医療DX、デジタルヘルスと医療機器のニュースを1週間分まとめて10分でチェック

医療DX、デジタルヘルスと医療機器のニュースを1週間分まとめて10分でチェック

診療情報管理士、上級医療情報技師、介護初任者研修の資格をもつ管理人が、医療DX、デジタルヘルス、プログラム医療機器(SaMD)、医療行政、地域包括ケア、在宅医療・介護、地域医療、ヘルスケアアプリ、ICT、IoT、AI、PHR、RWD、医療機器、電子カルテのニュースを毎週発信

■行政動向
○診療報酬改定、医療DXの推進後押し…「医師の働き方」効率化
○医療等情報の二次利用に関するワーキンググループ資料、厚労省
○医療情報システムの契約のあり方等に関する有識者委員会、経産省
○PHR利活用による健康づくりとその基盤の構築プロジェクト、仙台市

■デジタルヘルス
○2025年1月の新病院開設に向けて、患者中心で医療データ利活用を実現
○サイバネット,大腸内視鏡診断支援AIが診療報酬の加算対象に
○生成AIの活用法:予後が見える医療画像生成 ~子宮頸がん患者~
○TXP Medical、昭和大学・IQVIA、病理・放射線レポートのデータ構造化
○CTなど医療画像を三重県全域でクラウド共有 全国初、県がシステム構築へ
○「減酒治療アプリ」治験で有効性を確認、CureAppは薬事承認申請準備中
○東和ハイシステム、歯科サブカルテをAI・音声対応に

-----------------------------------------------------------
○診療報酬改定、医療DXの推進後押し…「医師の働き方」効率化
https://www.yomiuri.co.jp/medical/20240214-OYT1T50060/
中医協は14日午前、2024年度の診療報酬の改定内容を決定し、
武見厚労相に答申した。増加する高齢者の救急患者に対応する新たな
病棟の創設などが柱となる。業務の効率化に向け、電子カルテなど
医療DXの推進も後押しする。新しい診療報酬は6月から適用される。
(読売新聞 2024.2.14)
-----------------------------------------------------------
○医療等情報の二次利用に関するワーキンググループ資料、厚労省
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_37878.html
(1)これまでのワーキンググループで頂いた主なご意見について
(2)仮名化情報のユースケース等について
(3)医療等情報の二次利用に係る基本的な考え方、論点について
(厚労省 2024.2.15)
-----------------------------------------------------------
○医療情報システムの契約のあり方等に関する有識者委員会、経産省
https://www.meti.go.jp/shingikai/mono_info_service/medical_information_system/003.html
(1)医療情報システムの契約における関係者間の役割分担等に関する
   チェックリスト頭紙(案)
(2)新規システムの導入に際しての医療情報システムの契約における
   関係者間の役割分担等に関するチェックリスト 利用イメージ(案)
(3)医療情報システムの契約における関係者間の役割分担等に関する
   チェックリスト(案)
(経産省 2024.1.31)
-----------------------------------------------------------
○PHR利活用による健康づくりとその基盤の構築プロジェクト、仙台市
https://www.city.sendai.jp/kenkosesaku-zoshin/kurashi/kenkotofukushi/kenkoiryo/kenkozukuri/phr-pj.html
令和6年度は複数のサービス(健康アプリ等)の実証を予定しております。
(仙台市 2024.2.15)
-----------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------
○2025年1月の新病院開設に向けて、患者中心で医療データ利活用を実現
https://news.biglobe.ne.jp/economy/0214/prt_240214_5990801083.html
大阪警察病院は医療DXの推進を視野に入れた取り組みとして、
企業8社(インテック、エムケイエス、SUNDRED、NTT西日本、NEC
富士通、プラスメディ、三井住友銀行)と協力し、全国のどのような
病院とでも患者中心にPHRがつながり、医療データの利活用が実現する
プラットフォームを構築し、大阪モデルとして全国に展開するための
検証をスタートする。
(PRTIMES 2024.2.14)
-----------------------------------------------------------
○サイバネット,大腸内視鏡診断支援AIが診療報酬の加算対象に
https://www.innervision.co.jp/products/release/20240310
サイバネットシステムは,内視鏡画像診断支援ソフトウェア
「EndoBRAIN-EYE」に関し,大腸向けプログラム医療機器として
国内で初めて保険医療材料評価区分となる案が,中医協の
医科診療報酬点数表改正案にて公示されたことを発表した。
技術料として保険点数が60点加算される方向性が示された。
(INNERVISION 2024.2.15)
-----------------------------------------------------------
○生成AIの活用法:予後が見える医療画像生成 ~子宮頸がん患者~
https://www.hiroshima-u.ac.jp/news/81620
広島大学大学院の研究グループは、医療に特化した生成AI技術を開発し、
MRI画像生成を行い、数秒で生成した画像を使用して子宮頸がん患者の
治療効果予測を高率に予測することに成功しました。
(広島大学 2024.2.13)
-----------------------------------------------------------
○TXP Medical、昭和大学・IQVIA、病理・放射線レポートのデータ構造化
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000075.000031630.html
TXP Medicalは、昭和大学、IQVIAソリューションズジャパンと
病理診断レポート、放射線読影レポートの構造化システムを開発する
研究を行いました。
(PRTIMES 2024.2.13)
-----------------------------------------------------------
○CTなど医療画像を三重県全域でクラウド共有 全国初、県がシステム構築へ
https://www.chunichi.co.jp/article/853511
三重県は2024年度、CTなどの医療画像を県内の全医療機関が
クラウド上で共有するシステムの構築に乗り出す。県によると、
都道府県レベルで共有する仕組みは全国初。関連経費として、
24年度一般会計当初予算案に3820万円を盛り込んだ
(中日新聞 2024.2.15)
-----------------------------------------------------------
○「減酒治療アプリ」治験で有効性を確認、CureAppは薬事承認申請準備中
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000167.000015777.html
株式会社CureAppは、2023年2月より実施していた減酒治療アプリの
治験(国内第Ⅲ相臨床試験)を完了し、主要評価項目を達成いたしました。
(PRTIMES 2024.2.13)
-----------------------------------------------------------
○東和ハイシステム、歯科サブカルテをAI・音声対応に
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCC13A4B0T10C24A2000000/
東和ハイシステムは、歯科医院で患者の処置状況や会話内容を細かく
記録する「サブカルテ」について、人工知能(AI)を活用して
音声入力にも対応するシステムを開発すると発表した。
(日経新聞 2024.2.14)
-----------------------------------------------------------