり

 

飛び掛かってきたりコントロール出来ない

 

状態になる時もありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

飛びシッコやら

 

飼い主が流血するだけならいいのですが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

欲求を止めさせて

 

重装備で足ちゃん(メス)を隠したり

 

ケージに帰される時間が長くなり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きっとまめじは

 

相当なストレを感じているだろうと

 

思うようになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして元々

 

まめじの精巣は大きく左右の大きさも

 

少し違っていたので

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

事あるごとに

 

悩まされるだろうと感じていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手術を決めてからも

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなに元気なまめじを

 

一時的に病気やケガにさせるようなことは

 

とても抵抗があり悩みました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きっと手術を安心して

 

任せられる病院が近くになければ受けず

 

こまめに検診するなどして

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手術が必要な

 

病気になった時には遠征するという

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

去勢手術を

 

受けない選択をとったと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして手術を決めた時

 

去勢手術の術式というんでしょうか。

 

何通りかあると知りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みんながみんな

 

うさぎの名医と言われる有名な先生から

 

受けられるとは限りません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その術式が

 

違うことに揺さぶられるよりも

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(いや実際

 

揺さぶられましたけどもね。笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大切なのはやはり

 

目の前の先生がうさぎの経験が豊富か

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

安心して任せられるか

 

飼い主さんが見極める事だと思うのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なので日ごろから

 

何かあれば行ける病院を見つけておくのは

 

大切な事だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

受けるも受けないも

 

どんな形であれ”うちの子”を守るのは

 

飼い主さんだと私は思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

迷っている方の

 

少しでも参考になれれば幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〆というわりには

 

まとまっていませんが私が言えることは

 

それくらいなのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何か思いつけば

 

さりげなく補足されているかも

 

しれません(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みなさま本当にまめじを

 

お見守りくださりありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに術後の検診や

 

その後のまめじの行動などに変化があれば

 

お伝えしたいと思いますよ~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それから通常ブログの

 

お返事はいつも通り(笑)超遅レスでぼちぼち

 

お返ししたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

登場人(兎)物紹介

オレンジ「このブログについて」

 

まめじ初登場

オレンジ「よろしくおねがいします」

 

まめじとの出会い

オレンジ「出会い」

 

まめじはどんな子?

オレンジ「新しいもの儀式」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 うさぎブログ ホーランドロップイヤーへ

 

 

 

 

 

 

 

 

ぐだぐだ感あるもね

ももじそれがともじですよ

 

AD