森崎千秋のブログ

森崎千秋のブログ

ブログの説明を入力します。

季節の雨が降るときは、

少し哀しい気持ちになります。

 

過ぎ去っていこうとする歳月が

刻々と別れを告げにやってくるような、

そんな寂しい気持ちでしょうか。

 

 

この夏は、苦しいこともあって

なかなか更新もせずにいました。

それでも、

ちゃんと見てくださっている方がいらっしゃるのが

とても嬉しく、ありがたく、感謝しています。

 

勇気づけのガイド役として
アドラー心理学をベースに

カウンセリングと研修をしてしてます。

セレンディック森崎千秋です。

 

 

何かと悲観的に物事を見るクセがある私ですが、

それもまた、

悪くはないと思っています。

 

だってね、

悲観的に感じながらも、

そこから

そのことの良さや

喜びをみつけられることもあるのだから。

 

揺らぐような気持ちの中から、

本当にくじけない心も育つのだから。

 

これも、

わたしのもっている「ストレンクス・リソース」だと

教えてくれた人がいます。

 

「ストレンクス」

「リソース」

 

なんともいい響きに聞こえませんか。

 

人の

持っている「強味」

人のなかにある「資源」

 

気持ちが揺らぐ。

こんな時ほど、

自分の心に刻まれた願いを強くする時でもありますね。

 

私のもっている

ストレングス・リソースを使って。

 

 

そう、

私は、何のためにこの仕事をしようと思うのか。

この仕事を続けることで、どんなことが実現できたらいいのかな。

 

 

寒露を迎えた昨日は、

山梨文化学園の第94期(アドラー心理学14期)が開催されました。

 

リアルな講座なので、

感染予防対策のためにフェイスシールドを使用。

マスクよりも楽でした。

 

 

初めましての受講者さんに

この講座にどんなことを期待してこられましたか?

と、お聞きしました。

 

 

自分を変えたい

新しいことにチャレンジをしたい

もっといきいきと人生を楽しみたい

知らないことを学びたい

 

さまざまな願いがそこにはあります。

 

変わりゆく時代と

移ろう歳月のなかで、

私たちが求めるものは、

そう変化していないのではないでしょうか。

 

どんな時代にあっても、

家族の健やかな幸せと

世の中の平安を願って生きている。

それが、私たちの変わらぬ願い。

 

私たちが求めるものは変わらなくても、

私たちに求められているのは「変化」かもしれません。

 

ありのままのわたしを受け入れる、という変化もアリでしょう。

自分の視野を少しだけ広げてみる、という変化もアリですね。

 

自分の中にある

まだ使っていない自分のよさに気づく、という変化もアリです。

 

自分の強味を知って、

ちょっとだけ変化をして、

今よりも

ちょっとだけ楽しくて、幸せな気持ちを

誰かと分かち合いたい。

 

変わらぬ願いに

応えるわたしであるために

今日も新しい窓をあけてみる。

 

 

10月18日(日)

SMILEフォローアップ講座№5

開催します。

 

 

さらさらとした雨が上がって、

少し冷たくなった風が秋を運んでくるようです。

 

大分ご無沙汰をしています。

 

彼岸のこの季節は、

ホットするような、

それでいて、別れた人を思い出すような

さみしい気持ちがしています。

 

 

勇気づけのガイド役として
アドラー心理学をベースに

カウンセリングと研修をしてしてます。

セレンディック森崎千秋です。

 

昨日は、山梨文化学園でアドラー心理学の「あなたと周りを幸せにする12の知恵」

秋季コース募集の体験教室を開催していました。

 

 

 

 

しばらく何もやりたくない気持ちに縛られていたので、
こちらの講座への登壇は久しぶりです。

 

ろいろなことが日々のなかで起こるので、

落ち込んだり、

凹んだりは当たり前ですがね。

 

何かにしばられているかのように、「感じていた」のでしょう。

 

 

こんな時感じる縛りって、

いったい何だったのでしょう。

 

 

何かによって?

 

誰かに?

 

いや、いや。

 

縛っていたのは、このわたし、ですが。

 

 

 

例えば、

 

いつも必ず使うもので、

なくなったら絶対困るもののひとつにトイレがあります。

 

毎日トイレ掃除をするけれど、

きれいになっていることに誰も気づかない。

 

家族はみんな使い放題、汚し放題。

 

当たり前のように使い、

感謝もされず、

もちろんほめてももらえず。

 

どうでもいいけど、

やる気も元気もなくしていると、

妙につまらないことが気になったりします。

 

ちょっと、小さなことすぎるかな。

 

そう、私って、小さいです。

 

どうでもいいことを考えます。

 

そして、

私は、やっぱり誰かに認めてもらいたい人、なんです・・・。

 

 

感謝をすると、

実は相手にも同じように感謝を求めている私がいます。

 

 

本当に感謝をするのは、

トイレに対してだったのかも。

 

それなのに、人に感謝をもとめていたのですね。

 

 

 

そんなわたしの考えに、

私が縛られて窮屈になっていく。

 

ただ、そのことに、

その場に、

その行為に

ひたすら感謝をすればいいだけなのに。

 

だれが?

 

私が。

 

いつから?

 

今、ここから。

 

 

そうか。

感謝を込めるって、そういうことか。

 

 

 

その場に対して

(例えば、トイレそのものに)ありがたいと思い、

 

毎日掃除をやってくれるこの手にも、

自分にもありがたいと思う。

 

そうすると、使ってくれている人にも

 

汚れにさえも

 

なんだかありがとうと思えるのです。

 

 

 

「出来事そのものに悩みの原因があるのではない。

各個人の考え方が悩みを作っている」

とは、A.エリスのことば。

 

「すべての悩みは、対人関係によるものだ」

とは、A.アドラーの言葉です。

 

 

トイレ掃除の悩み?は、

 

実は

 

トイレを通して、

 

人がなんとかならないかと

 

この小さいわたしが悩んでいたんですね。

 

わたしは、トイレそのものに

 

ただ感謝を込めて

 

毎日きれいにすればよかったんだ。

 

と、気付いた途端に解放されました。

 

やれ、やれ。

 

 

 

 

 

 

体験教室で、

 

春から待っていてくださった方や、

 

悩みがあって体験教室に来てくださった方。

 

 

新聞で掲載された体験教室の日を知り、

 

教室で私を待っていてくれた方。

 

本当に、ありがたくて、うれしくて、胸がいっぱいになりました。

 

 

久々で、

エンジンがかかるのに時間がかかりましたが、

 

はじめましての受講者の方の笑顔にあえたら、

すぐに全開です。

 

トイレのことも、

講座をやりながら「!」と浮かんできたお話でした。

 

一緒に学んでいると、気づきにハッとすることも多いのです。

 

その場で、

みなさんと共有できるのも、ありがたいことですね。

 

 

 

 

 

これから募集の講座は、

以下の通りです。

 

宝石ブルー愛と勇気づけの親子・対人関係セミナーSMILE #26

 

   第1回 10月24日(土)  第1章~第2章

         13:00-17:00 

   第2回 11月 7日(土)  第3章~第4章

         10:00-15:30  

   第3回 11月21日(土)   第5章~第6章

         10:00-15:30

   第4回 12月 5日(土)  第7章~第8章

         10:00-15:30
            ※
途中昼食休憩あり。

  ❏会 場❏ 県立図書館 交流ルーム(10/24)

    小瀬武道館 研修室(11/7.11/21.12/5)

    ※第1回と第2回以降の会場がかわりますのでご注意ください。

  ❏受講料❏ 39600円   (再受講 18000円)

        *分割支払い可 

       

宝石緑山梨文化学園アドラー心理学講座

  「あなたと周りを幸せにする12の知恵」

   詳細は山梨文化学園へお問い合わせください。

   https://www.ybg.jp

  055-231-3090

 

宝石赤SMILEフォローアップ講座#5

 10月18日(土)

 10:00~12:30

SMILEを学んだ仲間とさらに一歩進めるために勇気づけあいます!

 

❏会 場❏ 小瀬武道館(予定)

  ❏受講料❏ 3000円

 

❏お申込み、お問合せ❏ 

Tel  0553-34-5423 Mb 090-2170-3239

e-mail  infoserendic.com (森崎

 


 

炎天続きに

とうとう

我が家の夏椿がむしばまれ、

病んだ木の葉のようになっています。

 

あの青々として

美しく咲いた日を

取り戻すことはできないのかと

気になるこの頃。

 

勇気づけのガイド役として

アドラー心理学をベースに

カウンセリングと研修をしています。

セレンディックの森崎千秋です。

 

 

気がかりなことは、庭木のことだけでなく、

 

「地球は、今風を引いているらしい」

テレビからはもっと気になる言葉が流れたきました。

 

どうやら地球は、

とても、つらいと言っているように聞こえます。

 

 

 

それでも、

私たちには、出来ることがあるのではないか。

ひょっとしたら、

病気の地球から

問われていることがあるのではないか。

 

そう思えてなりませんでした。

 

 

それは、

 

そのつらさと向き合うということ。

 

それは、

 

闘うことではなく、

そのことの意味を問うこと。

 

そのことから、学ぶこと。

 

 

 

そんな問いかけをしつつ、

 

家族会議(ファミリー・ミーティング)スキルアップ講座

を開催しました。

 

 

コロナ禍で

さまざまな問題がクローズアップされている今だからこそ、

世界を何とかすることはできないけれど、

自分が最も身近な家族との関係について

 

そこは、何とかやれるかもしれない。

 

痛んでいたり、

ほどけていたり、

あるいは、壊れかけているかもしれない。

〇白宣言ではないが、

「幸せは二人で育むもので、

どちらかが苦労して繕うものではないはず」

 

 

なのに。

だれかの犠牲や我慢の上で

成り立っていることはないでしょうか。

 

 

家族になるのには、歴史が必要です。

 

一瞬の喜びだけでなく、

幾多の後悔や苦悩が刻まれている

そういう

家族の歴史があって、

家族は育まれるのですね。

 

 

というわけで、

家族会議(ファミリー・ミーティング)スキルアップ講座

開催しました。

今回は、

二日間にわたり、第2期、第3期を

それぞれ山梨県立図書館 交流ルームで行いました。

 

・家族会議について

・家族会議の歴史

・家族会議をするために

・ロールプレイ

 

など、理論や運営方法、

手続きやリーダーの役割まで

テキストとロールプレイで

わかりやすく学びます。

 

 

受講された方の

ご感想から

* * * * *

 

「よく眠れたかい」と

子どもに訊ねる夫は素敵な人だなあと、

講座で今気づきました。

 

 

身近な存在なだけに

ついつい

後回しにしたり。

犠牲というほどではなくても、

ちょっと粗末な扱いをしたり。

 

「家族会議で

対話をするということの

大切さを知りました」

 

 

「子どもの独立や結婚で家族形態は変わるもの。

だからこそ、

新しい関係のために、

家族会議をやろうと思います」

 

 

「家族会議ができるような家庭がもっと世の中に増えたら、

子どもが社会にでても有益だし、

この国ももっと良くなるのではないかと思う」

 

 

「仕事第一だと思っていた。

家事は妻に任せていて、

自分は結構手伝っていると思っていました(笑)

家内からは、粗末に扱われているといわれたので、

我が家でも家族会議が必要です。

家族会議は、実にスキルがなければ変な方向に進んでしまうものだと思う。

だから、きっちり学ぶことが大事ですね。

でも、学んだことをきっちり身につけるのを待ってからやるのでは遅いので、

進んで始めていきたいと思いました」

 

 

「みんなが我慢しなくてもうまくやっていける方法が

家族会議でみつかるのではないかと思います」

 

* * * * *

 

 

 

それぞれがもつ家族への想い。

切なくもあり、

愛おしくもあり。

 

家族との歳月は、

自分が大人になっていく試みの

月日でもありました。

 

それは、

私たちが生きているから。

生きていれば

この地球上では樹木だけでなく、

人もさまざまな困難に見舞われます。

 

家族とどんな関係でいたいですか。

そのためにどんなことをしますか。

具体的な方法として

家族会議がお役にたちます。

 

猛暑日が続いています。
我が家の夏椿は、あまりの暑さに葉が落ちてしまいました。
来年の春は、また咲いてくれるのでしょうか。

 

勇気づけのガイド役として
アドラー心理学をベースに

カウンセリングと研修をしてしてます。

セレンディック森崎千秋です。

 

さて、

今回は

家族会議(ファミリー・ミーティング)スキルアップ講座の

ご案内への追記です。

 

お陰様で
8月29日((土))は、満席となりました。

 

これから受講をご検討のかたは、

是非、8月30日((日))をご検討ください。

 

 

家族会議を通して

分かち合いたいことがあります。

 

自分がどういう存在でありたいか。

 

自分はどんなことをしていきたいのか。

 

自分はどうなりたいのか。

 

 

家族という関係性の中で

育まれた私たちがいます。

 

その中で

 

自分らしさ

 

という自分の軸を

どう育てましたか。

 

その自分という軸は

うまく働いているでしょうか。

 

そもそも

その自分を

創ったのは誰ですか。

 

ひょっとしたら、

知らず知らずのうちに

誰かの価値観やルールで

生きているということは

ないでしょうか。

 

 

 

 

家族会議は

単に問題が起こった時に

解決をするためだけに

するものではありません。

 

家族会議を通して、

 

本当の自分に向き合っていく。

 

変化は、

そこから起こるかもしれない。

 

なぜなら、

家族という関係性の中で

あらゆるものを学び、

身に着けてきたから。

 

身近なテーマから

生きることや

希望や

夢や

使命まで。

 

家族で語り合えることが

どれほど人を幸福にするでしょうか。

 

あなたが

家族会議をファシリテートするリーダーに

なりませんか。

 

その効果は、

家庭だけでなく

職場や

学校や

社会に及ぶ影響力を

もつことになるでしょう。

 

 

*********************

 

丸ブルー受講対象

SMILE講座

ELM講座

その他アドラー心理学の講座

いずれかの講座を受講された方なら

どなたでもご参加可能です。

 

 

丸ブルー開催日程

宝石紫8月29日(土) 

10:00~12:30

右矢印会場山梨県立図書館 交流ルーム201

 定員 5名 満席

 

宝石紫8月30日(日)

10:00~12:30

右矢印会場 山梨県立図書館 交流ルーム102

 定員 8名

 

内容は両日ともすべて同じ内容です。

いずれかご都合のよい日をお選びください。

 

右矢印受講料 6600円(テキスト付 税込)


 (事前にお振込みをお願い致します)

 

お申込は

info@serendic.com

090-2170-3239 まで

 

 

 

 

 

暑さの夏を迎えました。

 

コロナ感染の拡大で

楽しいはずの夏休みも一変してしまいましたね。

 

勇気づけのガイド役として
アドラー心理学をベースに

カウンセリングと研修をしてしてます。

セレンディック森崎千秋です。

 

今日は、

 

家族会議(ファミリー・ミーティング)スキルアップ講座の

ご案内です。

 

今日は、

 

家族会議(ファミリー・ミーティング)スキルアップ講座の

ご案内です。

 

「家族会議(ファミリー・ミーティング)をステップアップする講座」

第2期・第3期の募集をします。

 

 

 

コロナ禍で

家族や家庭

仕事や生き方

問われているのは、私たち自身だと

気づきました。

 

それは、

 

コロナ感染とういう直面する課題によって

浮き彫りにされている

もっと本質的な課題と考えられないでしょうか。

 

 

近年の豊かで快適な社会でありながら、

幸福や生きる意味さえ感じられないという

空虚感を持つ人が増えているのもそのひとつ。

 

社会は、

これまでずっと右肩上がりの上昇をよしとしてきました。

 

私自身も、

これまでは、上り坂ならさらに高みを

下り坂なら次の高みをと

絶えず

これから先に続くであろう高みを目指すような生き方をしてきました。

 

幸せは、この坂の向こうにあるかのように感じていたのです。

 

結果的に

失ったものや犠牲にしたものは、

 

家族の絆だったのかもしれません。

 

 

今、ここに在る時を

目の前の場所で

近くにいる大切な人と

共有する。

 

 

そんな時間と空間と関係の中で

喜びを感じて生きられる幸せ

人生と呼んでいいのです。

 

生涯続く

大切な家族との関係。

 

家族会議から始めませんか。

 

 

人が健やかに

生きる喜びを感じる世界が

家庭で実現できたら

 

どんなにかいいと思います。

 

 

 

「家族会議(ファミリー・ミーティング)をステップアップする講座」

 

アドラー心理学における第一人者である

ヒューマンギルドの岩井俊憲先生

このコロナ禍における家族の在り方やその実践のための

「家族会議をファシリテートできるスキルを磨く講座」を開発し、

提供してくださったものをベースにしています。

 

本来は、

SMILEリーダーのための講座ですが、

SMILE講座やELM講座でアドラー心理学を学んだ方にもご活用いただけるように

「家族会議(ファミリーミーティング)をステップアップする講座」として、

一部改訂したものをお届けします。

 

すでに第1期を開催し、大変好評をいただきました。

 

***********************************

 

・残りの家族との時間を有効に過ごしたいと願って参加しました。

 

 ・家族会議ってよくわからなかったので、どんなことをするのかと興味がありました。

  個々には話をするけれど、家族の問題として考えていなかったので、

  そこを家族会議というスキルがあったら、もっと問題解決が早いのかもしれないと思います。

  まずは取り入れてみたくて参加しました。

 

 ・これまでは、SMILE講座でざっくり知っただけでした。クラス会議にも参加したことがあります。

  もっと「家族がいい関係になれるんじゃないか」と期待してきました。

 

 

  ・家族は一つの社会。

   家族会議は、不平不満を言い合ったり、困りごとなどの問題を解決するだけの場ではありません。

   そもそも家庭は、だれかが我慢したり、頑張ればいいなんてことはありませんね。

    家族がみんなで話す時間を大切にしたいと思いました。

 

  ・本当に良い夫婦・親子関係にしていきたいのであれば、

   最初はぎこちないかもしれませんが、やってみてはと思いました。

 

*************************************

 

丸ブルー受講対象

SMILE講座

ELM講座

その他アドラー心理学の講座

いずれかの講座を受講された方なら

どなたでもご参加可能です。

 

 

丸ブルー開催日程

宝石紫8月29日(土

10:00~12:30

右矢印会場山梨県立図書館 交流ルーム201

 定員 5名(1名お申込有)

 

宝石紫8月30日(日)

10:00~12:30

右矢印会場 山梨県立図書館 交流ルーム102

 定員 8名

 

内容は両日ともすべて同じ内容です。

いずれかご都合のよい日をお選びください。

 

右矢印受講料 6600円(テキスト付 税込)


 (事前にお振込みをお願い致します)

 

お申込は

info@serendic.com

090-2170-3239 まで